姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
姫野カオルコ住んでいた町?動画

文庫「純喫茶」は、私が5歳〜10歳のころの体験をもとにした話ですが、その映像かとおもうほど、↓の動画は胸に迫ってくる。たぶん私と同級生のみなさんにも迫るはず。始まりこそ洲崎パラダイスですが、カメラがアップになると、そこに出てくる建物は、みんな見覚えのあるようなものばかり。ああ、マサヨちゃんの家がやってはった映画館や、「あ、これ、〃高柳さん〃の電気屋さんや」と、つい思ってしまうほど1958年。でも、みんなおぼえてないのかな。私はやきつくようにおぼえてる。ビデオでとったみたいにおぼえてる。でも、今日の朝のこと、忘れてる。年寄りに顕著な現象。というわけで、動画をどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=I9iF39c-Hdk

寺山修司、月蝕歌劇団、22日からもやるよ fm姫野

月蝕歌劇団の公式ページは、初めての人にはわかりにくいので、初めての人にわかりやすいように(姫野が、おせっかいながら)お知らせしなおします。

●月蝕歌劇団 聖同盟/幻同盟連続公演 2017年 ※月蝕歌劇団についてはウィキで詳しく見てください。
●演目
寺山修司 −過激なる疾走−
三島由紀夫を目標とした寺山修司の生涯を描き、紀伊國屋ホールで上演された高取英と月蝕歌劇団の代表作。 三島由紀夫の割腹を背景にメフィストと黒蜥蜴が暗躍! 寺山の母、九条今日子も登場、そして寺山の父の戦病死も。衝撃の作品!

●原作=高取英「寺山修司 −過激なる疾走−」平凡社新書刊
●脚本・演出◎高取英
●音楽◎J・A・シーザー


・時=2017年3月22日(水)〜25日(土)
・場所=ザムザ阿佐ヶ谷
・TEL:03-5327-7640 〒166-0001
・東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 ラピュタビル地下1階
●開演時刻
3/22(水) 19:30
3/23(木) 19:30
3/24(金) 19:00
3/25(土) 14:00


&詩劇ライヴ「忘れた領分」
 開演時刻
3/24(金) 17:00
3/25(土) 16:30

●値段
・前売・予約 4,300円 当日券 4,500円 エクリプスの会 4,200円
・24歳以下(受付で年齢確認書提示) 前売・予約 3,800円 当日 4,000円(劇団のみ)
・大学生 3,600円  高校生 2,500円  中学生 2,100円 小学生 1,500円

オレンジvs俺たちに明日はないッス fm姫野

映画「オレンジ」(原作漫画じゃなくて、映画のほう)。これは「主人公高校生だけど小学生向き」の映画。想定観客は小5とか小6の女の子なんだな……と見て思ったんだが…。http://orange-movie.com/

映画「俺たちに明日はないッス」。これは「主人公高校生で高校生〜大人向き」の映画。

クーリンチェ少年殺人事件、ノーカット版、エドワード・ヤン監督 fm姫野

エドワード・ヤン監督の「クーリンチェ少年殺人事件」。1960年代におきた実際の事件をもとにしたドラマ。今回は、ノーカット版で、3月11日から角川シネマ、3月18日から新宿武蔵野館でロードショー公開される。

この映画のすごいところは「主人公14歳〜15歳の中学生だが、想定観客30歳以上」なところだ。これにつきる。中学生が主人公だと自動的に子供向き(ティーン〜20代前半向き)となってしまう日本の映画界の現状が、私は残念でくやしくてならない。中学生が主人公の子供向きの映画もあって、もちろんいいですよ。でも、中学生が主人公の大人向き映画が、なんで、こんなに日本には少ないのか? いや、あるのか?

「純愛日記(スウェーディッシュラブストーリー)」は筋のひっぱり役が中学生だけど、想定観客は完全に大人。はっきり言って、この映画、ティーンが見たっておもしろくもなんともないんじゃないかってくらいティーン客のことは無視して作られている。「ブッチャーボーイ」も主人公は小学生だけど、想定観客は大人。「シリングショット」も主人公は中学生だけど、想定観客は大人。「マイライフアズアドッグ」も主人公は小学生、想定観客は大人。古くは「鉄道員(ピエトロ・ジェルミ監督)」も。

