姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
京マチ子、滋賀県、ど狸 tw姫野カオルコ

「現代インチキ物語 ど狸」https://movie.walkerplus.com/mv21142/

琵琶湖畔の料亭が舞台である。3−7のみんなが幼稚園だったころの三井寺ロケでの中村玉緒がかわいらしい。中村玉緒、いまでもかわいいが(おじょうさんがそのままおばあちゃんになっていて)20代のころの玉緒はほんとにかわいい。こういうかわいらしさを持つ女優さんが今、いなくなったのは、「お嬢さん育ち」という状態が「ありえなくなった」からであろう。今でも「××××子ってお嬢様なのよ」と言われる女優はいるが、それこそ大映TVがつくったようなカチワリのお嬢様育ちに「見える」ということで、経済や情報の変化と発達により、かつてのように「お嬢さん育ち」という環境状態はありえなくたった。

 

この映画の男主演は、「熱中時代」を見てた人なら「北野先生、わたしはねえ」の校長先生、「チャコとケンちゃん」を見てた人ならチャコちゃんのパパとしてなじんだ船越…ああそうか、松居一代の元夫のパパの船越英二。

松居一代は滋賀県出身だが、息子から松居を紹介されたとき、頭ごなしに猛反対したというから、この映画で、三井寺ロケや、湖畔のロケをした滋賀県の思い出は、紹介されたとき、しみじみ思い出されなかったのかもしれない。

 

女主演は京マチ子さんだ。京マチ子はいい!とにかくいい! 「出てきはったとき、百万ドルの脚線美て言われはったんやで」とか「グラマーでガイジンみたいやて、スタイルがほめそやされはった」とか、大正生まれの伯母が言うので、どれどれと写真を見た小学生の私は「なんで? 日本的な顔やんか」と思った。3−7のみんなもそうなのではないかと思うが、われわれの世代は「山本リンダ」こそが「こういう顔こそ新時代の顔、ガイジンみたい、こういう顔が美人」という顔だった。安西マリアとか、ゴールデンハーフのエバとか。

京マチ子はそういう顔ではない。でも田中裕子や黒木華のようでもない。日本的なんだがいままでの女優にはなかった、なんともしれない濃厚なものがある。原節子もそうだが、敗戦をあいだにはさんだ日本人が希望としたようなラグジュアリーさとゴージャスさがある。そして京マチ子の場合、こういう主演クラス女優には希有のコメディエンヌとしてのきっぷのよさがある。さすがは大阪生まれだ。どうどうとさらりとナチュラルにコメディをやってのける。なのに楊貴妃のように色っぽい。

ユーモラスだとかコミカルだとかいうことと色っぽい、セクシーは、なかなか両立しない。かりに両立するとキワモノコメディエンヌになってしまう。京マチ子はナチュラルに両立させている。

そして、これは小学生のころから思っていたことだが、京マチ子は「笑う3秒前くらいの口元」が最高にかわいい。

 

そのうえこの人、やぼったい汚れ役とかしぶといおばはん役とか、迷いなくやるんだよね。なんか、ほんとに女優だましいの人て、それが「やってみせます!」じゃなく、さくさくさくっとやってるのが、ほんとにもうしびれるほどよい。京マチ子、ああ好きだ。

とくに、完璧な卵型の顔のラインが顎のあたりでやや二重っぽくなっているのが、えもしれずエロい。ほんとによい。京マチ子さん、いいわー。

 

まあ、こういうことは、このころの日本映画ファンはみなさんおっしゃっていることなので、このへんでやめときまっさ。

 

それより、この映画について、だれもふれていないみどころがある。たぶん、だれもふれていないと思う。

この映画には実にチャーミングな出演者がいるんですよ。長くなったので、またあした。

滋賀県アンテナショップに行く tw姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

やっと長編の第一稿が完成しました(第一稿であって、完成原稿ではないよ)!ので、

コレド日本橋の滋賀県ショップ、横でテント開催された滋賀マルシェ、に行きました。感想はひとことでいうと、

「よかった&残念でならない」

です。
まず、滋賀マルシェ(屋外テント会場)の「小アユのてんぷら」。これはおいしかった。日野菜のつけものもおいしかった。かぶと日野菜と苺を買って帰りたかったが、次の予定があって、野菜を持ち歩くのは不便だったので、買うのをあきらめた。
日曜の日本橋なんかでマルシェをすると、せっかくきてくださった方も、おおくはこんなふうに思って、買わずに帰ったような気がするが…。

