姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw. )ネット画像がまちがっている、だれか教えてあげて、どうやって教えたらいいのか、私はわからんので
司会をようしてはる浜村淳さんやのうて、俳優のほうの浜村純。
「俳優 浜村純」で検索すると、簡単なプロフと画像がすぐ出てくるんだが、その画像が、花沢徳衛 になってないか?
これ、だれか、しかるべきところに教えたげてー。

この画像をだれがあげてて、どこに連絡したらええのかわからん。

姫野カオルコ(嘉兵衛)
作家などという肩書は、これまでちゃんとやってきた職業に不要では? fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

職業名を書かないとならないときがある。
その代表は、確定申告のときだ。
私の場合、著述業と書いている。税務署の用紙に「著述業者用」というのがあるので、それにいろいろと書いて提出する。

でも、だいたい、自由業と書いている。
映画の試写を見てのコメントを求められたとき。映画配給・宣伝会社の用紙には「肩書」という欄がある。
私のほかには楽士(ミュージシャン)さんや俳優(男優女優)さんがコメントしているので、これだと自由業という業種別名ではおかしいと思って、「著述業」と書いていた。
そしたら宣伝会社の人から、「著述業というのは、あまりふだん使わないのでわかりにくいので、作家か小説家にしてください」と言われ、いまは「小説家」にしている。

「作家」だと、漫画家も版画家も陶芸家も作曲家も、みんな作家だから、作家のうちの漫画家、作家のうちの陶芸家、作家のうちの小説家、と思って、そうしている。が、作家というと小説家を指す狭義の場合もあるし、掲載時のほかのひととの合わせ方もある。まあ、このへんはその時々の状況に合わせている。

その人が主に収入を得ている方法が、肩書、である。

手塚治虫先生も「手塚治虫=医師、漫画家」とは書かなかった。


たとえば、ある50歳の人が、これまでに1枚だけ、CDを出した(自費で)とする。その人は、六本木に駐車場を持っていて、それで高収入を得ている。と、その人の肩書は「駐車場経営」で、だめなのか? あるいは不動産業とか。

ミュージシャンのAさんが、自伝小説を出した。売れた。
でも、その楽士さんの肩書は「音楽家」だと、私は思うんだけど、ちがうの?

だって、滋賀県甲賀市忍者町1-20の藤丸さん(50歳)が、「これまでの自分の人生を書こう」と思って、自伝を書いたとする。すぐれた自伝だったとしても、すぐには出版できない。すぐに出版するのなら自費出版になる。
でも、売れない。
なぜかというと、滋賀県甲賀市忍者町1-20の藤丸さんのことを、多くの人は知らないからだ。
Aさんの自伝小説が売れるのは、「Aさんが〃ミュージシャンとして有名〃」だからだ。

Aさんの小説が売れることは何も悪くない。
でも、Aさんが、自分の肩書を
「A(作家・ミュージシャン)」
というふうに変えるのは、わけがわからない。

女優のBさんも、2冊、3冊と、小説を書いている。
すぐれた小説だったとしても、すぐれていなかったとしても、すぐに出版できるのは、Bさんがとても有名な女優だったからだ。
売れたのも、Bさんが有名な女優だったからだ。
すぐれた小説でも、売れない小説はいっぱいいっぱいある。
でも、Bさんも
「B(作家・女優)」
という肩書に変える。

なんで?

Aさんも、Bさんも、「ミュージシャン」でいいじゃん。「女優」でいいじゃん。
というか、「作家・ミュージシャン」とか、「作家・女優」って、ダサくないか?
よい、わるい、というより、ダサいと思うんだが。

2018年現在、作家という肩書は、「かもじ職人」とか「ろうそく屋」とか、絶滅危惧種なので、「もう古い作業なのだが、こういう職業もあることを世の中に知らせたい、」という思いなのだろうか?