これらはみんなヨーロッパ映画だなあと思ってたら、アジアでも「クーリンチェ少年殺人事件」みたいなのが、ちゃんと作られている。日本映画もがんばってほしい。日本映画で、「主人公は中学生・でもティーン客のことは無視して作った映画」って、あるんだろうか? スタジオジブリのアニメの大半は、子供が主役で、子供から大人までの観客を想定している。そうじゃなくて、子供が主人公だけど、18禁の映画が私は見たい。もちろん幼児ポルノが見たいといってるんじゃないですよ。私は、子供(20歳以下)ほど大人から見ておもしろい鑑賞材料ってないと思うのだが。

profile/ 姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。'58滋賀県生まれ。非大衆的な作風だが独特の筆致で男女問わぬ読者。『昭和の犬』で第150回直木賞受賞。映画と本についてのエッセイ文庫は『ほんとに〃いい〃と思ってる?(角川文庫)』

https://www.amazon.co.jp/dp/B00I0LKUU6/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

☆無料キンドルアプリ↓

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

小林薫(和尚さん)の猫のシーンをもっと長くすれば視聴率が上がる fm姫野

大河直虎の視聴率が芳しくないそうだが、大河の視聴率が悪いことを嬉々として言いたがるメディアが多いからだと思う。本屋さんレンタルビデオやさん靴屋さん、なんでもかんでも「ある1つ(か2つくらい)だけ」に客が来る。なだらかな分散ではなく、1箇所集中なのが今の状態。べつに大河だけが視聴率が悪いわけではないのに鬼の首をとったように言いたがるメディアが多いのはふしぎだ。大河なんか視聴率が悪いほど出来がよいことがよくある。「平清盛」なんか最高だったのに視聴率は悪かった。

NHK大河のスタッフは視聴率なんか気にしないでほしいが、まあ、気にするというなら、小林薫和尚さんが飼ってる猫、あの猫のアップを、もうすこし多くしたら?瞬間視聴率が上がると思う。猫ファンのみなさん、すごくかわいいですよ。一見の価値ありですよ。見てください。

profile 姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。'58滋賀県生まれ。非大衆的な作風だが独特の筆致で男女問わぬ読者。『昭和の犬』で第150回直木賞受賞。NHK大河についてのエッセイも収録された『ああ禁煙vs喫煙(講談社文庫)』↓

https://www.amazon.co.jp/dp/B00CRZPWCC/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

☆無料キンドルアプリ↓

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

 

高橋一生、次回作はこれ、三浦春馬、大河 fm姫野

高橋一生。この人を大河で知った。サリー(おヤングな方に注/サリー=岸部一徳)の息子だと信じて疑わなかった。「二世タレントなんだー」と。調べたら違うんじゃん! よく漫画とかに、そっくりな他人が出てきて周囲がだまされるって設定があって「そんなバカな、他人なんだしさー」と思うけど、漫画級にそっくりじゃないですか?声もそっくり。いやいや、いい味出してて注目してますが。嗜虐心を煽る雰囲気の人だ。次回作は「春琴抄」のリメイクで佐助。「痴人の愛」はちがうと思うし、「刺青」もちょっとちがうし、「変奏曲」でもちょっとちがうし(谷崎じゃないけど)、そうだ、〜とか〜とか〜とか〜とかすると似合いそうだ。〜の部分は、長くなるのでやめときまっさ。

 

同じく大河の三浦春馬。野球選手の新庄に似ていて元気一杯。小さいとき、ひ弱かったのは嘘で、あれは今川義元のにらみをごまかすために仮病でしたってかんじなくらい元気一杯。笛が上手というより、竹刀かなんかで草野球しそうだよ?

profile 姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。'58滋賀県生まれ。非大衆的な作風だが独特の筆致で男女問わぬ読者。『昭和の犬』で第150回直木賞受賞。映画と本についてのエッセイ文庫は『ほんとに〃いい〃と思ってる?(角川文庫)』

https://www.amazon.co.jp/dp/B00I0LKUU6/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

☆無料キンドルアプリ↓

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

柴咲コウ、大河、直虎の衣装に違和感 fm姫野 

直虎の尼頭巾が、きれいすぎないか? いつも農作業したり野山を駆けたりしてるのに、まっしろの、ぴかぴかのつるつる。鼻白むくらい白くてきれい。やりすぎではないか?せめてあの、光沢のある布地をどうにかしたらどうだろう。光沢素材がライトをあびるからポリエステルみたいで。戦国時代なのに。柴咲コウのぱっきりした顔とあいまって、いつも気になる。

周りにはNHK大河を見ている人が、だれひとりいない。ほんとにいない。ドラマ好きで、いろんなドラマを録画して見ている人も「大河は見ない」と言う。なんで?見ないとそんだよ、大河。ふつうなら近くで見られないような美術品とか工芸品とか貸してもらえる大河。私なんかよく、画面の障子や壺、それに帯とか鎧とか刀とかに見入ってしまって話の筋がわからなくなってしまうことがあるくらい。民放とはだんちで、そりゃもう、ぜんぜん違うから。大河見たことない、っていう人も現代には多いが、ほんとにもったいないから、みんな見てください。

