姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
介護する人の心の中を綴る『風のささやき(単行本題『もう私のことはわからないのだけれど)』/姫野カオルコ・京都新聞インタビュー

 京都新聞8月9日8面《本を語る》
『もう私のことはわからないのだけれど』インタビュー(抄)
---------------------------------------------------------
 表紙を開くと13人の名前と年齢、居住地。
 13人が吐露した気持ちを一冊にまとめた。
 家族との赤裸々な関係が浮き彫りになるのは、介護や病気だけではない。


「家族とは仲の良いものだ」との既成概念に縛られ、正直な気持ちを誰にも打ち明けられない。
そんな人も多いと姫野さんは感じる。介護体験記ではなく家族体験記だという。


「親の介護などはまだ現実的でない年代の人たちが読んでも、当てはまるものがあると思います」


登場人物のプロフィルも含めてまでが小説。
最後の注釈を見るまでフィクションと気付かないほど、リアリティーに富む。
姫野さんが、「この本を届けたい」と思う人は、

「この本を届けたいと思うような事情を抱えている人」。
「抱えている事情のために日々の生活がつらい.人」。

「こういう方は、余裕がないんじゃないかと思うのです。家族仲もそこそこによく、親御さんもまだ元気で、本人も元気な人とはちがって」
と想像した。


「オーソドックスな形式の小説だと、物語の背景や人間関係をひとつひとつ頭に入れながら、長々と続けて読んでいかなければなりません。


ひっきりなしに病人や施設から呼び出される事情のない人にはわからないかもしれませんが、こんな事情を抱えている人が長編小説を読む集中力をキープするのはたいへんなことです。


また、年齢的に、小さい字やたくさん文字のつまったページが何ページもつづくのを見るだけで、目と頭が痛むという人は多いのです。でも、新聞の投稿欄なら読める」

だからそのかんじで読めるような文体にし、末尾にプロフィルを付けるスタイルにした。
造本についても考慮した。

「こういう事情のある方は、しじゅう家と施設や病院を行き来するので、荷持がある。雑多なものが
鞄にごちゃごちゃ入っている。文庫だとぐちゃっとなってしまう。
鞄にぽんと入れやすいく、かつ、老眼鏡なしで読めるサイズ(造本)になるよう、工夫に工夫をして、この形態にしました。」


登場する人たちは、まっすぐに自分の気持ちを語っている。
「本を手に取った人は、どうかこの本の前では遠慮なく愚痴を言ってほしい。この本の前では愚痴を言ってくださっていいのです」
 自身も病気の家族を抱え、自身も闘病中の姫野さんからの切なる願いだ。


(取材日・2009年7月14日)


https://www.kadokawa.co.jp/product/201007000037/
*****
『もう私のことはわからないのだけれど』(日経BP社)は、現在は、角川文庫に収録されて『風のささやき〜介護する人への13の話』に改題されています。
https://www.kadokawa.co.jp/product/201007000037/

改題理由は、『もう私のことはわからないのだけれど』というタイトルを「恋愛小説だ」と思う人がいたため。文庫化されてさらに一年たった現在は、『もう私のこはわからないのだけれど』というタイトルで「恋愛小説だ」と思うような人は、「女性作家は全員、恋愛小説だけを書いている」というイメージしか持っていない人なのだから、べつに改題する必要はなかったような…。(姫野談)

(注/2012年11月22日ブログ再アップ)
三人の逞しい女、週刊文春、書評・姫野カオルコ
『三人の逞しい女』マリー・ンディアイ著、小野正嗣訳 の、姫野カオルコ書評、『週刊文春』9月5日号、P105
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/11835

(KOGA工房)
(姫野カオルコtw. )江ノ島とびっちょのたたみいわし、仙台市青葉のあげもちから、ありがとうございました、B&B
B&Bのイベント。
たたみいわしのプレゼント、ありがとうございました!
山椒のやきもち(あられ)、ありがとうございました!