(注・2018・11・8ブログ再アップ)
続きを読む >>
- | 11:34 | - | -
和久田アナ/猪俣英希くん・佐藤悠基さん・出岐雄大くん (tw.姫野カオルコ)
東海大から日清に入社された佐藤悠基くんのファンです。走っているすがた、というか、走っているフォームのファン。画像検索すると顔や全身はたくさん出てきますが、「走っているところ」はなかなか出ないので残念。

「佐久長聖高校って、数学とか古典の授業もあるのかなあ……。なんだか、1時間目=5000m、2時間目=10000m、3時間目=駅伝、4時間目=3000m、みたいな気がしてしまうが……」
と、競走番組を見ているとつい思ってしまう他県民ですが、たしか難しい学校なんだよね、バタビアコースは。

「バタビアコースってなに?」って聞かれた。
大谷高校(京都)にそういうのがあったんだよ(今も?)。同じ大谷高校でもふつうの大谷高校はふつうで、バタビアコースは難しいの。テラダくんはバタビアコースでいだぐんはふつうの大谷だった。テラダくんは教室が男子ばっかりで黒々していやだと言っていた。

前回の箱根駅伝、青山学院の41年ぶりシード権獲得に貢献した出岐雄大くんは、今回の2011年では2区を走りました。小柄な出岐くんは長崎出身で、走る前にはカステラを召し上がるのだそうです。

箱根駅伝で活躍して、現在は早稲田大学の駅伝監督をしている渡辺康幸監督。渡辺監督の「意外なそっくりさん」を発見した! しかも、2011箱根駅伝のスポンサーのCMで! 
渡辺監督の意外なそっくりさん、それは、TOKIOの山口達也。中継のあいまにクロネコヤマトのCMが入ったのだが、ヤマトの帽子をかぶっている姿を見て、となりで見ていた人が、「えっ、これ、渡辺監督?」と叫んだくらいである。(2011・1・2午後1時)

箱根駅伝、猪俣英希くんが画面に映るたび、「一般入試で早稲田に」「一般入試の猪俣」「一般入試で入りました」など、一般入試、一般入試、と大きくアナウンスされていた。今年は早稲田が勝つのかなあ……。
会津高校といえば福島県一の進学校(福島県はちょっと前まで公立でも男女別学が基本でしたが、最近は共学化が進んだようです)。ここから一般入試で早大スポーツ科学部に入学されたのですね。卒業後は三菱商事に就職されるそうです。いまふうのおしゃれなヘアスタイル、顔よし、プロポーションよし、頭よし、性格よし(まじめで謙遜家でひかえめだそうです)で、お母さんも美人(推測。息子さんはお母さんに似るから)で、非のうちどころがないような方ですね。
(2011・1・2・午前11時)



(注)2011・1・2ブログ再アップ
続きを読む >>
(姫野カオルコtw. )歩きスマホ禁止条例より先に、スマホ鼻くそ禁止条例を出してほしい
https://news.yahoo.co.jp/feature/1433
地図を身ながら歩く人もいるので、それはスマホにかぎらず危ないかもしれない。

ただ、スマホの普及で、電車や、遊歩道、レストランの待ち時間などで、鼻くそをほじっては、公共の椅子に指をなすりつけている人が大幅に増えた。

スマホ普及前は、人のたくさんいるところで鼻くそをほじって、とばしているのは、「男」に顕著だった。それがスマホの普及で、若い女の子まで、これをしている。

みなさん、車内では、スマホに夢中できづいていないかもしれませんが、スマホをいったんバッグやポケットにしまって、車内をじーっと見ていてごらんなさい。いかに多くの人が指を鼻の穴にいれて、鼻くそをほじって、それをシートにでふいていることか。もう、ほんとにやめてほしい。鼻くそをぬきにしても、なんと多くの人が、鼻をさわっていることか。