すごい寒い日で、屋外だと、どんなにおいしくても、「寒い〜」というのが先にたってしまったのが残念。

日曜のビジネス街で開催するとどうしても閑散としてしまうのが残念。次にはタカシマヤ内で「近江市」をやるそうだけど、デパートでばっかり、これするよね。

もっと小規模で、いろんなとこのスーパーで、やってみたらいいのに。スーパーでなくても、いろんなとこにガレージセールをするようなスペースや、「1ウィークショップ」とかあるじゃないですか。そこで、やってみるといいのに。「ここ滋賀」とか「滋賀県東京支店(?)」のスタッフが、滋賀県の農家から野菜を仕入れて、それを売りに行くですよ。そして、週刊新潮の滋賀県「長寿」記事をカラーコピーして会場において。

もっと小規模な会場で小規模に開催して、そのかわり頻繁に開催して、いろんなとこで、売るとよいのに。

小アユだっていちごだって日野菜だってシジミだってお茶だって、おいしいのに、

なんか、アッピール方法がいまいちで、残念だった。一番残念だったのは、「滋乃味」だ。おいしいんですよ。でも、

「〃えーっ、こんなに高いの? やめとくわ〃という気分にさせる演出」

なのが、残念でならなかった。長くなったので、細かい感想は、後日。

tw.by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)=http://himenoshiki.com。ウィキ=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E9%87%8E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3

ツイッター、ブログの運営はkoga工房なので、ツイッター宛に返信するとkoga工房に届くのみとなります。姫野への連絡は「公式サイトhttp://himenoshiki.com/→連絡方法」から。

 

 

東京ロマンチカ、三條正人さん、滋賀県なんだよね fm姫野カオルコ(=姫野嘉兵衛)

三條正人さんの訃報。香山美子さんとずっと仲むつまじかったんですね…。離婚の多い芸能界でね…。三條さんは滋賀県出身で、結婚式は近江神宮だった(滋賀県内だった)んだよね。それが結婚当時、滋賀県では家に来る大人のお客さんがよく口にしてたな…。

https://mainichi.jp/articles/20171006/k00/00m/040/066000c

姫野カオルコ同級生のみなさんへ、ここで会いましょう

同級生のみなさんへ。フェイスブックが普及して、ネット掲示板はもう時代後れの感アリアリですが、でも、フェイスブックってウザくないですか? 通信上の安全性も不安だし。その点、ネット掲示板は、「ふとアクセスしたいときだけ行けばよい」だけです。

同級生の方、よかったらいらしてください。

コスギくんが開設してくれました。会員制(パスワード制)にしましたので、同級生だけ(顔を知ってる人だけ)しか来ないし、見てないから、2ちゃんねるみたいなことはないですよ。安心してください。

 

【同級生掲示板  ふなずし teacup】

このキーワードで検索すると1番に出てきたところ。

★注意=検索するとき、「滋賀」って入れてはダメ! そうすると、食べ物の鮒鮨についてばかりズラズラ出てくるので。

★パスワードは、このブログでは書けませんので、メールしあってる同級生だとか、なにか方法は各自で考えてゲットしてください。

 

とりいそぎ、こういう掲示板がある、というおしらせでした。URLをここに書くと、なぜかアクセスできないため、検索するキーワードのみおしらせしておきます。

 

偏差値は変わってしまった滋賀県立高校、シリーズ、文芸誌 fm姫野

◎「オール読物」で不定期に連載していた「滋賀県立・佐丞高校シリーズ」は、単行本にはなりません。あくまでも雑誌掲載かぎりで書きました。文芸誌が「月刊ゲラ」化しているのは残念に思うのです。文芸誌を読む人など今ではとてもとても少ないですが、でも、少ないからこそ、ラジオみたいに、雑誌一回かぎりのおたのしみ、という世界もあってほしいと、私は思うのですよ。。。

