姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
ミッシェル・ポルナレフへの、日本における誤解、青学のタカギくん fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
日本でのミッシェル・ポルナレフほど不思議なミュージシャンはいない。
今日はポルナレフの、「とくにファンではない人」に向けて書く。「ファンではない」といっても嫌っている人という意味ではない。
「いたいた、なつかしー。そういう人いたいた。中学生(or小6、or高校)のころー! 今、どうしてるの? 生きてるの?」
という人に向けて書く。
ミッシェル・ポルナレフという名前を聞いて、⇧のようなリアクションをする人は、多いと思うからだ。

まず、ポルナレフは現在も過去も、活躍しつづけている。
最近も、子供のDNAが彼の息子ではなかったことで大きなニュースになった。

このニュースで問題になっていたことは、とっくに円満解決して(人工授精的養子であっても、彼に子供という存在を得てもらうことで、彼の生きがいにしてほしかった、とのこと)、目下は妻ダニエラさんと息子さんと仲むつまじく暮らしている。
そうしたことがニュースで話題になるくらい、「あの人は今」ではない。

だが、日本では、ミッシェル・ポルナレフほど不思議なミュージシャンはいない。
不思議だと言う理由は、
「知っている日本人が、1955年生まれ〜1962 年(くらい)に限定される」
からだ。(注・生年は、あくまでも、だいたい)

セルジュ・ゲンズブールにせよ、シルビー・バルタンにせよ、シャルル・アズナブールにせよ、アダモにせよ、イブ・モンタン、クレモンティーヌにせよ、すごく売れた人なら、人気のピークを過ぎたあとも、洋楽好きな人なら、「名前は知ってる」という人がたくさんいる。
「知っている世代がかぎられる」ようなミュージシャンというのは、「売れたわけじゃないミュージシャン」だ。

ベイ・シティ・ローラーズは一時的な人気のグループだったが、すごく売れたので、「名前は知っている、聞いたことがある」という人は若い人にも大勢いる。

だからミッシェル・ポルナレフは不思議だ。
彼は日本で「ものすごく売れた」のだ。
本当にもう、ものすごく売れたのだ。
彼のライブでは、彼に近づきたくて、昂奮したファンが二階から飛び下りて大怪我したほどで、芸能ニュースではなく、一般ニュースにもなったくらい、ものすごく売れた。

なのに、いま、知っている人が、限定された世代しかいない。
不思議だ。

そこで、私は考えた。
ミッシェル・ポルナレフは、売れているときから、「誤解されていた人」なのではないかと。
大学の同級生にタカギくんという人がいた(同級のクニエさんと結婚した)。

たまたま大学の西門の向かいの地下にある、なんとかいう店(ポテトグラタンとか水割りとかが出るような、当時、学生がよく行くような洋風の居酒屋)で、みんなで飲み会をしたとき、たまたまタカギくんの隣になり、きっかけは忘れたが、ポルナレフの名前が出た。
私が大学生のころだから1980年代である。そのとき、ポルナレフは(日本では)消えていた。
私「おかしいなあ、なんで彼は消えたかなあ」
タカギくん「きれいだからじゃないか。ビートルズみたいにいろんな曲がなくて、ただきれいなばっかりだからじゃないか。ヒラヒラした服きて」

そしてすぐに、場全体が別の話題でもりあがったので、このやりとりはこの一瞬で終わった。
私も、タカギくんとこんなやりとりをしたことを、長年、忘れていた。

タカギくんを思い出し、考えるのである。
日本における、ポルナレフの音楽へのイメージは、タカギくんの誤解が代表しているのではないかと。

「ビートルズみたいにいろんな曲がなくて、ただきれいなばっかり」とタカギくんは言った。

ポルナレフは本格的にクラシックの英才教育を受けた人なので、音楽技術の基礎が生半可なものではなく、むしろビートルズよりもっとバラエティに富んでいる。
だが、タカギくんが思ったように、ほとんどの日本人は、イメージしていたのではないか。

ポルナレフの曲といえば、女の子専用、と思っている日本人も多い。
でも、ポルナレフは人気絶頂だったときから、男性人気も高かった。
プリンスというミュージシャンがいるが、彼はなにも女の子専用の音楽じゃないだろう?
男性ファンも多いじゃないか。

なぜ、女の子専用、というイメージができてしまったか?
「愛」と「恋」と「悲しみの」せいじゃないでしょうか?

