姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
辰巳 琢郎、ポルナレフ、ラジオ深夜便、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
2月末から、朝から晩まで机にかじりついている。長編を書いてて。
ずーっと書いているので、自分で思っている以上に、興奮しているらしく、昨夜、心臓がものすごいどっくんどっくんどっくんとなって、息苦しくなって目が覚めた。

左足が大腿部からふくらはぎまで、一直線つって、うごけなくて、ごろごろところがるように床におりて、つるのをなんとかしようとする。いたかった。
それでも心臓がどっくんどっくんどっくんと大きく動くのがわかって、やっと水が飲める状態になって、水を飲んだ。

落ち着こうと思って、ラジオをつけたら、(はやねはやおきなので、11時ごろねたのに)、まだ12時すぎで、ラジオ深夜便で、辰巳 琢郎さんが出てきて、青春時代を語った。

私はテレビをぜんぜんみないので、この方のことも名前しかぞんじあげなかったのだが、同い年らしく、ラジオ講座で勉強したこととか、出てくるアイテムがぜんぶいっしょで、

それで、リクエストが、ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」で、なんと、ちょうどねるまえに、原稿にポルナレフのことが出てくるシーンだったのて、おちつくどころか、ますます興奮してしまって、

もういちどねつくのに苦労した。

昨日のラジオ深夜便でかかった「シェリーに口づけ」は70年代のアレンジとはちがったと思う。
新しいアレンジだったと思うのですが、ポルナレフファンの方できかれた方、あれ、もしかして、みなさんがフランスに団体で行かれたときのバージョンとかですか?

by姫野カオルコ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45117640S9A520C1BE0P00/
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200409-00234205-diamond-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200409-00234205-diamond-soci
- | 14:23 | - | -
さんまのからくりテレビ、替え歌の意義がちがう、(byヒメノ)続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
『さんまのからくりテレビ』など、「替え歌」大会があると、たいていの人は
、元歌の「ふし」に、自分の言いたいことをのせているだけである。
これでは「替え歌」ではないではないか。
しかも、少しも「替え歌」ではないのに、その恰好がみじめであるとか、奇抜であるとか、その「言ってること」の内容が哀れであるとかすると高得点だったりする。
これは高得点を与える側の、認識やセンスに問題があると思う。
しっかりこのあたり厳しく採点してくれることを臨む。

「元歌」をちょっとだけしかいじらないで、別の意味が湧いてくるのが、「よくできた替え歌」ではないか?

(PS)
高見盛、がんばれ〜グー

〜by 姫野カオルコ

(注・2009年5月24日ブログ、再アップ)
- | 10:01 | - | -
「死を呼ぶピエロ」について知恵袋のベストアンサーに選ばれたhttps://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/122608566さん、せめて「姫野ブログで検索した」くらいは明記してほしかった/http://only5.himenoshiki.com/。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1283289237
で「死を呼ぶピエロ」について質問している方がいらして、その答えに、このブログで、以前、海老名市の読者の方から教えていただいたことを紹介しているのを、海老名市の読者の方からの情報であることはまったくふれず、一部だけコピペしてベストアンサーに選ばれているcha********さん。せめて、このブログで見つけたものはこうだ、とかブログのURLを記すとかくらいしてほしかった……。

姫野カオルコ
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205600

*****
2011年秋に、海老名市の方からのおたよりを紹介したブログは↓です。

続きを読む >>
農園天国、学生時代、「大人は本を読まない」、子供が読むわけない。続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
♪蔦のからまるチャペルで祈りをささげた日…♪と歌いだす名曲「学生時代」。
この歌の何番かに
♪本棚に目をやれば、あのころ読んだ小説♪
という部分がある。

人々が漠然とイメージするものとして、こういう歌詞になっていくことを、考える。
出版業界で小説を売るとき、ジャンルによって多少の差はあるものの、ターゲットとするのは、
16歳−35歳の男女
である。
時代小説のみ中高年を想定する。

若くなくなると、小説も随筆も、本自体を、もう読まなくなり、お金は、次の16−35歳となる子供への教育費にまわす……のが、大半の家庭の経済状態なのだろう。

じっさい、エクセルシオールやスターバックスで3、4人の女性客がいると、子供の受験の話しかしていない。<そうやって、話されている対象である子供は、インターネットで、いろんなサイトを見たりする。
が、話しているお母さんたちは、パソコンにふれない。
ふれられない(操作がわからない)。

最近は、スマホが普及したので、ちょっと事情もかわったが、それでも、お母さんたちはスマホで「情報」をゲットしようとしているのであって、「長文」は読まない。

なんだろう?
35歳をすぎると、人間は長文が読めなくなるのだろうか?

