姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
 
銀シャリ、盲人の手を引いてはだめ fm姫野カオルコ(嘉兵衛)

連れと4人で駅前のマクドで待ち合わせをしたら、目の不自由な人がゴミの分別に困ってらしたので手伝った。目が見えなくてってまだ日が浅いかんじの人だったので、「お手伝いしたほうがいいですか? かまわないほうがいいですか?」と訊いたら「手伝いをお願いします」と言われたので、階段をいっしょにおりて、交差点を渡って、駅の改札までいっしょに行った。

彼が杖を持っているのは右手だったので、私は彼の斜め左前に立って、「左手をのばしてください。私の腕があります」と言い、彼の左手で、私の上腕を掴んでもらった。「あなたは今、私の腕の上のほうを掴んでいますよ」「はい」「では、動きますよ」「はい」「階段です。私から先におりますね」「はい」「あ、向かいから人がのぼってきました。あなたの左側をすれちがってのぼっていくかんじになります」「はい」。マクドを出た。

「この前の交差点をわたると駅ですが、駅までいっしょに行ったほうがいいですか?」「はい、お願いします」…というかんじで、状況中継(?)しながら駅の改札までごいっしょしたのだが、ほかの連れ3人が、あとから「びっくりした」と言う。

「わたし(ぼく)、今まで、手をひこうとしてた。そうすると立ち止まってしまわれるんで、こっちも困ってしまって、いつもどうしたらいいのかわからなかった」と。3人は博識の人ばかりだったので意外だった。

「目の不自由な人の手をひいてはだめ」というのは、けっこう昔にどこかで教えられたので、いつもそうしていたのだが、「それ、そんなにみんな知ってることではないと思うよ」「盲導犬を撫でたりしてはいけないということより、ぜんぜん普及してることじゃないと思うよ」と言うので、今日はこの話をアップしておく。

こういうサイトも見つけた↓

http://www.thka.jp/blind.html

profile

姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。'58滋賀県生まれ。非大衆的な作風だが独特の筆致で男女問わぬ読者。『整形美女』(光文社文庫)など著書多数。

連絡先は公式サイトhttp://himenoshiki.com/の《連絡方法》参照。

 

ニュースおまけ

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2016」で優勝したお笑いコンビ銀シャリが、優勝直後にドッキリ。

 

 

「夕凪の街 桜の国」 fm姫野

一昨年かな、去年だったかな、「夕凪の街 桜の国」読んで、涙がはらはらと…。こんな爆弾を人間に落として、「戦争を早く終わらせるためだった」というアメリカの国民教育はおかしい。黄色人種の島国だったから実験したかったと本当のことを国民に教えたらどうか。すでにぼろ勝ちしてて「早く終わらせるため」などという理由はないだろう。

「こんな爆弾落とされて、おまえら、なんで怒らないんだ」と原爆ドーム資料館を見学したゲバラは言ったというが、こんな爆弾落とされても怒らずに、でっちあげ記事で怒る韓国人に謝罪している日本人なのである。。。。

箱根駅伝シンポジウム、放映日は11日、テレビ

「箱根駅伝シンポジウム」のテレビ放映については「姫野カオルコ公式サイト−最近況」を。

http://himenoshiki.com/himefile/info.htm

新刊アンソロジー、30日発売

「十年後」をテーマにしたアンソロジー『十年後のこと』が発売しました。姫野カオルコさんは「結婚十年後のとまどい」。もしかして、この方はあの方??おたのしみに!
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025193/

 

(姫野カオルコ公式サイトより転載)

NHKアナ、男、野村正育アナ、夕食、fm姫野

安住紳一郎さんは12月2日金曜の夕食に何をお召し上がりになりましたですかね。NHKのニュース、野村正育アナは、あたたかいお蕎麦でした。なぜ知っているかというと二人とも滋賀県だからです…。NHKの社食のうどん(東日本のうどん)は期待できないですもんね。お蕎麦はなかなかおいしかったおぼえがあります。http://www2.nhk.or.jp/a-room/search/detail.cgi?id=381

