姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
日経新聞、6月13日、随想、姫野カオルコ、 著者紹介(幻冬舎→)http://kogawebfactory.o.oo7.jp/prof.html
姫野カオルコ(小説家)
過去にメディアに出たプロフィール↓
https://himenoshiki.com/himefile/prof.htm
続きを読む >>
暮しの手帖 、姫野カオルコ 公式へつづく https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
公式サイト「最近況」、また更新されています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

by KOGA工房
姫野カオルコ、新刊ムック 、 公式へ続く https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
新刊アンソロジームックのおしらせが「公式サイト・最近況」に出ています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

by KOGA工房
鼻を整形しているとできない写真 tw.by 姫野カオルコ


鴨長明のライフスタイルめざし、どんどんモノを捨てているのですが、難しいのが本と雑誌類。
整理してたら、古い週刊現代の写真が出てきた。31才のころかな。「ひと呼んでミツコ」出したときの写真のファックスだ。当時はファックスが瞠目の便利さだったなあ。
ファックスって時日経過でまっしろになってしまうが、本のあいだにこそっとはさまっていて白くなってなかった。
異才・姫野カオルコさん と書いてくださっている。新しひ文学の旗なき騎手、抱腹絶倒。
丸ベル堂ふうのポーズをたくさん撮ってくださった(撮影は山田慎二さん)のだけど、終わったあとで、私がしてみた顔の写真を、編集者は「おもしろい」ということで選んだ(すみませんが、この写真にしたいとファックスが来たのだった。
この顔は鼻をまげないといけない。鼻にシリコン入っている人は、こういう顔をするとき怖いのかなあ、どうなんだろう。私は、整形には大賛成なのだけど、こういう顔をしたりできるんだろうかとか、そういうことがものすごく気になって怖くて。だから、整形できる人というのは、キモのすわった人なんだと思うので、そのレベルに達しているというだけでもうらやましいのである。

そのうち(整形もしないまま)、ベル麻痺になってしまい、いまは、この顔をしようとすると、片頬がうまくふくらませなくなってできなくなってしまった。〜姫野
滋賀県市立中学校時代、ジェーン・バーキンに似ているとハ×ズミさんに言って怒られ / 羽賀研二 意外な似ている人
サラダパン、恵比寿、カラオケ、滋賀県出身の店員さん
読者の方からおしらせをいただきました。
3人さんで恵比寿駅某カラオケボックスに行かれたそうです。

3人さん(A、B、C)で「サラダパン」の話をしていたところ…。
店員さんがドリンクを運んでくる。
A:(店員さんに向かって)唐突ですが、琵琶湖って何県にあるかご存知ですか?
店員さん:滋賀県(間髪入れずに即答)

3人: おおー!!!パチパチパチ(拍手)
(注・2019・12・14の記事=都内飲食店にて、同じ質問をして2店つづけて、「知らない」という回答を目の当たりにした旨の記事……を読んでいたので)

B:ご出身どちらですか?
店員さん:滋賀県長浜市です
3人:おおおおおおーー!
B:サラダパンって食べたことありますか?
店員さん:ありますよ。学校では給食でも出てます!
3人:おおおおおおおおおおおー!

イケメンの店員さんだったそうです。「サラダパン、子どものころはあんまりだったけど、おとなになってからすきになった」とのことです。

〜tw.by姫野←クリックしてね!
介護する人の心の中を綴る『風のささやき(単行本題『もう私のことはわからないのだけれど)』/姫野カオルコ・京都新聞インタビュー

 京都新聞8月9日8面《本を語る》
『もう私のことはわからないのだけれど』インタビュー(抄)
---------------------------------------------------------
 表紙を開くと13人の名前と年齢、居住地。
 13人が吐露した気持ちを一冊にまとめた。
 家族との赤裸々な関係が浮き彫りになるのは、介護や病気だけではない。