◎滋賀県立佐丞高校シリーズ(しがけんりつ・さすけこうこう・しりーず)=滋賀県甲賀市らしきところにある県立高校に通っていた高井明子は、現在は横浜市瀬谷区の、一軒家を3人(20代の某、40代の某、50代の明子)でシェアして住んでいる。明子が高校生時代の思い出をほかの二人に語っても、世代や育った環境の差でおどろかれることが多い。二人に明子は、かつては滋賀県立佐丞高校の校風は、あだち充の漫画よりはるかにあだち充だったことや、そんな学校でも個性を放っていた生徒のことを、語って聞かせる。

◎登場人物…語り手=高井明子(昭和50年代前後に高校生)、尾田先生(音楽)、梅津加寿男(うめづかずお)先生(国語)、バスケットボール部のエッちゃん、勉強のできる内山くん、サッカー部のサイジョウヒデキ(1学年上)、柔道部の多田くん(1年上)、学園のマドンナで後にびわこ放送の女子アナになる公美子さん、その口臭を嗅いだ生徒は窒息しそうになる息を吐く数学教師イリエ先生、男子の憧れだが秘密の顔を持つ保健室の水沢先生、などなど。

徳間文庫には、滋賀県立高校シリーズの1つが収録されています。

https://t.co/redirect?url=https%3A%2F%2Ft.co%2F21dyfqJqEG%3Fcn%3DbWVzc2FnZQ%253D%253D&t=1&cn=bWVzc2FnZQ%3D%3D&sig=8cbc2175cd5f96ddf012e6ffb63ce6103d7cbbce&iid=20b989f5-6928-4c86-98b8-7c31c1494562&uid=504238677&nid=22+394

姫野カオルコ(動画)=http://himenoshiki.com/himefile/speak.htm

日野高校、北中涼裕先生、知人になりすますニュース

◎甲賀の隣が日野なんですが、日野高校の先生のこのニュースはなに? 知人になりすまして援交募集というが、25歳の先生が、18歳の「知人」って何? 

◎さて、「共学における体育と男子」という短編が「短編ベストコレクション/現代の小説」というアンソロジーに入ったのですが、後年、日野高校にお勤めになったと伺い、やや意外に感じました。日野高校がよくないというのではなくて、彼の性格から、公立高校の先生というのではなく、もっと研究職に進まれるものだとばかり思っていたのです。

https://t.co/redirect?url=https%3A%2F%2Ft.co%2F21dyfqJqEG%3Fcn%3DbWVzc2FnZQ%253D%253D&t=1&cn=bWVzc2FnZQ%3D%3D&sig=8cbc2175cd5f96ddf012e6ffb63ce6103d7cbbce&iid=20b989f5-6928-4c86-98b8-7c31c1494562&uid=504238677&nid=22+394

◎姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。滋賀県生まれ。独特の筆致で男女問わぬ読者。非大衆的な作風ながら第150回直木賞受賞。TV出演時動画などはhttp://himenoshiki.com/himefile/speak.htm

好きなアナ、嫌いなアナ、文春、野村正育アナ、エグゼクティブアナに、滋賀県、fm姫野

同郷(なので親愛の情を抱いている)NHKの野村正育アナが、エグゼクティブアナウンサーに昇格されました。現在は、ラジオ中心※なので、文春の「好きなアナ、嫌いなアナ」特集にも出なくなってしまわれましたが、全国的に人気はとても高いはずです。※ラジオはTV以上にカムと目立つのですが、野村アナはカムことはまずないすばらしいアナウンスです。すごい。顔みたらわかりますよ、この方ね。