井森美幸によるエアロビクスへの誤解、今のエアロの服 fm姫野

エアロビクスというと、2016年の今でも、1980年のイメージしか抱いていない人がものすごく多いので困っています。イントラが言うには「井森美幸がへんなVステップをするからだ」とのことですが、私は井森美幸という人の芸(?)を見たことがないのでわかりません。が、私は誤解を避けるために、「ジムに行かれてるそうですが、なにをなさっているんですか?」と訊かれると「ジャズダンスみたいな…」と答えています。じっさい、そんなふうなもんなんです。今のエアロビクスのイメージを正しく伝えたいです。

(1)服装
服装はこんなかんじかな。下の画像の動きは基礎のステップを解説しているものですが、洋服に注意。
https://www.youtube.com/watch?v=d5bznQLUUuc
https://www.central.co.jp/program/studio/list.html?key_no=8

 

(2)まちがったイメージ

下記の服装はちがいます。こんな服装をTVで見たことがある人がいるかもしれません。これは競技エアロといって、動きの正確さを採点される大会での服装なので一般の人の服装とはちがいます。こんな服↓でふだんエアロしてる人だれもいません!
http://www.ouhs.jp/introduction/publicinfo/ouhs_sports/cat139/post_18.html


(3)ふりつけ(コリオ)
エアロ=美容体操、というイメージでいるおっさんが多くて、ほんとに困る。

イントラがいろんなステップの紹介をしている動画はたくさんありますが、それだとエアロをしたことがない人にはイメージをつたえにくい。ジムで生徒がみんなで上級クラスのコリオをみせてくれる動画をうまく探せませんでしたが、中級くらいだとこれかなあ。最初の動きはウォーミングアップなので、ちょっと飛ばして見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=gnejuF7PRok

こうしたコリオ↑はコリオを毎回おぼえないとならないのもむずかしいですが、一人モタモタしていると、ほかの人に迷惑をかけるので、ほんとに全力で集中させてやらないとなりません。やってるときはなにもかも忘れて、これだけに集中しないとたちまちモタつきますから。

エアロのたのしさは、リズムと音楽にのるのもたのしいですが、体を使ってパズルをといてゆくかんじのおもしろさ。あと合唱の高揚にも似たかんじがあります。私はもう還暦も近いので、オタオタしながら毎回レッスンしてますが、ヤング(50歳以下)なあなたならきっとたのしさを満喫できるはず。ヤング以上でも、もともとスポーツ好きなら脳トレもかねたいい汗が流せるはず。どうかエアロに参加してみてください。
(2016・3・15ブログ再アップ)

profile

姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)小説家。『昭和の犬』で第150回直木賞受賞。エアロビクスにふれたエッセイは『すべての女は瘦せすぎである(集英社文庫)』

 https://www.amazon.co.jp/dp/B00E95P6RY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

姫野カオルコ、本名について、実家について詳細が出ている本

滋賀県湖南市の福原さんから弊社にお問い合わせいただいた姫野カオルコ・本名・実家の様子についての件、『謎の毒親』に、懇切丁寧に書かれています。ネット上の誤った情報ではなくこちらを御覧下さい。分類的には小説ですが私小説なので、「名札事件」の章で詳しくわかります。滋賀県の同級生・先生も知らない事実が詳しく説明されています。(by新潮社)

●店頭で買うなら↓

お近くのセブンイレブン(どこでもいいです。あなたにとって便利なセブンイレブン)のレジに行って、「謎の毒親、新潮社、姫野カオルコをお願いします」と言います。3日ほどで届きますので、そのセブンイレブンに取りにいく。送料無料。

●Amazonで買うなら↓https://www.amazon.co.jp/dp/4104277037/ref=tmm_pap_title_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

●スマホやパソコンで読むなら↓http://honto.jp/ebook/search.html?tbcs=1&sbk=%E8%AC%8E%E3%81%AE%E6%AF%92%E8%A6%AA&athid=1000037288

●キンドルで読むなら↓https://www.amazon.co.jp/dp/B01ER62REO/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

●一章分だけ買う方法もあります。yomyomの2011・5月(20)掲載の『なんで』が、『謎の毒親』の「名札事件」に相当します。https://www.amazon.co.jp/yom-%E3%83%A8%E3%83%A0%E3%83%A8%E3%83%A0-2011%E5%B9%B4-05%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B004UM59C8?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0

