姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
つくば市のA.Y様 、お手紙ありがとうございました (fm姫野カオルコ)
つくば市のA.Y様

Aさん、ジェンダーについての独学をされているとのことで、丁寧なお手紙をありがとうございました。
この分野のことは、1990年代には、学問としての研究はなされていたものの、テーマとして扱うことは、まだ文芸では、あまり一般的ではありませんでした。

もちろん、古くですと「人形の家(イプセン)」など、存在したのですが、時代が進むほど、かえって、お客様(読者? 受け取り手)のほうが、どうしても「ウーマンリブだあ!苦手だあ!」と茶化すような気風が強かったのです。


ましてや、このテーマをユーモラスに表現したりすると「ワケがわかりません??」と言われたものです。
拙著の『受難』はその典型的な例で、映画化されたとき、主演の女優さん(岩佐真悠子ちゃん)が「脱いだ」ことばかりを宣伝されたり、過激な性描写のように宣伝されたりしました。
映画は映画として、別物だと思っておりますので、 そうやって宣伝するしかなかったのかなと思います。が、過激な性描写のシーンなど一カ所もなく、これを期待してきた観客はさぞや「がっかり」して、怒って帰ったのではないかと思います。
主演の岩佐さんも、過激な性描写を演じる気持ちなどさらさらなく、キュートにたのしく熱演されたのに残念でなりません。

フェミニズムというものは社会システムの中では、マウント争いと化してしまいがちなのも確かです。
Aさんにおかれましては、どうか、そうなることなく、現実を見据えて、若い力で将来を拓いていっていただきたく、陰ながら声援を送ります。


「美咲ちゃん」は、「ごくふつうの女の子」として設定しました。加害者たちは「からかうために」、デブだとか頭が悪いとか言っています。が、通っていた進学校の偏差値も高く、デブでもブスでもないのです。なのになぜ、こんなことを彼女は言われたかというと、それは−−−この先は本に書かれているとおりです。

小説は、どの小説もそうですが、読む人の中身を映し出します。とくに、この作品は。
「ミラー小説」と私は呼んでおります。
読んで、そのまま、その人の中身が映し出される。
Aさんのお手紙(この小説に対して感じたAさんのお気持ちを綴られたお手紙)には、Aさんの鮮潔な情熱が滲んでいます。
どうぞ、学生生活が充実したものとなりますよう、健康な日々でありますよう。

2020・6・9 姫野カオルコ




続きを読む >>
返信 | 09:08 | - | -
お手紙ありがとうございました
読者の方からのお手紙を編集部経由で、まとめて受け取りました。
あらためて、この「姫野周辺ブログ」にて、返信いたします。

パソコンとスマホとでは画面表示がちがうので、うまく指示できませんが、
画面のどこかに【category】という項目があります。

たまに、ここ(姫野周辺ブログ)にいらして、【category】の【返信】という項目をチェックしていただけますれば幸いにございます。

〜姫野カオルコ(2020・6・8)
続きを読む >>
返信 | 12:16 | - | -
豊田市のA. Y様 、お手紙ありがとうございました fm 姫野カオルコ
豊田市のA.Y様

Aさん、お手紙ありがとうございました。
中学の2年6組(担任は古×弥××先生)の時によくいっしょに遊んでいたTさんが、Aさんと同じ字で、同じ読み方をする女子でした。

各科目の担当先生が、たいてい、彼女のことを音読みで呼ぶので、そのたびにTっぺ (Tっぺ、という愛称だった)は、訂正していましたが、

私は、なぜ先生がそんなふうに読みまちがえるのかふしぎでした。
TっぺやAさんのY子さんというお名前は訓読みしか、名前としては成立しないというかんじがしていたからです。
小学校のころに大好きで当時は少女漫画界の女王だった少女漫画家と同じだからです。(少女漫画家の名前を伏せているのは、その漫画家の名前を明かすと、Aさんの名前もあかすことになってしまうので、口幅ったい言い方になりますが)と同じだからです。


お手紙に書いてくださった寺村・・さんとは全然関係ありませんが、
Tっぺは、「寺村」英語塾に通っておられました。通っていなかった私はそこの先生を見たことはありません。たた、ほかにもその塾に通っていた生徒の話から、年配の先生のはずです。
それなのにTっぺは、その先生のことをいつも「寺村、寺村」と呼び捨てにしていました。ほかの通っていた生徒も、そういえば「寺村」と呼びすてていました。


愛知県には少なからぬ縁があります。
それは『謎の毒親』に書かれているとおりです。

幼いころ、いろんな他人の家に転々と(?)預けられていた私ですが、2歳未満の記憶はなく、3歳から4歳の預かり手の記憶がごく断片的に、しかも、うっすらと。
でも4歳半以降の預かり手の記憶はしっかりしてきて、5歳ともなると、その人の家の間取り、家具、食器まで、鮮明です。