「愛の休日」「愛の願い」「哀しみのロマンス」などのように、邦題に「愛」「愛」「恋」「恋」「悲しい」「哀しみ」とつけまくったせいじゃないでしょうか。

有名な『愛の休日』は、べつに恋愛の歌じゃないんですよ。
でも、「愛の」と日本題名がついて、この歌をうたうときのポルナレフは高い声だったから、それで「女の子専用」と固まったのかもしれない。

ポルナレフを知らない人に、「どんな音楽?」と質問されたら、私はいつも『つけぼくろ』を紹介している。「ポルナレフの音楽の本領を、まずはじめに紹介するのに適している」と思うからです。
それに、彼の音楽の代表的な作品だと思う。
スタイリッシュで、小気味よくて、これこそ、日本人が思うフレンチでは?
では、youtubeでお聴きください。
つけぼくろ』(この邦題もグッド。原題は〃蠅〃だもん)

(注)2016年某日ブログ再アップ
彼女は頭が悪いから、今日発売(首都圏)
新刊の表紙など、出ています。
姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)公式サイト。
最近況

ジョン・エヴァレット・ミレイの「木こりの娘」についてはここを。
KOGA工房


7月18日(水曜)の今日は、芥川直木の発表の日なんですが、それで書店さんも文芸コーナーを広くとってくださるだろうからと、『彼女は頭が悪いから』が首都圏発売します。


ポルナレフ大会(POLNAHO 会)で、Ophelie flagrant des lits について話しました。lits=ベッドですし、オフェリーはベッドで目に余るというようなかんじで歌われてるのですが、litsには「川床」という意味もあるので、もしかしたら……、あるていどパロディ化されたオフェーリア、つまり、ハムレットから「尼寺へ行け」と言われて水死自殺するような貞淑で清純な女という原作を、ハムレットの気をひこうとして、淫乱になるオフェーリアというパロディは、現代演劇ではときどきとりいれられるので、それを歌ってるのかなと、思ったりした、ということが言いたかったのです。

『彼女は頭が悪いから』の表紙の絵のジョン・e・ミレイ。彼はオフェーリアの絵で有名です。
15日の日曜天国で、polnareffがかかっていた!姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
15日の日曜天国を、17日火曜の21時半に聞いた(録音しておいたもの)。
14日はイベントだったし、15日16日は、たまっていたことをしていたので、今日、聞いたのだ。
そしたら、リクエスト曲で「愛の休日」が。
日曜天国は、だいたいその日やそのころにちなんだ曲がかかるから、三連休ということで、採用されたのかな。さいたま市さいたま区の、かまちゃん(と、聞こえた)からのリクエストでした。
polnareff bob up the chair 椅子からぴょこんと出る ?

過日のブログに、ぴょこんと椅子から出て、ピアノまで行ってドビュッシーを弾いたポルナレフについて書きました。
その動画はこれです。

michel polnarreff bobed up the chair in TV studio,come up the piano.and played "gradus ad parsassum".
at that time polnareff was young .
the attitude of young man--young musician,poet --often retains children's it.
at that time polnareff too.and he played "children's corner"...

at L'Olympia 2016, his attiude is not like children.
it is it of man who know children is childlike.

time went by.
and I'm glad to see healthy polnareff.
I truly wish for his happiness.
……って、こんなでミッシェルに通じるのかしらないが(;-_-A まあ、読まないだろうからいいや。

それでも、L'Olympia 2016で、ピアノを弾いているときに、一回、シャツのスワローテールふうの裾が、弾くのに、邪魔だったのか、
弾きながら立って、
それが、なんというか、とくに意識することなく、立って、
裾を椅子の後ろに流した
ですよね?

あそこが、グラデュス アド パルナッスムを練習しなさい、と言われてピアノを「やらされて」いるころの子供のようだったなと、あそこの箇所で、私はほほえまずにはいられませんでした。


カテゴリーに「michel polnareff」をもうけました。
カテゴリーで「michel polnareff 」を選ぶと、過去記事のうち、削除していないものが閲覧できます(日記ふうのブログはどんどん削除してきたので、残っているものがあまりないが)。


ルネッチさんという方がポルナレフ大会にいらしていて、おどってくださってありがとうございました。
それで、ポルナ似せヘアを、二次会ではひとつに括って、帽子をかぶっていらしたのですが、
すると、「意外なそっくりさん」発見!
杉良太郎(桜吹雪が目にはいんねえか、と流し目する遠山の金さん)。
アイライナーをひいているわけではないのに、アイライナーをひいたような目つき。
これから、彼のことは、みなさん、ルネッチ桜吹雪と、呼んであげてください。


余談。
それと、あのとき、「大河で龍馬を暗殺した人にも、すこし似てる」と言いましたが、それは、福本清三さんのことです。私、福本さん好きで、私の記憶では、「龍馬がゆく」でも「花神」でも、龍馬を斬ってるのはこの方で、調べたら、私が見てない(上京してきてTVがなかった)「翔ぶが如く」でも、龍馬を斬ったのはこの方で、

なんと私が前からNHK にたのんできた、「ハマった役者は723三世一身の法式で」を、福本さんにかぎってだけは、実行してくれていたのね……。
Michel Polnareff L'Olympia 2016 Himeno Kaoruko
パリ オランピアでの2016年公演の記録を、ポルナレフ公認ファンクラブのみなさんといっしょに見る。個人宅でDVDを一人で見るのではなく、音響システムの備わった会場でみなさんと見ると、ほんとうにオランピアに行って見ているようだった。

みなさん、ありがとうございました。
tシャツ、ありがとうございました。
名古屋からのゆかりもありがとうございました。

見ているといろいろと思うことがあった。それは長くなるので割愛。
日本には一時的にしかポルナレフ音楽が輸入されなかったので、一発屋のように思っている日本人もいるかもしれないが、それは完全なる誤解です。