ポルノイタリア語判定、田丸公美子さんによる、fm姫野

ポルのイタリア語歌唱を、ここはひとつイタリア語同時通訳の田丸公美子さんに聞いていただこうと…(あ、助詞「の」が「ノ」とカタカナになっているのは「ポルノ」で誤牽引アクセスがあるかもという魂胆です…)…。

※田丸公美子さんのご本も「目からハム」「シモネッタのデカメロン」など、とてもおもしろいので、あとでみなさん検索してお買い求めください。

●さて田丸公美子さんのコメントは↓

『ミシェル・ポルナレフ、なつかしい。じゃ〜遠慮なく末席(末尾?)を汚させていただきます。

イタリア語版、早速聞きました。フランス人にしてはまともな部類に入りますね。決して明確に発音しないので「発音の耐えられない軽さ」は気になりますが、、、、。

Rの発音はどうしても鼻に抜けている、でもこのR発音は北部のスノッブなイタリア人はわざとやるくらいなので許容範囲内。っていうか歌には情感がこもってるから「かわいい」わよ。

ただチョイ聞きするとイタリア語には聞こえないかも。
それよりおもしろいのが歌詞。〃毎回、君が欲しがるものは何でも持っていくよ、僕のちっちゃな愛の花 何年も何年も前から君のことを夢みてた。渚で君を待つよ、Un giorno si Un giorno no,、ある日は待つけど、ある日は待たない、、、ってなんなんだ?正直というか、正確というか。』

●そして田丸さんは、「イタリア人のラブレター」という小咄を紹介してくださいました。この歌を聞いて思い出した小咄だそうです。要約は姫野がいたします↓。

☆小咄「イタリア人のラブレター」

日本人なら、岩清水くん以外にはとてもできない熱烈なことが書きつらねてある。〃早乙女愛よ、きみのためなら死ねる、その火を飛び越えてこいと言われたら飛び越える、きみのためなら如何なる困難も困難ではない。愛してる愛している〃みたいなかんじに。

「地球より大きな愛をこめて ジュリアーノより」などとサインも熱烈。そしてオチ。最後に「明日、雨が降らなかったら会いに行きます」と書き添えてあるというイタリア人のラブレター(爆)。

 

●バブルさん、天地真理が「愛と青春のトルバドール」アルバムを持っている写真、ありがとうございました。田丸さんにも送っておきます。

 

沢田研二、ダニエル・ビダル 、polnareff伊独西三か国語 fm姫野

広島県の臼田さん、今はどうしておられるのでしょうか。臼田さんの筆蹟、私は今でも目に浮かぶなあ。さて、みなさん、ジュリーこと沢田研二が日本語で「忘れじのグローリア」を歌ったように、そのpolnareffがイタリア語で渚の想い出をうたっているんですよ。↓

https://www.youtube.com/watch?v=g0AOXqLSj74

ドイツ語でもうたっている↓

https://www.youtube.com/watch?v=tREgPVKr4OQ

スペイン語でもうたっている↓

https://www.youtube.com/watch?v=NPR-S2GDUW0
 アルゼンチン人歌手によるスペイン語版はこれだ↓
https://www.youtube.com/watch?v=4m4Nt6RfH5E

母国語による本人歌唱はこれだ(仏語・ポル歌唱)↓

https://www.youtube.com/watch?v=HkvK_4Oz3ow

 

イタリア語版、ドイツ語版、スペイン語版、1967年のころ、売り出し中だったpolnareffは、歌えと言われて、一生懸命歌って、でも本心ではやだなあだったんだろうか…とか、まだ20代前半のころの、polnareffにかぎらず、セーネン(青年)というものの、普遍の心理に思いをはせると、自らのその年齢のころ、あるいは自分が憎しみを抱いていただれかのその年齢のころ、などなど、さまざまなことに思いがいき、こうして、ポルナレポートは、いつまでたっても読み終えられなくなってしまうのです。

でも、なんだ、イタリア人やドイツ人やスペイン人には、ポルナレフの歌はどう響いたんだろう? ダニエル・ビダルがたどたどしい日本語で「町を、歩く、…オーシャンゼリゼー」「あ、透き通ってるう(歯磨き粉のCM)」歌ったり言ったりするのに、日本人は「かわいいー」と思ったんだけど、ドイツ人のフラウやスペインのセニョリータは  男のpolnareffのフランスなまりの発音を「かわいいー」と思ったんだろうか?? とくにイタリア語バージョンは、はじめ聞いたとき、「何語??」と(日本人で、かつイタリア語ができない私は)思ったんだけど、田丸公美子さんなんかだとどうなんだろう?それなのに声と息づかい(音への自分の声の乗せ方)だけは、実にpolnareffdなので、よけいに感極まる。