スマホをしながら鼻をさわっている人、なんであんなに多いのだろう。

姫野嘉兵衛(カオルコ)
http://prizesworld.com/naoki/jugun/jugun150HK.htm
続きを読む >>
- | 07:27 | - | -
ニューオータニ様、アクセス方法を、もうちょっと親切にHPに書いてほしい。
ニューオータニに行こうとして地下鉄駅を出たら雷と大雨。
ニューオータニのHPのアクセス方法の説明には、地下鉄永田町駅7番出口から徒歩2分、とある。でも、7番出口、っていうのが、南北線の永田町駅にはない。
「ニューオータニ」はこっちだという黄色いプレートに表示が出てたから、そこの出口から出たが、そこからだとびしょびしょになった。

ニューオータニのHPでいう「7番出口」というのは「半蔵門線」の7番出口で、南北線永田町駅でおりたとき、この出口を使うには、半蔵門線のホームまで行って、そこを延々と歩いてたどりつかないとならない。

延々と歩くといっても、たかが地下を歩くだけだからたいしたことないんだけど、ニューオータニのHPは、「半蔵門線永田町の7番出口から徒歩2分」と書いてください。
それだけで、がぜん、わかりやすくなる。

たのみますよ。HPを更新して、ひとこと「半蔵門線の」といれるだけで、親切な説明になります。日本を代表するホテルの一つなのだから、HPでの文章は、吟味してくだされや。

グーグルマップだしときゃわかるだろ、ということになってしまっていて、ニューオータニだけでなく、いろんな店、施設、も、もっとことばによるアクセスを添えることに気をつかってほしいです。

グーグルマップの登場により、地図屋さんが打撃だそうだが、どこかの地図屋さんが

「ことばマップ」

を出してくださらないものか。

〜姫野嘉兵衛(カオルコ)http://himenoshiki.com/sozaifile/doku.mp4
- | 10:37 | - | -
週刊文春、p111、何が「いただく」ぢゃ!紹介
今売りの、猫の表紙の、週刊文春p111、『何が「いただく」ぢゃ!』紹介
https://www.fujisan.co.jp/product/1151/
?gclid=EAIaIQobChMIxNnRjIzF5AIV2YBwCh2
gqQMJEAYYASABEgKVGPD_BwE


(KOGA工房)
- | 10:27 | - | -
品川区上大崎の、ミック・ジャガーそっくりで、マイケル・ジャクソンと同じ日にお生まれのY郎様 fm姫野嘉兵衛(カオルコ)ブログに続く
◎品川区上大崎の、ミック・ジャガーそっくりのY郎様。

お手紙ありがとうございました。
また、8月にはB&Bの『何が「いただく」ぢゃ!』トークイベントに、お越しいただき、ありがとうございました。

亡き関口信介くんデザインのオリジナルスタンプを押す時間に、お並びいただき、Yさんがカウンター前に立たれたとき、
「あっ、似てる、だれ、ミックジャガー」
と思いました。

別のトークイベント(宝くじドリーム館)で、話したとおり、わたくしは「顔面相似形」に毎年、何通も応募しております。
ある芸能人と、ある芸能人が、似ていることに気づくより、職種が別の人のだれかとだれかが似ていることを発見すると、大発見のような心地がするものです。

ただ、通常の場合は、
「あっ、似てる、だれ」と思ったあとに、「だれそれ」と名前が出るまでには、相当な時間がかかります。

「似てる」ことに気づく(似た顔を知っていることに気づく)、でも、それがだれなのかを、自分の記憶の中から、選び出す(思い出す)のには、相当な時間がかかります。
人というのは、ものすごくたくさんの人の顔を見て、これまでを暮らしてきて、現在も暮らしているわけですから。

ですがYさんの場合は、「あっ、似てる、だれ」の後、1秒もかからず、「ミック・ジャガー」という名前が出ました。
こののろまで、頭の回転ののろい私ですら。

似ている人を発見すると、公表したくてしたくてならなくなりますため、イベント会場ではつい、ほかの来場者に呼びかけてまでYさんがミック・ジャガーに似ていませんかとアピールしてしまいました。
失礼いたしました。