http://www.nhk.or.jp/r1-blog/radionews/269647.html

にしきのあきら、スター錦野、やじまじゅんこちゃん 

さっき中瀬さんといっしょに、スターにしきのあきら(いま、漢字なんだよね、錦野…)がラジオに出ていて、ふしぎな気持ちだった。中瀬さんと焼肉を食べたりパスタを食べたりしたからだ。そういう人と、やじまじゅんこちゃんが大好きだったにしきのあきらがいっしょにしゃべっているのを聞くと、とてもとてもふしぎなふしぎな気持ちになる。にしきのあきらというと「空に太陽があるかぎ」が有名だけどたしか「チャコ」という歌をうたってたんだ。やじまじゅんこちゃんが教えてくれたからだ。にしきのあきらの好きな女性のタイプは「きんぴらを作るのが上手な人なんや」と言っていたが、いま、恐妻家としてもならしているにしきのあきらの奥さんはきんぴらを作るのが上手なんだろうか?前にも書いたが、私は引越しを何回もしていて、その中で、にしきのあきらの部屋の下を勧められたことがあり(ほかの部屋は大きいのに、そこだけスペースのあまりでできた小さな部屋)、結局やめたんだけど、もし、あのとき、やじまじゅんこちゃんと交流が続いていたらハンコをおしたかもしれない。同級生はたくさんいたけど、だれかへの熱情を語ってくれた人がやじまじゅんこちゃんくらいしかいなくて。ひさだみちおくんだって、かわしまひとみちゃんだって、好きな人はいただろうけど、たいてい、そういうのは同級生だったり先輩だったりするからナイショにして、公には語らないじない? すると公な人に熱情をかたむけているときだけ語ることになるわけで、すると数はへってしまう。むらたやよいちゃんが桜田淳子のファンだったけど、それはちょっとちがうよね。やじまじゅんこちゃんはにしきのあきらを愛した気持ち、いまはどう処理してるんだろう。すごくきいてみたい。なかじませつみちゃん、どうしてるのかな。おかざきあやこちゃん、すごく会いたい。2年の3学期で転校してしまった。やまぶきいろのカーディガンをお母さんがあんでくれたといって着ていた。すごく字がじょうずで、おかざきあやこ、と名前を書くときの「ざ」の字がとくにきれいで、いつも見ほれた。それからさいきん、よくおもいだすのは、かわむらしんぞうくんだ。よく同じクラスになったはずなのに、家も近かったのに、いつも静かで、声が、そのずっとあとに通うことになる高校の社会担当で、私たちの学年は担当しなかったヤマカジ先生の声質と同じ声。かわむらくんのあのしずかなかんじ、細毛絲を細針で長編みしたセーター(肩のへんが紺色でおなかくらいから羊羹色みたいな茶色になるようなしぶい色み)を着ていてきっとお母さんの手編みだったんじゃないかと思うけど、しんぞうくんの家ってなにをしてる家だったんだろう、あんなに近くにいたのに知らない。しんぞうくんは、静かな人だった。でも、キーハンターは好きで、千葉真一がかっこいいといってたね。キーハンターといえば七つの顔を持つ男じゃなくて、なんだっけ、なんとかの男というドラマをいつもみていた、おくくん、おく…おくよしぞうだっけ、よしぞうはなかがわよしぞうくんか、たなかたかよしちゃんと同じ町の、たかよしちゃん、かいせんとうがたおれて死んじゃったの、小1で。そのとき、あずま先生が教頭先生で、警察の人に説明をしていた。あずませんせいは怖いことで有名だった。かわむらくんとおなじ声質だった。クラスだとか学年だとかで有名ではでで目立つ人のことはみんなおぼえてるけど、地味で静かな人のことも、私はすごく想い出深い。てらいいとみちゃんとか。思い出すと泣けてくる。なにもかなしい想い出ないのに。「い」と「い」が「井」でかさなっているめずらしい名前で、てら・いいとみ、とか、てらいい・とみ、とかにしざわさなみちゃんが、からかっている声もなつかしい。にしざわさなみちゃんの笑い声は値千金だったな。たきちゃん、元気なのかな。山がつく苗字で憲一という名前の男子、あの人もしずかで、中1のとき「教科書を一回よんで終わりだった期末試験勉強」と書いてたのが、しずかないつもの態度とあってて、清潔な日常をおもわせ、心に残っている。白い肌の小柄な。なんでもおぼえていて苦しい性格だったが、最近は、名前とか記憶に歯かけがおきている。年をとった。

雨宮塔子、小泉今日子、滋賀県とパソコンと3−7 fm姫野

東京都のロクさん(読者)から、おしらせをいただいた。

「ググったら、ちょっと前(2014年)の調査結果ですが、パソコンの都道府県別普及率が出ていました。滋賀県はデスクトップパソコンが全国11位(36.6%)、ノートパソコンが全国1位(66.8%)だそうです。滋賀県平均では2/3の世帯にパソコンがあるようです。ちなみにスマホの普及率も一位でした。また懸案のインターネットの利用率は昨年度末で全国6位だそうです。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc252110.html