 

ワイルドワンズのヒット曲が日本人にはなじみがあったからつけた邦題なんだろう「渚の想い出」は、私にはポルナレフのひとつの代表的なイメージサウンドなんだけど、実は作曲も作詞もポルナレフ本人ではなくて、歌唱専念なんだよね。私はこれがけっこうショックだった。

中野太、柏原寛司、裁判、「ツ、イ、ラ、ク」映画化募集 etc. fm姫野カオルコ(嘉兵衛) 

●「ツ、イ、ラ、ク」を映像化したい人がいらっしゃいましたら御連絡下さい。

これまでも、この著書には映画化企画をいただいてまいりましたが、実現が叶いませんでした。その理由は、二時間の映画にするために、原作の「あらすじ」になってしまい、そうなると、主演俳優(とくに男)の事務所が「こんな役を、うちがこれから売り出したい若手の××にさせるとイメージダウンになる」と断ってきたり、なにかと問題が出てくるからでした。

私は、映画と小説は=映像と活字は、「別の表現方法」だと考えております。なので、拙著にかぎらず、どんな小説も、映像化するなら、映像化に特化した換骨奪胎が必要になると思います。

●映画と原作者でモメるケースがありますが、私が思うに、「あらすじ」にするから、「こんな改変はいやだ」と著者が言うのではないでしょうか。改変がいやなのではないと思います。エッセンスが変わっていなければ、映像化に向けた作品改変に対して著者 がいやがることは、そうないように思うのですが…。

●すこし前のことになりますが、シナリオ作家協会さんから「原作と同じじゃなきゃダメですか?」という本を受け取りました。それは、映画「やわらかい生活」脚本の年間代表シナリオ集への原作者による収録・出版拒否事件の裁判についてのアンケートが、多くの人に送付され、うち、回答した人に送られたもののようです。私はアンケートを受け取ったさいに、このアンケートに頻出した「下流」「上流」という語句を、どういう意味で用いているのかがわからず、もしかして裁判用語かと、弁護士事務所に質問しに行ってまで回答しようとしたのですが、結果的には「よくわかりません」というような回答になってしまいました。なぜかというと、片方の思いは詳しく記載されているが、もう片方の思いは何も記載されていないので、回答しようがなかったからです。

●このケースについてはよくわかりませんが、ある活字原作を映像化するには、映像化に特化した改変は当然必要だと、私は思うので、それを原作者と映像化サイドで、あらかじめよく話し合いができていれば、あとはもう、餅は餅屋におまかせになると思うんですが、ちがうんでしょうか。

●「ちがいますよ」と言われたことがあります。「改変するには力量が必要なので、だれにでもできるわけではない」と。はっとしました。力量のある人は脚本家にはたくさんおられます。あたりまえです。プロなんだから。でも力量を発揮するには熱情がいる。熱情、モチベーションがいる。それは、愛が産む。「夏目龍之介さんの〃河童の猫である〃が芥直賞をとりましたから映画化します。はい、あなた、〃河童の猫である〃を読んで、脚本にしてね」と言われたからって、言われた脚本家が、その作品が好きでなかったら、エッセンスを残した改変なんてできません。これまたあたりまえのことです。

賞をとった=出資者がいる=映画化できる=脚本書ける人さがそう という流れだと、脚本はおうおうにして「あらすじ」になってしまい、原作者は「いやだ」と思う…ということになるんじゃないかな。

●映画は金がかかる。だから金を出資させようとしたら、どうしても賞をとったものになる。これがよくない結果になる理由ですね。脚本家や監督が惚れた原作を映画化するなら、そのときにどんなに大きな改変があろうとも、「映画は映画、原作は原作」とみんな(観客も含め)思うのではないかと、うーん、楽観的すぎるかなあ。「受難」は原作とはかなりかなり違ってますが、プロデューサーや脚本・監督の愛情を強く感じたので、私は改変はちっとも気になりませんでしたが。(宣伝の仕方には首をかしげたけど)。

●…というわけでですね。もし「ツ、イ、ラ、ク」が好きで映画化したいという人がいらしたら、ご連絡ください。映画化に特化した改変(脚本)の叩き台を、このたび私、もう自分で作りましたので。連絡先は、「姫野カオルコ・公式サイト」です。トップから「連絡方法の(1)ビジネスオファー・KADOKAWA」です。お待ちいたしております。

 

〇同時募集で、森漱石原作((;^_^A)の「高瀬舟、それから」を完全にエロ特化で映像化したいという方がいらしたら、それもご連絡ください。「高瀬舟、それから」は、「桃、もうひとつのツイラク」という文庫に収録されています。単行本じゃなくて文庫のほうです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B015GMOHT6/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1