姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
長岡市、ブックスはせがわ、チャチャ fm姫野
長岡市の本屋さん、ブックスはせがわ、の柴犬、チャチャくん。
かわいい。・°°・(>0<)・°°・。
かわいい。。・°°・(>_<)・°°・。
もう、ほんとにかわいい。・°°・(>0<)・°°・。
おっとりとした手がかわいい。首の曲げ方もかわいい。目が左右でちょっとびっこになっちゃったのもかわいい。
ブックス長谷川のチャチャ(ブログ用).jpg
 
マルチーズ、最近見かけなくなった、ジャックラッセルテリア、小さい犬、サントリー fm姫野
1989年くらいまで、マルチーズは圧倒的人気犬種だった。
最近、見かけないですね。
圧倒的多数でチワワ、人気はプードル、といったところです。

「昭和の犬」の「ペチコート作戦」の章のとおり、私は以前、ビーションフリーゼ(マルチーズと双子的犬種)を飼っている大家さんの家に下宿していました。さいしょ、かわいいと思いませんでしたが(小学校低学年ころから「トムとジェリー」のジェリーをちっともかわいくないと思っていたので、あ、これも「インベーダー」の章のとおりです)

世話をしているうちに、ものすごくなついてくれた。そのせいか、今でも、ビーションフリーゼ(マルチーズも)を、たまーに見かけるとかわいくてなりません。
ビーションフリーゼは、ビーションフリーゼカットをしてないほうがかわいい。プードルも、足のところを、トリュフ狩りカットにせずに、ただもわもわっとしたままにしてあるほうがかわいい。

小さい犬でもビーションフリーゼ(マルチーズ)、ジャックラッセル、もわもわしたままのカットのプードル、かわいいと思いますですよ。もちろんサントリーの名作CMの、あのお寺の階段をおりてくる小さい犬などは。あの犬をかわいいと思わない人っているんでしょうか? 雨の道路バージョンなど、サラ金のCMに出ていたチワワの1000000000000000倍、胸に迫るですよね。
https://www.youtube.com/watch?v=i9-5p_pAIy0

新聞取材時掲載のプロフィール
姫野カオルコ 【ひめの・かおるこ】
作家。1958年滋賀県甲賀市生まれ。非大衆的な作風と筆致だが独特の視点で男女同数の読者層。2014年『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞。『受難』『ツ、イ、ラ、ク』『ハルカ・エイティ』『リアル・シンデレラ』など著書多数。最新文庫は『整形美女』。 連絡先は
http://himenoshiki.com/

 
犬の毛のサマーカット、シベリアンハスキー fm姫野カオルコ
ゾロ・サマーカット・ブログ用.JPG蒸し暑い日本の夏。犬にとっては毛をサマーカットしてもらう季節がやってきました。いまもくもくと原稿を書いている私。「近所の犬」という小説を書いていたら、TBS「ザ・インタビュー」に出演してくれたシベリアンハスキーくんに会いたくて会いたくてたまらなくなり、思い切って外出。サマーカットしてもらって、顔だけデカくなっていました。おかしくてかわいい!

ヒツジの皮をかぶったオオカミ、という言い方があるじゃないですか? でも、これだと、ヒツジがオオカミ(ハスキーはオオカミに似てる)の皮をかぶってるような…。
美人のおしっことウンコ、猫、ハルノ宵子、 by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

「それでも猫は出かけて行く」ハルノ宵子さんの、漫画(イラスト)とエッセイ。

いろんな猫が出てくる本だが、主役は、いちおうシロミという猫である。
シロミに魅了される著者や獣医や周囲の人のようす、そして当のシロミのようすを見ていると、

「すごい美人なのにウンコとおしっこをいつも洩らす」のではない。
「ウンコとおしっこをいつも洩らすのに高飛車なのが美人」なのである。

と思った。http://honto.jp/netstore/pd-book_26192337.html

眠狂四郎、映画に出てきた犬 by姫野カオルコ(=姫野嘉兵衛)

