姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
わたなべまさこ先生、最高! / イライザ、ネリー、イサドラ、ベッキー、いじわるな娘がいてこそドラマはおもしろいのですが、、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
text by 姫野カオルコ(ネリーやイライザでここに来た方はご存じないと思うので、他の方が紹介してくださっているサイトをご案内しておきます→姫野カオルコを検索する )

さて、↓をクリックすると、ネリーの現在(2018年)が出てきます。
オルソン夫人の娘のネリー。
雑貨屋で、金髪でタテロールにした髪を、サテンのリボン(青が多かったかな)で結んでいた彼女です
https://www.nbcnews.com/think/opinion/playing-nellie-oleson-little-house-taught-me-why-you-should-ncna919696

このネリーはママ(オルソン夫人)とペアでローラにいじわるするんですが、
この二人の傍には つねに「いさめ役」の旦那さん(ネリーのパパ、雑貨店の店主)
がいたので、
そうそう「いじわるのかぎりを尽くす」
ということはできなかった。

放映していたのがNHKだけあって、
NHK的ないじわるの範囲
にとどまっていました。
菊池寛の「納豆」みたいに、修身の教科書的ないじわるでした。
これが大映だったら、もうちょっとエグいいじわる娘をやってくれただろう。

それでもネリーは「大草原の小さな家」をおもしろくしてくれました。
私はいつも「大草原の小さな家」を見るときは
ローラはどうでもよくて
ネリーの青い目とたてロールの金髪と
あのサテンのリボンの光沢に目が釘付けでした。

みんな、そうだよね?
ちがう?
ネリーの鼻は、ライオン型の鼻梁で、
これがボーイッシュなのに、
目はガーリーな、ぱっちりした青い目。
プラすマイナスがうまくできてて、とてもチャーミングでした。

この鼻は、「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」の女の子の
鼻、あとは梅宮アンナの鼻もこれかな。

美人という設定だけど、デッサン的には、「美人というよりはかわいいタイプ」
という顔だちだと思う。

なので、よけいに
「いじわるのかぎりを尽くす」
には、迫力がかける。

そこいくと
やはり!
90歳を超えても連載を開始された
奇跡のわたなべまさこ先生の手にかかったいじわる役は

しびれにしびれる
もう、なんとかして
北朝鮮の太った書記長の妹で、いま「ドMホイホイ」と異名をとる人
よりも、きょうれついじわる美女にしたてあげられます。

ああ!
わたなべまさこ先生、最高!
わたなべ先生の描く、いじわる女は、もうネリーなんか、
もしかしたら、サッカレーのベッキー(虚栄の市)も負けるかもってくらい
魅力的 。世界一です。

古くはピンキーピンカム、そしてクィーンはなんといってもイサドラ・モーガン!
ストラスフォード城のっとり女。

なにがすごいって
わたなべまさこ先生の描く金髪を見たら、マゾッホももだえたのではないかってくらい
魅力的なこと!

そこいくと
「キャンディ・キャンディ」(まんなかのハートが表記できず)
のイライザさんは
いまいち、「たんなるいじわる役」に配置されていて
魅力という点では、やはり、キャンディに負けてるんで、

そこが「いじわる娘ベスト」をやると、知名度があるからベスト10入りするかもしれないけど
私としては、
「キャンディ・キャンディ」という漫画の出来とは別に、
いじわる娘に特化した場合、ハズレるなあ。


里中満智子先生の描くいじわる娘も
里中先生が基本的にまじめで前向きな方なのか
ジトジト、ジメジメではなく
「過失としてのいじわる」
「できごころとしてのあやまち」
「つい、カッとして」
であることが多い。

やはり、わたなべまさこ先生の
だれかがまねしようとしても、どうしても出ない、あの、
ジットリとした
「エロさの輝くいじわる娘」には、ダイナマイト級のおもしろさがある。

ああ、まさこ先生、最高だ!
大好き大好き!
どうかお元気でいつまでも!



日本薬科大学 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
船山信次先生の講義が聞けて、日本薬科大学の学生さんはいいなあ。(もう退官なさったとしたら「講義が聞けてよかったなあ」)

船山先生みたいな人がお父さんだったらどんなに幸せな子供時代だったろう。。。
なんだか、とても「あたたかーな話し方」をなさるのだもの。
去年、船山先生の講義をずっとラジオで聞いていたのですが、
声しか存じあげなくて、

3-7のニシボリの若旦那(同級生、若旦那はあだ名)みたいな風貌を想像していた。

今年、また連続講義をもう一回聞いて、ますます「いいなあ、こんな先生の子供に生れたかった」と夢みてしまい、画像検索したら、ニシボリくんの顔とはぜんぜんちがった。

声だけ先に、それも10回以上の連続講義みたいに長く聞いていて、
あとで顔を知ると、びっくりするよね、なんとなく。

落胆するという意味じゃないですよ!
声から、すっかり顔が頭にできあがってしまってるんだよね。
それで、あたりまえだけど、その想像とはちがう人が出てくるので(検索すると)びっくりする。