「家族とは仲の良いものだ」との既成概念に縛られ、正直な気持ちを誰にも打ち明けられない。
そんな人も多いと姫野さんは感じる。介護体験記ではなく家族体験記だという。


「親の介護などはまだ現実的でない年代の人たちが読んでも、当てはまるものがあると思います」


登場人物のプロフィルも含めてまでが小説。
最後の注釈を見るまでフィクションと気付かないほど、リアリティーに富む。
姫野さんが、「この本を届けたい」と思う人は、

「この本を届けたいと思うような事情を抱えている人」。
「抱えている事情のために日々の生活がつらい.人」。

「こういう方は、余裕がないんじゃないかと思うのです。家族仲もそこそこによく、親御さんもまだ元気で、本人も元気な人とはちがって」
と想像した。


「オーソドックスな形式の小説だと、物語の背景や人間関係をひとつひとつ頭に入れながら、長々と続けて読んでいかなければなりません。


ひっきりなしに病人や施設から呼び出される事情のない人にはわからないかもしれませんが、こんな事情を抱えている人が長編小説を読む集中力をキープするのはたいへんなことです。


また、年齢的に、小さい字やたくさん文字のつまったページが何ページもつづくのを見るだけで、目と頭が痛むという人は多いのです。でも、新聞の投稿欄なら読める」

だからそのかんじで読めるような文体にし、末尾にプロフィルを付けるスタイルにした。
造本についても考慮した。

「こういう事情のある方は、しじゅう家と施設や病院を行き来するので、荷持がある。雑多なものが
鞄にごちゃごちゃ入っている。文庫だとぐちゃっとなってしまう。
鞄にぽんと入れやすいく、かつ、老眼鏡なしで読めるサイズ(造本)になるよう、工夫に工夫をして、この形態にしました。」


登場する人たちは、まっすぐに自分の気持ちを語っている。
「本を手に取った人は、どうかこの本の前では遠慮なく愚痴を言ってほしい。この本の前では愚痴を言ってくださっていいのです」
 自身も病気の家族を抱え、自身も闘病中の姫野さんからの切なる願いだ。


(取材日・2009年7月14日)


https://www.kadokawa.co.jp/product/201007000037/
*****
『もう私のことはわからないのだけれど』(日経BP社)は、現在は、角川文庫に収録されて『風のささやき〜介護する人への13の話』に改題されています。
https://www.kadokawa.co.jp/product/201007000037/

改題理由は、『もう私のことはわからないのだけれど』というタイトルを「恋愛小説だ」と思う人がいたため。文庫化されてさらに一年たった現在は、『もう私のこはわからないのだけれど』というタイトルで「恋愛小説だ」と思うような人は、「女性作家は全員、恋愛小説だけを書いている」というイメージしか持っていない人なのだから、べつに改題する必要はなかったような…。(姫野談)

(注/2012年11月22日ブログ再アップ)
三人の逞しい女、週刊文春、書評・姫野カオルコ
『三人の逞しい女』マリー・ンディアイ著、小野正嗣訳 の、姫野カオルコ書評、『週刊文春』9月5日号、P105
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/11835

(KOGA工房)
(姫野カオルコtw. )江ノ島とびっちょのたたみいわし、仙台市青葉のあげもちから、ありがとうございました、B&B
B&Bのイベント。
たたみいわしのプレゼント、ありがとうございました!
山椒のやきもち(あられ)、ありがとうございました!

画像アップがすぐできない。後日に。

(姫野カオルコtw )1日の、参加者と交流長めのイベント、まだ空席あり。くわしくはブログで
B&Bは、ミニイベントスペースです。
「本屋×××のイベント」と聞くと、けっこう多くの人が、「なんでお金がいるの?」と思われるんじゃないかな?
「作家が書店でサイン会=本を買った人はサイン本をゲット」だから、このカンカクでいくと、「なんでお金がいるの?」と。

いや、1日はサイン会じゃないんです。
はしょって言えば、「B&Bイベントスペース(本も売ってはいるけど)」

ここを会場にして、植野広生(食の月刊誌『dancyu』編集長)さんと、「あれをこうして食べるのがおいしい」「これを飲むならぜったいあれだ」「どうして、それ食べるときに、ああしないのだろう」とか、

もっともっとおいしく食べる方法や工夫について、食い意地バクハツのトークイベントです。

会場を借りておこなうので、すみませんが入場料がかかります。
狭い会場なので、参加者のみなさんとの交流の時間も長めに設定されているようです。
まだ空席がありますので、ぜひご参加ください。

・2019・8月1日(木曜)
・夜8時〜10時まで(開場=夜7時半)
・本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料
■前売1,500yen + 1 drink order
■当日店頭2,000yen + 1 drink order

予約は下記サイトから↓
http://bookandbeer.com/event/20190801/

公式サイト・最近況にも会場からのおしらせが出ています↓
「公式サイト」の「最近況」で。ここです。