しかも、Yさん、1958年8月29日生まれ!マイケル・ジャクソンと同じ!
ミック・ジャガーそっくりで、マイケル・ジャクソンと同じ誕生日のYさんには、世代的に『バカさゆえ…。』はいかがでしょうか?
https://www.kadokawa.co.jp/product/200399008512/

続きを読む >>
- | 10:31 | - | -
仙台市青葉区のY.直子様、お手紙ありがとうございました。姫野カオルコ。(続きはブログで)
◎仙台市青葉区のY.直子様

とてもおきれいな字でお手紙をいただき、嬉しく存じます。字がおきれいなだけでなく、便箋の罫線との配分もバランスがよく、すばらしいです。

以前に飼っていらしたという、マロンの被毛を黒にしたような雑種犬は、こにくらしい子役タレントのような犬(犬種は伏せる)に吠えられても、じっとだまって堪えて、立派でしたね。

私の近所にも、直子さんの飼い犬に向かって吠えてきたような犬(犬種は伏せる)がいます。そいつは、飼い主さん(180僂らいのがっしりした男性)が抱っこすると、抱っこされた高いところから、勝ちほこったように、私を(というか、たまたま飼い主さんの横をとおりすぎてゆく通行人を)、見下して吠えます。

高いところから下にいる人を吠えるのがうれしいのか、いつまでも吠え続けます。カン高い声で。「おーっほっほっほっ」というふうに聞こえます。

ですので、直子さんが犬と散歩なさっていたときに感じられた「ガマン」のお気持は、よくわかります。

マロンは、『昭和の犬』にもキーパーソン(?キードッグ?)で出てきます。
主人公はペー(北・中国語読みでぺー)という犬を(小さいころに)飼っていた。50歳をすぎた今は当然、ペーはもういないが、ペーそっくりな犬を道でみかける。その犬は、首輪にマロン、と、たんなるマジックで名前を書いてもらっている。

マロンはなぜか主人公になつく。

…と、主人公と、ふとしたことで知り合ったマロンという雑種犬との、心のふれあいを涙涙でつづるのが売れセンなのかもしれませんが、そんなおかしなことはできませんでした。

50歳をすぎるまで、大病なく生きてこられた。これはものすごく幸せなことです。50歳をすぎたら、家族でも親戚でも、小学校時代の友人、中学校時代、高校時代の、元気だった友人でも、死別を、何回か経験します。

大病なくここまで生きてこられた平凡な日々。それが、いかに幸運であったか、いかに天から授かった幸いであったか。そういう話なのですが、でも、そういう話は、平凡を描くわけですので、とても地味です。

機会があったら、どうぞ書店で手にとってやってください。『近所の犬』も『昭和の犬』も、どちらも、文庫になっています。

あと『レンタル』も、単行本と文庫とでは、文庫化するさい推敲を加えたので、文庫のほうがグレードアップしています。解説もついています。あと、『レンタル』は三部作の3部目です。1『ドールハウス』2『喪失記』3『レンタル』です。

仙台市には一度行ったことがあります。同級生夫婦が異動で住んでいたので案内されて、牛タンを食べました。
仕事の都合でいろんなところに引越しをしなくてはならない夫婦でしたが、
「いろんなとこに住んだけど、一番、仙台がよかった」
と言っていましたよ。
直子さん、とにかくお元気で、お過ごしくださいますよう。
重ねて、お手紙、ありがとうございました。

姫野カオルコ
連絡先↓
https://himenoshiki.com/himefile/lettar.htm





- | 09:38 | - | -
(姫野カオルコtw.)ワンハリのころ、幽霊探偵ホップカーク
幽霊探偵ホップカークは水曜で声は愛川欽也だった。
「声・愛川欽也」という印刷はTVの日常だった。

(☆2009年10月ブログ再録)
続きを読む >>
- | 10:31 | - | trackbacks(0)
三人の逞しい女、週刊文春、書評・姫野カオルコ
『三人の逞しい女』マリー・ンディアイ著、小野正嗣訳 の、姫野カオルコ書評、『週刊文春』9月5日号、P105
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/11835

(KOGA工房)