その鮮明な記憶にある預かり手に、小西さんという方がいらっしゃいました。
「小西のおばあちゃん」と私は呼んでいましたが、今になって計算すれば(状況などから)、今の私よりも年下だったのではないかと思います。
お子さんのうち、長女さんが結婚された相手が、もともとは名古屋の人、だったので、しばらくは滋賀にいて、しばらくして、名古屋に引っ越されました。

それで、小西のおばあちゃんとおじいちゃんは、長女夫婦と同居することになり(敷地内で母屋と離れみたいな同居)、こちらも名古屋に引っ越されました。

この引っ越しこそ、私が、家を脱出できるチャンスになりました。
(詳しくは『謎の毒親』をどうぞ。小説として、すじを追わせるように書かないとならないし、他人様のプライバシーにも配慮しないとならないので、そのあたりはフィクションですが、この『謎の毒親』はほぼノンフィクションです)


小西さんのご縁あって、名古屋にはよく行きました。
といっても、駅から春日町にあった小西さんの家にまっすぐ行き、そこにずっといて、また駅にもどるだけでしたが。

名古屋駅のアイちゃんでしたっけ?なにちゃんだっけ、パピコみたいに大きなマスコット。
あれができてから、「鍵屋」だったかな? うなぎの店がありますよね。
そこに行きました。朝日新聞名古屋本社の人といっしょに。


あ、そうそう、それに、明治村!
小学生のとき、明治村に行って、「こんなにこんなにおもしろいところがあるなんて!三泊三日してもっと見たい!」と思ったものです。
(いろんな家の設計図を方眼紙にせっせと書くのが趣味だったので)

「よし、大人になったら、泊まり掛けで明治村に行こう」と思っていたのが それが実現したのは、40歳くらいのときです。
平日にいったので(自由業の特権で)、すいていて、どの建物もじっくり観察できてうれしかったのですが、
刑務所をじっくり観察しているうちに閉館になっていて、

あたりにはだれもいなくなっていることに「ハッ」と気づいたときは、焦りました。
職員さんたちが、職員門から出るのに乗リ合うバスが通り掛かり それに乗せてもらいましたが、職員さんにひどく叱られました。「何度も放送したはずです」と。

しかしよかった。あやうく、明治期の刑務所(たしか網走刑務所の再現?)で、小学生のときの夢を叶わせるはめになるところでした。


もうひとつ思い出しました。
名古屋大学で、トークイベントをしたことがあります。
大々的なものではなく、
名古屋大学の中に、姫野本の愛読者がいらして、その10人ほどが、発起人になってくださって、20人くらいで、一つの教室で、談話会のようなものをしました。
『喪失記』を出したころかな。
まだ30代前半でしたから、名古屋大学の大学院の学生さんたちと、そう年齢差のないころでした。
イベントのあと、かしわで有名な店(大相撲で必ず升席にすわる白鷺の姐御こと、、駅伝の神野くんの祖母様が卸している店の一つでしょうか???)で、学生さんたちといっしょにごはんを食べて、最終の新幹線で帰った。


名古屋市と豊田市はちがいますけれど、愛知県には、こうした次第で、親しみを感じております。

次作の長編小説を書き上げましたところです。
これから推敲作業に入ります。
いつの出版になるのか(コロナで)わかりませんが、次作は、たのしい青春小説(のつもり)です。
愛知県とのかかわりも、またでてきます(ちょっとですが)。
これからも、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。
そしてまた、Aさんも、コロナだけでなく、これから蒸して暑い季節となりますので、食中毒や、熱中症にもくれぐれも気をつけて、息子さんとともに健康でお過ごしください。
(息子さんの年齢を考えて見せないほうがよいと思われる拙著は(『ツ、イ、ラ、ク』とか、よくないような気がする。『お金のある人の恋と腐乱』も。私の本は、本屋大賞をとるようなタイプの本(家族みんなで、小学館のマークのようにして読んで問題のない本)の奥に隠しておいてください)

2020・6・1


返信 | 07:50 | - | -
牛久市 t 町の T.K様、お手紙ありがとうございました 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
牛久市t町のT.K様からお手紙をいただきました。
発刊当初からとても気になっていた、という『彼女は頭が悪いから』を読んでのお手紙でした。

「読み始めると、途中で休まないとならなくなって本を閉じても、早く続きが読みたくてならなくなりました。
主人公と三浦教授との公園での場面は感動しました。
夢中になって読むような小説を書いてくださってありがとうございます。」


いえ、こちらこそ、拙著を夢中になって読んだとお手紙を書いてくたさって、励まされました。
ありがとうございました。
コロナ禍の昨今ですが、用心してお過ごしください。