それでも、日本に彼の音楽が輸入されていた時代、ポルナレフ=わがまま、というイメージがあった。このイメージを売りにしたような面もあったと思う。ユーチューブで1968年ころのテレビ番組のようすが見られるが、司会者から、ちょっとピアノをひいてもらっていいですかと頼まれ、ドビュッシーを弾く。そのとき、椅子からぴょこんと出て行って(椅子から出て行く、という表現はへんなのだが、デザインを重んじた椅子とテーブルだったので、そこから移動するとなると、「椅子から出て行く」というような動作になった)、ピアノのところに行った。

その、ぴょこんと出る動作が……彼はそのとき20代だったのだが、若い男におうおうにして見受けられる動作だった。それは、「子供の男の子(中1とか小6)の所作を残した動作で、いま見ると、「ああ、このころ、彼はほんとに若かったんだな」と思う動画である。ガリガリでね。

そして、オランピアの2016年のライブ(ポルナレフのことを誤解している日本人の方のためにことわっておくが、観客動員数はフランスでは記録に残るものであり、ずっと彼は現役で人気ミュージシャンなので、認識をあらたにしてください)を見ると、あたりまえなのだが70代なのでおじいちゃんになっているから、あの「ぴょこんと椅子から出る」動作を
思い出すと、人生というものを思うのだった。

ミュージシャンや詩人は早死することを理想とするようなむきがあるが、そんなものより、私は、ポルナレフが、おなかの出たおじいちゃんになってくれて、よかったと、しみじみ思うのである。

ペール・ミシェル(ペール・ポルナ)には、元気でいてほしい。

ということで、ポルナレフといえばジョジョしか御存知ない日本の方に、先入観を与える画像ナシで、かつ歌詞の訳がついている、「愛の休日」を見つけましたので、どうぞ。



Michel Polnareff happy birthday !
dear Michel Polnareff happy birthday
I truly wish for your health and good fortune.

--la '(ex)fille' qui reve de toi Himeno Kaoruko au japon

ファンクラブの皆様へ」という曲がミッシェル・ポルナレフの歌にあります。↑は『ポルナレフ革命』から(どなたかが)動画アップなさったものです。
原題は「僕にあこがれている少女」です。「彼女たちは、自分の不幸も忘れてぼくのために泣く」という歌詞のくだりが、10代の少女の胸のせつなさをいやます結果となります。にくいみうらな歌詞です。
親の介護、「そういうお年頃」
最近は「そういうお年頃」という言い方があるようです。
親の介護に直面する時期のことを、「そういうお年頃」と言うようです。

私の同級生も、「そういうお年頃」の人が多い。
私に限っては、両親が遅い結婚だったので、同級生たちより15年ほど早く「そういうお年頃」になりました。そのぶん、「そういうお年頃」が同級生たちより先に終わりました。

ほかにも、きょうだいとの差が離れているとか、親御さんがもともと病気がちだったとか、あるいは早くに認知症になったとか、さまざまな理由で、「そういうお年頃」が、自分の同級生(自分のまわりにいる同世代の友人知人)より、ズレてしまう人もいると思う。

いかなる親子関係であっても、血縁の親の介護に直面したときは、なにかもう、ほかのことについて、あまり考えられなくなる(エンジョイする余裕がなくなる)ものです。

そういうときは、3−7のみんなも、同級生と交流しようって気持ちなんかにならないだろう。3−7のみんなにかぎらず、世の中のみなさん、そんなかんじ(そんな状態)になると思うんで……、だから、LINEとかフフェイスブックの、あの、レス圧迫感より、掲示板なら、自由度とのんき度がたもてるかなと……。

いちおう
- | 09:56 | - | -
つるさん、お元気ですか? 姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
つるさんのHPが、なくなってしまった……。
つるさーん、お元気ですか?

- | 21:54 | - | -
高槻、中京区、大津あたりのみなさん、だいじょうぶですか
高槻がよう揺れたみたいやけど、周辺のみなさん、だいじょうぶですか?
なんでもええさかい、早よ、水をためなはれ。お風呂湯船にも、バケツにも、ペットボトルにも。あとで余ってしもたら、そのときは、トイレ水洗のときに、ちょっとずつ使こたらよろしさかい。

京都が揺れるやなんて、おそろしい……。揺れるのに慣れてはらへんやろさかい、怖かったことでしょうね……。怪我なんかしはらへんかったように(祈)。
- | 10:33 | - | -
新刊の表紙、彼女は頭が悪いから
長編書き下ろし新刊の表紙は、
ジョン・エヴァレット・ミレイの、
「木こりの娘」がベースになります。

少年少女の向こうのほうにいるおっさんが、
ハーシェル・ゴードンルイスの映画ふうですよね……。
なんでも、このおっさんが持ってるチェーンソー(ではないですが)
に、ミレイは「不穏な象徴」をこめたそうです。

全国発売は7月20日。
版元は文藝春秋。
タイトルは
『彼女は頭が悪いから』
です。