画像アップがすぐできない。後日に。

(姫野カオルコtw )1日の、参加者と交流長めのイベント、まだ空席あり。くわしくはブログで
B&Bは、ミニイベントスペースです。
「本屋×××のイベント」と聞くと、けっこう多くの人が、「なんでお金がいるの?」と思われるんじゃないかな?
「作家が書店でサイン会=本を買った人はサイン本をゲット」だから、このカンカクでいくと、「なんでお金がいるの?」と。

いや、1日はサイン会じゃないんです。
はしょって言えば、「B&Bイベントスペース(本も売ってはいるけど)」

ここを会場にして、植野広生(食の月刊誌『dancyu』編集長)さんと、「あれをこうして食べるのがおいしい」「これを飲むならぜったいあれだ」「どうして、それ食べるときに、ああしないのだろう」とか、

もっともっとおいしく食べる方法や工夫について、食い意地バクハツのトークイベントです。

会場を借りておこなうので、すみませんが入場料がかかります。
狭い会場なので、参加者のみなさんとの交流の時間も長めに設定されているようです。
まだ空席がありますので、ぜひご参加ください。

・2019・8月1日(木曜)
・夜8時〜10時まで(開場=夜7時半)
・本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料
■前売1,500yen + 1 drink order
■当日店頭2,000yen + 1 drink order

予約は下記サイトから↓
http://bookandbeer.com/event/20190801/

公式サイト・最近況にも会場からのおしらせが出ています↓
「公式サイト」の「最近況」で。ここです。
(姫野カオルコtw. )8月1日のイベントは、レシピの実演もする予定、参加者のみなさんとの交流時間も長めの予定
実演(『何が〃いただく〃ぢゃ!』に出てくるレシピの)もする予定。
ただ、季節がら、食中毒を避けるために、ぜんぶを実演はできないけど…。
この会場でのイベントの平均よりは、参加者のみなさんとの交流時間は長めにとる予定です(司会進行者の予定)。
(姫野カオルコtw. )8月1日のイベントは、サイン会ではありません。
本屋B&Bは、本屋ってついてるけど、実質、イベントスペースです。だから、一般的な大手書店で、ときどきおこなわれるサイン会ではありません。
本を買って並んでサインして…という会では、ありません。ここのところ注意なさってね。
立命館大学、公開イベント、スタート時間は午後5時半から。
立命館大学、公開イベントの時間と場所↓
2019/7/10 (水)
17:30〜19:30
立命館大学 衣笠キャンパス 存心館309号室

詳しくは「姫野カオルコ公式サイト・最近況」をご覧ください。
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

(KOGA工房)
(姫野カオルコtw. )江口寿史、こころの玉手箱、日経新聞夕刊、ウイークリーリレーエッセイ
日経新聞・夕刊に、「こころの玉手箱」というコーナーがあります。2019年4月19日は江口寿史さんです。
こんなの→https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43557520Q9A410C1BE0P00/
平日連載の、ウイークリーリレー(週で書き手が交代)。
夕刊をとる人は少ないですが、電子で新聞とる人は増えているので、機会あったらよろしく…というのは、このコーナーを私もやることになったので。スタート日なのは後日に「公式サイト/最近況」にて。


続きを読む >>
うっかりしておりました。AERA、昨日発売になったそうです。(文春担当編集)
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
(姫野カオルコtw.)私はAERAに出てるんだろうか? 見たというメールが来たが…
出てるのか?去年の秋に受けた取材だったのですが、なにせ高所恐怖症で、写真とるときブルブルふるえていた。
横断歩道橋の手すりにもたれてくださいとカメラマンさんに言われて、こわくて身がすくんだ。「こんなとこいやよ」と言えない。

だって、芸能人とかモデルでもないのに、こんなとこいやだと言うと、ロケ地に文句つけてるみたいで「このぶさいくなばばあがなにをわがまま言ってるんだ」と思われるのではないかとびくびくするではないか?

大慌てで家を出てきて(朝、頭が痛かったので熱いお湯を頭からかけてみた。すっきりするかと思って。そして時間がなかったので、そのままタオルで髪の毛ふいてたら、まとめてるヒマがなくなってしまった)

大森さんと豊崎さんのトークショーのあった日で、着慣れないスーツを着て、履き慣れないふつうの靴(運動靴ではない靴)をはいたら、足が痛くて、不安定な足で、こわいこわい高い高い歩道橋に立つのは、ほんとに怖かった。髪の毛もうざかった。

前々から思うのだが、著書についての取材は、担当編集者が出てほしい。文藝編集者ってきれいな人ばっかりなんだよね。ほんとに。ほんとにほんと。これ嘘じゃないよ。ほんとに。ぜったい入社試験のとき「容姿端麗」な人を採用していると思う(密かに)。だから、編集者が取材に出たほうが本が売れるのに。