2020・5・18
姫野カオルコ


姫野本の読者のタイプ別ブックガイド→https://himenoshiki.com/himefile/navi2.htm
返信 | 09:28 | - | -
北名古屋市の、S雪様、ありがとうございました。
北名古屋市の、S雪様、昨日、文春経由で受け取りました。
コロナで、文春はじめ各出版社も在宅ワークになり、担当編集さんもみなさん、当番制みたいなことをして、出社されているようです。
送ってくださったものについての返信は、以前にS雪さんにお伝えした掲示板のほうにあらためて。

〜姫野カオルコ
返信 | 10:18 | - | -
目黒区の勉様、忍びの滋賀、おはがきありがとうございました (fm 姫野カオルコ)
『忍びの滋賀』へのエールはがきを、「101−8001小学館 小学館新書編集部 『忍びの滋賀』担当編集者様気付 姫野カオルコ様」で、いただきました。
目黒区の、U勉様(男性・1953年・京都市生れ)から。

姫野カオルコ様
当方は出身…(中略)… 『忍びの滋賀』、興味深く拝読させて頂きました。京都市民には…(中略)……2、3代さかのぼると滋賀出身の近江商人がかなりいるので…(中略)…、
御著書のp187に、宇治茶についての記述がありますが、実は事態はさらに悪化しています。
「宇治茶」の定義は、京都茶業会議所という業界団体が定めています。
2004年までは、宇治茶とは「京都府下で生産された茶葉を京都府内の業者が京都府内で仕上げ加工したもの」でした。
ところが、2004年からは「京都、滋賀、奈良、三重」の4府県で生産された茶葉を京都府内の業者が京都府内で仕上げて加工したもの」とされています。
要するに滋賀県で生産された茶も京都の業者が仕上げ加工すれば自動的に「宇治茶」となるのです。
このように全国の消費者をあざむき、3県の農家をおとしめているのが………(略)…悪徳業者に筆誅をくだしていただければ幸いです。


勉様、拙著をお買い求めいただき、お読みいただき、ありがとうございました。
お茶も、うなぎと同じですね…。
中国でつかまえて、ちょっと静岡(など)の生け簀で仮住まい(?)させて、「国産」として売る…。
そうしたほうが買う人にとっては「みりょく的」になるのでしょうね…。

買う人に自由に判断してもらって、そのかわり、「正確な事実」を表記してほしいですね。
買う人のほうも、もう、「実質を求める」時代になっているだろうに。

〜姫野カオルコ(2020・1・20)

返信 | 08:42 | - | -
スマホでこのブログを見ている人、クリックしてください。
このブログは$基本的にPC画面で見やすい」ように設計されています。
スマホでこのブログを見てくださっている方は、

●いただいたお手紙への返信は…スマホ画面でいうと、その日のタイトルのちょっと上の、水色のワクの中にある「CATEGORY」をクリックします。
すると、
・テレビ、出演、雑誌、掲載、等……
・エンタメ(本、漫画、映画、演劇)
・返信
・ニュース
・日記・ダイアリー
などと並んでいる中の、「返信」をクリックすると、一覧できます。

●ポルナレフファンの皆様におかれましては、「CATEGORY」をクリックすると、並んでいる中に、
「polnareff michel という項目がありますので、クリックするとポルナレフ関連のブログが一覧できます。

すると、
返信 | 10:00 | - | -
蕨市のA.A様(A.K様? H.A様? H.K様) 朝日新聞への寄稿にお手紙ありがとうございました 〜姫野カオルコ
埼玉県蕨市のA.A様(もしくはA.K様? H.A様? H.k様? とお読みするのでしょうか)
御朝日新聞日曜版「be」のリレー連載「作家の口福」へのお手紙をありがとうございました。
「いただく」についての回は、「このコーナー始まって以来のメールと電話と手紙です」と担当記者さんも驚かれるほどの反響でした。
翌週の「箸の持ち方」についての回にも、たくさん読者からの声が寄せられました。

その大半は、A様と同意見だったのですが、なかにお一人だけ、「『いただく』というのは食べ物に感謝するいいことばなのに、なぜ否定するのですか」という方がおられました。
「きっと、小学校高学年か中学生なのでしょう。まだ、日本語の文法の、尊敬語と謙譲語の差について教わっていないので、文意がまったく理解できなかったのでしょう」
と、編集部でも、彼女の誤読を、むしろ、ほほえましく受け取っていました。


2019年の夏に『何が「いただく」ぢゃ!』というエッセイ集をプレジデント社から出しました。
これには、A様が読んでくださったこのエッセイが収録されており、この回のタイトルを総タイトルとしたものです。
朝日新聞での反響が大きかったことと、プレジデント社内でも、このタイトルが「わかりやすい」と判断されたためです。