このおしらせを読んで「えーっ、それなのに、3−7のみんなのあの大正時代然とした通信状況は何〜」と思っていたら…。

北名古屋市のS田さん(読者)からも、おしらせをいただいた。

「ガラケーでも着信拒否を個別に設定できます。でも姫野さんの同級生の方には無理でしょう」

とブログに書いたところで、3−7の人は2人以外は見ないし、3−7以外の人には関心のないことだし、ああ、今となってはむかし、スピリッツで連載していた「平成の歩き方」を思い出したよ。

イカ釣り漁船で働いている漁師が文学青年で、イカ釣り漁をする自分の暮らしの中での感情をこまやかに綴った小説を書く。「それは、人間の心の襞を描出したすばらしい作品で、読んだ人は胸を抉られ涙する小説なのだが、残念なことに、世間の人のほとんどはイカ釣り漁船で働く青年の生活に関心がなく、イカ釣り漁船で働く人のほとんどは小説を読まないのだった」というようなくだりがあり、まだ「ひと呼んでミツコ」を書く前の、若かったころの私はこのくだりにいたく胸を打たれた。人生のかなしみを見て。

それを思い出したよ。雨宮塔子のエッセイはパリでの暮らしだもん。中山美穂の元夫もパリだもん。ここで「私も目がロンパリです」と言うとさ、男が言うとメジャーなセンスとして受け入れられるが、女が言うとイタいと思われるのが、これまたやはりメジャーなセンスで、ああ、まだまだメジャーなセンスの修行が足りんわい。でも、言いたくなる。私は目がロンパリ。パリに住んでたサルトルも。

雨宮塔子には「その後のサハリン」というタイトルで日ソ不可侵条約を裏切って外国になってしまった島での暮らしをエッセイにしてほしかったし、小泉今日子には「週末は葛西善三とつきあっています」と言ってほしかったなあ。太宰じゃなあ。

 

 

 

 

同級生から姫野への手紙の書き方 

●同級生、先生、親戚など、チョー私的な連絡の方法は、【姫野カオルコ公式サイト】「連絡方法」に、図解入りで出ています。今、あなたが見ている画面は【姫野ブログ】です。【姫野カオルコ公式サイト】ではありません。↓に行って下さい。

【姫野カオルコ公式サイト】「連絡方法」http://himenoshiki.com/himefile/lettar.htm

●この画面からダイレクトに飛べない方はGoogleなりYahoo!なりの検索サイトで「姫野カオルコ公式サイト」と入力してください。するとトップページに出ます。そこに「連絡方法」という項目があります。そこをクリックして下さい。同級生、先生、親戚などのケースは連絡方法(4)に該当します

★必ず封筒で下さい(お手間かけますが)。

★封筒のオモテには「親展(個人的な私信です。開封する規則なら、開封前に必ず本人に確認して下さい)」と必ず書いて下さい。書かないと廃棄処分される可能性があります。

★大きな出版社は、郵便番号(末尾4ケタが8で始まる郵便番号)と社名だけで、住所を書かなくても届きます。部署名は各出版社によって異なりますから、部署名ではなく「姫野カオルコ御担当編集者様気付」と書いても届きます。

★封筒の外側に詳しいことを書くのはやめてください。「わたしは姫野さんが××で××だったときに××してて×××だったのですが、この手紙は本当に姫野さんに届くのでしょうか、私は今××に住んで××をしていて…」などと、便箋ではなく封筒に詳しく書かれる方がよくおられます。ものすごく困ります。出版社は大きいので、いろんなところを回ります。詳しいことは、封筒ではなく中の便箋に書いてください。

 

〇手紙なんて難しいという人のために補足

手紙、と思うから難しいのです。

pcのある人はメール画面を開いて本文を書きます。それをプリントアウトして封筒に入れて送る。100均の茶色い安物の封筒で充分です。

スマホやガラケーしかない人は、メールを書いて、それを何か白い紙にシャーペンで書き写して、封筒に入れて送る。

ペンで書こうとするから難しいのです。シャーペン(消しゴムで消せる)で書いて封筒に入れて送ればよいのです。今のご時世、肉筆のシャーペンで書かれたものはチョーうれしいです。

ただ、私のほうも、長編小説にとりくんでいるときは頭がその原稿のことでいっぱいで、すぐに返信するとワケのわからない文面になってしまうのでクイックレスポンス(すぐに返信すること)はできませんこと、それだけはあしからずお許しください。年単位のスパンでお許し下さい。

(2015・1・18ブログ再アップ)