姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw.)地方から東京などの大学に出てくる人は、たんに地方から移動してきたんじゃない、そのことが東京の人にはわからない
『謎の毒親』に書いたとおり、地方から東京(など)の大学に来た人のことを、東京(など)周辺の人は、たんに「移動」だと思っているのが大半だけど、たんなる移動じゃないんだよ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00011170-toushin-life&p=1

謎の毒親
- | 08:45 | - | -
姫野カオルコtw、同級生のトモコちゃん、日経新聞
(姫野カオルコtw. )日経新聞、夕刊、「こころの玉手箱」、5月24日(金)の思い出には、タカムラトモコちゃんが出てきます。きれ(布)をもらったから。トモコちゃんとこの工場の布は、ジャージー素材が多かった。ジャージー素材は、今でこそ、そのへんにいっぱいありますが、1968年とか67年にはそんなになかった。

だって、体育の時間に着なくてはならなかった「体操服」は、「トレパン」「トレシャツ」とみんな言っていた。色は城のみ。トレシャツのほうはまだ、伸縮性のある素材だったが、「トレパン」のほうは、木綿100%で、固くてごわごわして、ちっとも運動しやすくなかった。

まだ、町の洋品店で売っている、子供向きのズボン(ジャージー素材で、ゴムウエスト)のほうがずっと運動しやすかったのに、わざわざ、かたくてごわごわする「トレパン」をはかなくてはならないのだった。ものすごく、公立学校の、融通のきかない、現場を知らない人がルールを作った例の、最たるものだった。

『ツ、イ、ラ、ク』(角川文庫)の中には、女子中高生が、公立学校規程により「はかされた」、体育授業用のパンツについて、激しい怒りがある。
あの体育の時間のパンツ。おしりの形をむきだしにする、あのパンツ。「13歳から18歳」の「処女であることを前提とした若い女」の年令の時期には、学校側は「処女であること=清純であること」を求めているのに、あのパンツは、まるで、エロそのものを表に出したデザイン、である。

あの矛盾に学校側が気づいたのは、わりと最近で、1990年に入ってから、ようやく学校の体育の時間での女子の体操着は、ジムのインストラクターがはいてるような、ストンとした(サクンとした)膝丈の短パンになるのである。

どうかしてるルールだった。『ツ、イ、ラ、ク』はぜひ、1970年より前に生まれた人に読んでほしい。
私は、あれが、高校生に読まれるのが、心痛でならない。

あれは、10代20代で読んだところで、おもしろくないと思う。書いた本人が言うのだからまちがいない。あれは、35歳以上でないと、なにがおもしろいのかわからないって。
- | 08:44 | - | -
ポルナレフの思い出、姫野、日経新聞、Michel Polnareff ,Japan news paper, Himeno Kaoruko
日経新聞、こころの玉手箱、2019 May 23(thu) ,夕刊 はポルナレフの思い出です。
(姫野)

えーと、ポルナレフファンクラブにアクセスすると、夕刊の写真が出てるかな?
https://www.facebook.com/groups/1894330320810389/

ごめん。通信ツール関連が、よくわからなくて…。
続きを読む >>
- | 08:43 | - | -
姫野カオルコ、ライスチョコレート、日経新聞
姫野カオルコ、日経新聞、夕刊、こころの玉手箱
5月22日(水曜)は、ライスチョコレートの思い出です。

(KOGA工房)
- | 08:41 | - | -
姫野カオルコ、日経新聞5月20日夕刊、こころの玉手箱
公式サイト「最近況」更新されています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

日経新聞、2019年、5月20日(月曜)、夕刊から、金曜の夕刊まで。
「こころの玉手箱」

(KOGA工房)
- | 06:43 | - | -
(姫野カオルコtw.)磯野貴理子、ウシジマくん、生理と妊娠

タレントの磯野貴理子さんが離婚されたそうだ。TVがないので磯野さんのことを私はよく存じあげないが配偶者は24歳年下だったそうで、その男性が自分の子供を欲して、肉体年令的(女性生理的)に磯野さんとの結婚ではそれが叶わないので離婚を望まれたという。


7年前にご結婚されたそうだから、そのとき48歳。イケイケのムンムンですよ。すぐに妊娠していれば彼の望みはかなったろう。他人ごとながら残念というか、悲しい気持になった。生理って、早く閉経する人もいるが、しない人は、50歳すぎてもガンガンあるんだよね※。磯野さんもそうだったかもしれないから、そのとき妊活に集中されていたらちがったのかとか、なんだか残念で悲しかった。養子じゃだめなのかな。どうしたって血縁なのかな。



自分が幼少時にいろんな他人の家でお世話になったせいか、「いっしょに生活をする」ということが最重要で、嬰児のころから育てたらほんとうにわが子と思えるとおもうんだけど。