倉本一宏先生は、Gアラートに名前を入れてるくらいファンなのですが、いまだに(顔を知った今でも)
なんか、「この顔ではない」と思ってしまう。


〜姫野カオルコ(小説家)http://www.news24.jp/articles/2014/02/21/07246235.html
辰巳 琢郎、ポルナレフ、ラジオ深夜便、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
2月末から、朝から晩まで机にかじりついている。長編を書いてて。
ずーっと書いているので、自分で思っている以上に、興奮しているらしく、昨夜、心臓がものすごいどっくんどっくんどっくんとなって、息苦しくなって目が覚めた。

左足が大腿部からふくらはぎまで、一直線つって、うごけなくて、ごろごろところがるように床におりて、つるのをなんとかしようとする。いたかった。
それでも心臓がどっくんどっくんどっくんと大きく動くのがわかって、やっと水が飲める状態になって、水を飲んだ。

落ち着こうと思って、ラジオをつけたら、(はやねはやおきなので、11時ごろねたのにまだ12時すぎで、ラジオ深夜便で、辰巳 琢郎さんが出てきて、青春時代を語った。

同い年らしく、ラジオ講座で勉強したこととか、出てくるアイテムがぜんぶいっしょで、

それで、リクエストが、ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」で、 「この人の歌がラジオで流れたとき、ほんとうに衝撃だった。ものすごく深夜にあの声がしみるんです」というようなことをおっしゃっていた。
なんと、ちょうどねるまえに、原稿にポルナレフのことが出てくるシーンだったのて、おちつくどころか、ますます興奮してしまって、

もういちどねつくのに苦労した。

昨日のラジオ深夜便でかかった「シェリーに口づけ」は70年代のアレンジとはちがったと思う。
新しいアレンジだったと思うのですが、ポルナレフファンの方できかれた方、あれ、もしかして、みなさんがフランスに団体で行かれたときのバージョンとかですか?

by姫野カオルコ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45117640S9A520C1BE0P00/
渋谷のシネマヴェーラに行く人は注意が必要。男性客の9割がトイレのあと手を洗わないらしい。 〜姫野
シネマヴェーラの客層は70代以上の男性が多い。
道で立ちションがあたりまえだった世代なのか、学園闘争でバリケードはっていて、小便後に手を洗わない習慣を身につけたのか、男性トイレで観察した男性客の調査によると、9割が手を洗わないらしい。

そのせいなのかどうか、シネマヴェーラのシートがオ○ッ○臭いのは、なんとかならないものだろうか。
みんな気にならない?
クッションもぼこぼこだし。
低予算でがんばってくれている映画館だから、これからもがんばってほしいのだけど……。
やっぱ、動画配信もいいけど、「映画館でみんなで見る」って、いいよね…。
滋賀県立高校 tw.姫野カオルコ
姫野くんが死んじゃったよ。高校の同級生からメールが来た。
痩せてて背が高くて、顔は内藤陳と草刈正雄を足して割ってルートしたような顔で、およそ文芸とか文学とかってガラじゃなかったが、所属は文芸部で(帰宅部として入部したと思われる)。
私が2−4で、いつもマスクしてなにもしゃべらないドヨーンと沈んだクラス作りの張本人だったイチオ先生のクラスで、姫野くんは2−3で若手で明るい声の大きな井上先生のクラスだった。

姫野くんと廊下ですれちがった瞬間、ひらめいた。
「この人は学校の壁の中に入り込んでしまうSFの主人公にするとよい」
と。
それでダーッと短編を書いた。サナエちゃんを描いた人のように大学ノートに(裏表紙じゃなかったけど)。
すごくいいできだ、と我ながらおもった。
月日がたっても、よいできで、いまでも持ってる。

久太郎君とプッチと姫野くんと、この三人の顔(外見)は、とにかくストーリーを喚起させる顔だった。

姫野くんとは、在校中も話したことなく、卒業してからも話したことなかった。
それに、姫野くんて、本というものを一冊も読んだことのないような人だったので、なにか機会があって話したところで、なんの会話もできなかったと思う。

そんな姫野くん、死んでしまってかなしい。
こないだ中学の同級生が死んだしらせを受けたとこなのに。
中学や高校のとき、死ぬなんてことは、自殺とか難病でないかぎり、関係ないことだった。
それがこの数年、学校でおてんばだったり、悪さばかりしてたりした女子や男子が、つぎつぎと死んでしまって、哀しい。