ところが!
出てみると、
『何が「いただく」ぢゃ!』
というタイトルを、
「いただきます、と食事前に言うのはおかしい」
「いただきます、と言うのはスカしていると怒っている人のエッセイ」
と受け取る人が、けっこうな数いることがわかり、驚愕しました……

「なんで、〃いただきます〃って言ってはいけないの? なんでそんなふうに斜に構えるの?」
と、直接の知人(58歳)からも質問され、
絶句しました……。


食べ物をありがたく「いただく」。その感謝の気持ちはをあらわすことばとしての「いただく」。
そのとおりです。
「わたくしはもう、夕飯をいただきました」もきれいなことばづかいです。
「お隣からこんなに柿をたくさんいただいたのよ」も。

だからこそ、

「今日は、お昼にひつまぶしを〃いただいてみた〃」
「あそこの角に出来たばかりのフレンチレストランで、ランチを〃いただいたことあるの?〃」
「向こうの部屋で記入用紙をいただいてきてください」

という用い方がおかしい、と私は言いたいのですが、まったくまったくまったくまったく通じないのです。


ことばづかいというものは難しい。
私など、ものすごく恥ずかしいまちがいを、日々おかしています。
ですから、他人がまちがわれると、「自分も教えてもらった」という気になります。
たとえば、なにかの大きな式典などで、
「今日、司会をすることになりましたアベです。わたしなどでは〃役不足〃で、いたらぬ点がありましょうが、どうか、お許しください」
などと挨拶される方がいらっしゃっても(〃力不足〃と言うべきところをまちがえられても)、

「私もやりそうだ。こんな大勢の人を前にしてステージでマイク持ってしゃべるなんて、アガってしまって、声もふるえてしまうもん…」
と思うのです。

言葉づかいがまちがっていること、まちがえたことに、「何が〜ぢゃ!」と抗議しているのではないのです。

なぜか「いただく」という語についてのみ、 大勢の人が、〃意気軒昂に誤用〃していることが気になるのです。


……と、A様のような方に〃檄を飛ばす〃タイトルだったはずが、まさか、ここまで、現代の日本人が「いただく」を誤用しているとは……。
これでは〃檄を飛ばす〃も、伝わらないかも……。

A様におかれましては、よいお年をお迎えください。
返信 | 11:04 | - | -
ジュリー、ショーケン、オックス、モマル・マヌー、愛知県北名古屋市沖村のS.Yさん、吉森みきをのコピー、ありがとうございました! fm姫野
愛知県北名古屋市沖村のS.Yさんから、吉森みきをの『なぜなGSがいけないの!?』(週刊マーガレット 1968年連載)のコピーを、クリスマスプレゼントにいただきました。
こんな貴重なものを……わなわな……
S.Yさん、ありがとうございます m(_"_)m

このブログを見ていて下さる皆様にも、おすそわけしますよ。

吉森みきをの『なぜなGSがいけないの!?』なら、検索したら、画像は見られると思うんです。
ここはひとつ、1968年の「セプンティーン」12月17日号のおしらせを紹介します。

まず「セブンティーン」は週刊で、キャッチフレーズは「10代のための夢の週刊誌」
定価70円。

特別読み物
(1)オックスがファンといっしょに座談会。「どうして失神しちゃうの」と赤松愛クンがファンに質問
(★姫野注…失神が売り(?)だったのは、キーボードの赤松愛ちゃんのほうでは? よって、ここは、赤松愛クン「に」ファン「が」質問、ではないだろうか?)

(2)ジュリーとショーケンはどちらが優等生? めんばー、つき人、ディレクターが、二人を採点すれば?


トップGSカラー・ピンナップ特集
(ジュリー、ショーケン、愛、上だ、マヌー)

フォーリーブス会津若松の旅


新連載まんが /あこがれ /木内千鶴子
恋と友情をめぐって悩むふたりの少女の心を描く、木内千鶴子先生のの連載まんがが始まります。


木内先生…お元気なのかな…。

そして!、吉森みきをの漫画のp61に、「別冊マーガレット」が「うりだし中」(発売中のことね)と宣伝が入っているのですが、
すごい誤植というか、ミスを発見!!

あっ、長くなったので、明日にするね。
返信 | 19:12 | - | -
(姫野カオルコtw. )小栗旬の石田三成の長浜
 小栗旬さんの石田三成、好演でしたね(NHK大河『天地人』)。
石田三成といえば長浜です。連休で京都方面に行かれている方、最終日の帰りにはぜひ長浜にお越しください。小栗旬の像が駅前でお出迎えいたします。石田三成像お茶を秀吉にさしだしてるのが小栗旬(石田三成)です。
続きを読む >>