「映画は大映」のころの大映黄金時代の「眠狂四郎/女妖剣」。シリーズ第四作目。
「柴田錬三郎の原作の特色であるサディスティック・エロス、バイオレンス、ニヒルを忠実に映画化」がウリの四作目から、ストロボで円月殺法画像になったそうです。

しかし、なんといっても四作目のみものは、犬です。
犬が活躍する映画はたくさんあります。
名優犬としてではなく、たんに、かわいらしさなら、この『眠狂四郎』四作目の、この犬は私の好みのベスト3にランクインしました。

徳川家斉の時代にいたとは、とうてい思われぬ、思いっきり洋犬雑種でしたが、かわいいのなんの! かわいい!かわいーっ!! 画面に頬ずりしたくらいかわいい。
これは100人が見たら95人まで、かわいいと思う犬だと思います。

登場シーンは二カ所しかないのが残念。
しかも2箇所のうち、1箇所はカメラはロングで、ただ街道を走っていく小さい小さい姿のみ(T_T)

柴犬のテンちゃん/姫野カオルコ(=姫野嘉兵衛)
柴犬テン.JPG←柴犬のテンちゃん。マナーがよく、フレンドリーで、みめかわいい彼女は、ガーリーだがママ犬だそう。連れてらした飼い主さんも、すごくかわいい女性※だった。ほんとに犬は飼い主に似るんだなとあらためて思った。「じつは近々、第二子を出産の予定で……」とおっしゃっていたが、きっと安産だったにちがいない。

この日以来、もういちど、あのお二人に会えないものかと、『君の名は』のマチコのように、あのドーナッツ屋の前まで行ってみるのだが、まだ再会できず。このドーナッツ屋は、コーヒーがおいしいので、コーヒーを飲みにいって、見かけたテンちゃんでした。

まんがいち、まんがいち、このブログを見てらしたら、飼い主さん、また、あのドーナッツ屋さんにテンちゃん連れてらしてね。
※かわいい女性だった=アイドルタレントみたいという意味のかわいいではなくて、性格がきれいなかんじ。他人を意地の悪い目で見ず、他者のよいところ、ものごとのよいところに目を向けるかんじの方。犬の名前や年齢を訊いたり、写真をとってよいかと訊いたりしただけの短い会話のうちに、ああ、もっとこの人といっしょにいたいなあと思わせるような女性だった。もちろん外見も、つるつるした肌とつやつやした髪をこざっぱりとショートカットにされていてとてもかわいかった。

(2011・1・13記事再録)
狼のいる動物園・多摩
多摩狼・人ナシ(小さいサイズ).JPG←ヨーロッパ狼。多摩動物公園。
狼や犬はあちこち走り回るのが好きだと思うのだが、敷地はこんなくらいでいいのかなあ。
ウルトラQ怪獣ガマクジラとベイブ
ウルトラQにガマクジラという怪獣がいる。モノクロだったので怖いというかキモチ悪い印象があった。海辺で水着で寝そべっている女性ばかり襲われるシーンからはじまり、汐をふくとか舌を使うとか、なんかヤラしげだし。

「なぜ女性ばかりが襲われたのかしら?」。ウルトラ隊員たちも考えた。答えは、この怪獣、真珠が大好きだったのである。はなしの展開はすっかり忘れたが(なにせ50年近く前に見たきりだし)、私はたしかこれで「豚に真珠」ということわざ(?)を知ったように記憶しているのだが……。

なんでこんな話をするかというと……。
こないだある公園を歩いていたら、豚を散歩させている人と出会ったのだ。ミニ豚という種類だそうで、「お手」というと、ちゃんと「お手」をしていた。「つがいで飼っているのですが、大きいので♂と♀と別々に散歩させないとなりません」とのこと。
珍しいので写真を撮らせてもらった↓。

豚を連れて散歩.JPG
シベリアン・ハスキー大好き大好き!/姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
シベリアンハスキーの小犬「詰め合わせセット」みたいになっています。
あまりのかわいさに涙が滲んで血圧が上がります。
http://plaza.rakuten.co.jp/ytonline/diary/200705010000/