ミシェル・ポルナレフもそうやって現在の子供を愛してるわけだしさ、磯野さんの旦那さんにポルナレフのこと、だれか教えてあげてほしかったなあ。


※そりゃ65歳以上ではまずいないだろうが、50歳すぎてるから生理はもうない、という思い込みはまちがってるよ。ガンガンある人いるよ。
闇金ウシジマくんに、「50歳すぎたら生理はない」と登場人物が思っているところがあった。といってもストーリー全体には影響のないことで、作者はメインとなる展開や構図に神経を集中させないとならないのだから、編集部のだれかが、ちょっと訂正したらすむことだったのに、と思って、私は実は編集部にファックスをしたことがあった…けど、届いたのかな…。コミックスではなくなっていたようだから、届いて合意していただけたと思っておこう。ウシジマくん、応援してますよ…って、闇金行為をというのでなく…漫画としての作品度を。
ニュース | 10:34 | - | -
(姫野カオルコtw. )東京大学、佐藤知一、すみません
佐藤知一さん、遅れましたが、すみません。お詫びいたします。
東大イベントのあと、佐藤さんがそばにいらしたとき、口の中に吐瀉物がたまっていたのです。
嘔吐寸前とはあのことです。

あのあとの体調についての詳細は控えます。過日のブログのとおりですので。
佐藤さんのおっしゃるようなことは、うーん、そうだなあ…知られていないことなんですよ…。

https://brevis.exblog.jp/21911187/

https://www.nikkeibook.com/author/68023
続きを読む >>
- | 09:25 | - | -
(姫野カオルコtw. )グレンフィールドさん、持ち手を短くしてくださらんか
革製なのに軽いバッグ、持ち手が長すぎる、残念!
すてきげなバッグですが、もうちょっとでいいから持ち手の部分を短くしてほしかった(涙)。

肩幅が大きくて、しかもなで肩=ものすごく肩がこる、首がこる。…という骨組みの人が、10人に1人くらいいるのだそうです。整形外科で診てもらって話をきいた。

頸椎と肩の骨とのジョイントの角度が大きい人。これだと↑のような悩みのほか、上腕部に脂肪が流れ、腕はものすごく太くなって、かっこ悪くなる。腕が太いので、ますます肩に重みがたまり、肩がこりやすくなる。なで肩でいいことなんかひとつもない。

乳房の大きい人は腕も太い場合が多々あるが、乳房は大きいのに腕は細い人=いかり肩。全身がかっこよくなる。いかり肩だとショルダーバッグもキマる。洋服もなんでもかっこよく着こなせる。

ある人気女優(日本一人気があるといってもよいと思う)でさえ、けなしたがる人がいて、そういう人はすぐ、彼女のことを、いかり肩と言うが、「ちょ、待てよ(木村拓哉の口調で)、いかり肩ってのは絶賛のフレーズだぜ」と言いたくなる。

続きを読む >>
- | 08:58 | - | -
(姫野カオルコtw. )野田市小学生虐待、栗原勇一郎についてはもう、ことばがない
心愛ちゃん、助けてあげたかった。ほんとうに。

ことばがないわ、この勇一郎って人。
異常嗜虐快楽興奮で、こういうことしたとしか思えない。

ある閉ざされた空間(家という家屋の中だけでなく、児相とか教育委員会とか、この男が関与する小さな範囲の空間)で、異常に強い怒りや声を持った人間に、空間内の者が盲従してしまう状態って、おこりえることで、すごくおそろしいことだ。
連合赤軍の山岳ベースでの異様な盲従構図も、この作用だと思う。角田美代子の事件も。

こういうことって、この空間の外にいる人が強く働きかけないと救い出せない。でも、空間内部でおこっていることが、外に見えないことがおうおうにしてあるので、おそろしい。

それでも、こうした事件では、希有にも、心愛ちゃんはしっかりしていて、解決を求めていた。ふつうは、もう、そんな力はすぐになくなるのに。ほんとうにかわいそうだ。

アンケート用紙を勇一郎に見せてしまった教育委員会の人のミスが叩かれているが、こういう異様ヒステリーの男を前にしたら、この人だって盲従するように渡してしまうほど、それほどの異様ヒステリーって、いるんだよ、ほんとに、じっさいに前にしてみたらわかるから。思考力をうばってしまうようなヒステリーっているんだって。過日のブログで書いた精神病のAさんみたいな。

教育委員会が叩かれるべきは、この人のミスより、こういうミスがおこってしまったなら、この異様な勇一郎がいない場で、おちつきをとりもどしたときに、なんですぐにミスをカバーする対策をとらなかったか、この点だと思う。

- | 10:27 | - | -
(姫野カオルコtw.)京マチ子、ど狸、滋賀県については
ど狸(滋賀県ロケ)については、2018.03.16 Fridayのブログで。
続きを読む >>
ニュース | 06:41 | - | -