(注)2010/1/8ブログ再アップ
林真理子、夜 ふけ なわとび、怖い、壊れたレコード 、だれにとっても tw.姫野
林真理子さん連載エッセイ「夜ふけのなわとび」、週刊文春12月26日号のエピソードが怖い。だれもが他人事ではない。そして、だれもが、こうなることを防ぎようがない。今の医学では。

憎いみうらじゅん、京都新聞2016年6月4日、朝日新聞be、姫野のウラのウラに、いや私が彼のウラのウラなのか、宗主国人だから
年末になり部屋の掃除をしていたら、2016年6月4日、朝日新聞日曜版「be」が出てきた。四つ折りになって本棚の奥に入りこんでいた。なんだろうと思ったら、私がナショナル炊飯器の思い出のエッセイを寄せていて、その次の次のページに、憎いみうらの「共学じゃなくて男子校で救われた(かも」という意見が紹介されていた
〜姫野カオルコ
米倉良子とか黒木メイサのほうが、ぽんたカードはまちがい、タヌキを飼う人と会った fm姫野カオルコ
こないだ、夜(6時半とか7時ごろ)に、タヌキを散歩させている人を見た。はじめ、アライグマかと思った。尋ねたところ「タヌキです」と。

長野県の林で、怪我をしているタヌキを見つけて、病院に連れていって、手当てをしているうちに、(ある期間まではあずかっていてよく、その期間のあいだに飼うか飼わないかを決めるのだそうだ)、なついたので、そのまま飼うことにしたのだそうだ。

性格は個体差がはげしいい。「このタヌキはおとなしくて、よくなつきます」とのこと。二週間に1回、シャンプーをする。毎日、タオルシャンプーでふいてやる。これくらいの手入れで体臭は気になるほどではないそうだ。吠えない。たまに「きゅうー」と切ない声をあげるくらいだそうだ。

散歩は、トコトコ、犬のようにサイドウォークしてはくれないので、ペットカートにのせて外を見せながらいっしょにあるいてやり、ところどころ、広いところでリードをつけておろして、歩かせ、またのせて…だそうだ。

犬とすれちがっても、吠えないし、あばれたりしない。が、犬のほうが、「なんだよなんだよ」という態度でさわぐことが多いそうだ。

タヌキをあんなにまぢかで見たのは初めてだったので、つい、いろいろと質問責めにしてしまった。

まじまじ見て思ったことは、タヌキというのは、決して、ぽんたカードのイラストのような顔はしていないことだ。米倉良子とか黒木メイサみたいな顔をしている。

(姫野カオルコ)
見た目年齢80代 姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
こないだ80代に見られた。
髪は大学生のころからシラガが多く、いまでは「あわてて司馬遼太郎のふりをしようとしたひと」になっている。司馬遼太郎に化けようとしてカツラをあわててかぶったが、黒い下半分が隠せてないかんじ。
全頭が司馬遼太郎なら、頭部が明るくかろやかになるのだが、上下でブチだとかっこわるいので、司馬遼太郎部分を染める。
しかし、まとめ髪にしていると、司馬遼太郎が突然あらわれるので、ピンを使ったりすると、ああもう、いやだ、めんどくさいー!とムカムカしてハラがたってくる。もうよいっ、と思ってほったらかしにしておく。

そして、そういう頭で駅のホームでストレッチをしていると、むかし、国語の教科書(光村書店のやつだったと思うが)にのっていた「おばあさんの体操」になる。

「80代の方の洋服はこちらでございます」と店員(35歳くらい)に案内された。「あーあ、私は80代に見えるのか」とがっかりしたが、そう見えるのならそうなのだと思い、服を見た。ざんねんなことに80代向きの服は、私にはどれも小さい小さいので、それが困る。

(姫野カオルコ/姫野嘉兵衛)






義経千本桜、すし屋の段 fm姫野カオルコ(嘉兵衛)
神奈川県立なんとかホールに義経千本桜(文楽)を見に行った。
劇場ニガテなので(どでーんと、ふんぞりかえる姿勢になるような椅子が設置されていることが多い。これだと腰が痛いため)、後ろや横に人のいない席をとるのがたいへんだった。
うしろでもよいから、自分のせいでまわりの人が見づらくならないかしらと気にしながらみなくてすむところで見たいのだった。

文楽が好きというのではなくて、平家物語が好きなので、国立劇場のは忠臣蔵だったから、神奈川県のほうにした。私がのぞむような席は安い席になるので、よかった。
夜の部まで見ると、しずやしず、の踊りの場面が入ったので昼の部だけで帰った。昼の部はすしやの段だった。

歌舞伎より文楽のほうが好きです。理由は、小さいころからお人形がなにかするのが好きだからです。蝋人形館も、各地にある秘宝館も。
(姫野嘉兵衛=姫野カオルコ)