年をとるほど、全3巻みたいなはなしを、ゆっくりゆっくり読んでいくのがたのしい、というような変化もあると思うのだが、まわりで、それを見せてくれる人がいないのはさびしいかぎりだ。

子供を持つお母さんが、なにか一冊の本を、ゆっくり読んでくれるといいなと思う。
ネイルとジムと美容院だけで終わらずに(涙)。

チャラッチャチャッ
セリフ「ああ、ネオンの輝き」
♪ 田舎は地獄、都会はてんご〜く!
……と、奥さんは昔からうたっていたな。

旦那さんは、
チャラッチャッチャ
セリフ「ああ、みどりの輝き」
♪ 都会は地獄、田舎はてんご〜く!

NHKの日曜のお昼『農園天国』の日本語歌詞でのテーマソングでした。
子供だったので、単純な展開がたのしかった。

〜by ヒメノ カオルコ

(注・2008年10月21日ブログ、再アップ)
滋賀県看護助手無罪事件、西山美香さん、無罪、よかったですね、ほんとによかったですね。(姫野)
https://www.bengo4.com/c_1009/n_7003/
ニュース | 09:31 | - | -
矢代まさこ「トム・ピリピに会った?」続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
矢代まさこは『別冊マーガレット』でよく読んだ。
日本少女漫画史上に特筆される傑作を多く残した人である。
絵柄は、いわゆる「むかしの少女漫画の絵」とはちがった。むかしの少女漫画が一般的だったころから。
『トム・ピリピ会った?』は、矢代まさこの作品の中でもポピュラリティを持つものだったと思うが、『・・・・』は、やはり昭和40年代に、少女漫画とか少年漫画とか関係なく、漫画業界がまだ矢代作品を載せるようなものがなかった。
今なら『スペリオール』に載ってたと思う。

『・・・・』が、ああ、私もトシをとってしまって、タイトルが思い出せない。

街灯のスイッチを入れてゆくバイトをしている子がしいて、 街灯の高さから走る子供と道を描いたコマが秀逸で、お母さんかだったかな、妹だったかな、家族のお骨を白い布でつつんだ箱に入れて歩いていくシーンとか、「泣かないんだ」という表情をしていて、そのコマも胸にせまった。
小学生のころ、矢代まさこが好きだという同級生とか(同世代の子)とか、、親戚の歳のはなれた人にも、いなくて、 感想を言い合えなかったのが残念だった。

2012・4・1ブログ、再婚アップ (by 姫野カオルコ・講談社文庫『ああ、懐かしの少女漫画』)

(★注意)姫野カオルコといいます。漫画家ではありません。姫=性器、カオル=臭う 性器が臭い、という筆名は、小説を書くとか読むとかというのは、そういうことだろうと思って工夫した、志の高い自虐だったのだけど、そうは思われなくて、たんに、「漫画家なんだ」と思われることが多いので、困っています……という結果に。


続きを読む >>
(by姫野) 朝ドラ「エール」、古関裕而といえば、日曜名作座、しみいる、もうほんとしみいって涙出るよ 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
古関先生は、あんまりにも代表曲がありすぎて。
日本人のほぼ全員が、古関先生のメロディを胸にしみいらせて暮らしてきた。
えっ、これも。おっ、あれも。えーっ、これまで。というくらいある。
昼のいこい(農家のいこい でスタート)もしみいるが、

日曜名作座の、あの、転調するところ!
いや、もう、ほんと、しみいりますよね、あの転調!
https://www.youtube.com/watch?v=1OrN4wmAZEw


by 姫野カオルコ
- | 11:02 | - | -
(by姫野 ) 音楽の泉、皆川先生のさようならのご挨拶 、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
今日をもって「音楽の泉」の皆川先生が最終回。
30年にわたり長く続けました。92歳になりまして、今日で引退します。さようなら。
というような、短いご挨拶でした。
音楽の泉」は、万博前の日本人の含羞や節度がただよう品のいい番組で、ぜひこれからもAMで続けてください。
ありがとうございました。皆川先生。

オープニングの広瀬(元)アナは、続行なのかな?
- | 11:01 | - | -
暮しの手帖 、姫野カオルコ 公式へつづく https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
公式サイト「最近況」、また更新されています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

by KOGA工房