ただしバックナンバー雑誌は送料含め結局割高です。

(2015・12月記事再アップ)

セブンイレブンで本を注文できる fm姫野嘉兵衛(カオルコ)

1998年くらいから、いわゆる「町の本屋さん」に本は置いていません。置いてあるのはゲーム、参考書ちょっと、漫画、エロ写真満載の本です。1998年くらいから本の流通状況が激変しました。町の本屋さんには、小説とかエッセイは、特例的に例外な2冊くらいしかなく、あとは上記のようなものが並んでいるだけです。

なぜそうなったかは省きますが、こんなわけで、Amazonが利用できる人はいいんですけど、「インターネット」というだけで「自分にはまったく関係ない、しない、イヤッ」と思う人もいますし※

逆に、ネットに詳しすぎてネットで買い物したくない人もいますよね。

この画面を見ている人に、そういうお知り合いの人がいらしたら、ぜひ、教えてあげてほしい。

「セブンイレブンで本を買えるんだよ」

と。ネットで何かを買うという行動が怖い人も大勢いる。セブンイレブンで本を買うときは、人がいるレジで買うんです。メモ用紙にたとえば「姫野カオルコ・謎の毒親・新潮社」とか「ああ、禁煙vs喫煙、講談社文庫、姫野カオルコ」とか、本の題&出版社&著者を書いて、「これを買いたい」と言います。すると3日かそこらで届きます。しかも無料。本屋さんで、これをすると10倍の時間がかかります。

 

過日に甲賀市でラジオの収録をしたさい、甲賀市民が「姫野さんの本を本屋さんに注文したら1カ月かかってやっと届いたので、まだ読めていないんです。ごめんなさい」と言われました。「セブンイレブンで注文したら3日で届いたのに」と言ったら「えーっ!」とものすごくびっくりされました。

 

※私の同級生のハイさんなど「アマゾンなんて滋賀県にはあらへんもん」と一刀両断ですし、みさえちゃんも「ブログというものがこの世の中にあるということは聞いたことはあるような気もするけど自分にはまったく関係のないことと思っていた」と言う(ブログですよ。インスタグラムとかフェイスブックとかじゃなくて。ラインでもなくて)。まあ年配の人で会社でパソコンを触る機会を逸した世代ですと、こんなかんじですから、青森県にも岐阜県にも愛媛県にも「電話は黒い電話」「孫にメールするためだけにケータイは持ってる」「ネットなんかしたら振り込め詐欺に合うからさわらないようにしている」というライフスタイルの人は、とても多いと思うんです。

 

本、たくさん収納できて1万円とちょっと、場所はとらない fm姫野

キンドルはアメリカの会社だから気がつかないのかな。日本で売るときは「キンドルがあれば本の収納問題はすぐに解決」することを強調すればよいのに。なんで「持ち歩き」「持ち歩き」ってこだわるのかな。キンドル=本棚、として売るべきですよ。

家ではキンドル本体(だから本体の判型はもっと大きくすべき)。移動先で読むなら今の判型キンドル。日常の気軽な持ち歩きならスマホにキンドルアプリ(無料)。この3wayで狭い日本の本棚問題は解決じゃないですか。

家に本棚を置く必要もないくらい本をちょっとしか読まない人は、スマホにキンドルアプリ(無料)入れて読むだけでいい。たくさん本を読む人には家で読む用の大きい判型のキンドルを早く開発して販売してほしい。

さてキンドルのこと、ぜんぜん知らない人もいると思う。滋賀県の私の同級生90%とか。ここを見ているような人には不必要かもしれませんが、あなたの周囲にいる、滋賀県の私の同級生のような人に、いいサイトがあったので↓を教えてあげてください。

http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/appli_kindle/

 

 

HMV&BOOKS 写真付、 1周年イベント参加 fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

昨日の地震はとりあえず、あれくらいでおさまってくれて、なんとか…。さて、過日のおしらせに追加情報です。

HMV&BOOKS TOKYOの1周年イベントに、いちおう参加しました、と過日におしらせしました。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1611020014/

 

こんな感じだそうです(担当編集者Mさんからの報告)

HMVブックフェア.JPGあじゃー!脱字!

「才能がありすぎると」と送信したのだが「才」が脱字?この写真ではよくわからないですが…。