姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
「結婚は人生の墓場か?」と「ああ正妻」は内容がちがうのですか?−−続きはhttp://only5.himenoshiki.com/ 
(質問)
集英社文庫『結婚は人生の墓場か?』(姫野カオルコ)は
集英社『ああ正妻』の文庫化ではないのですか?
内容はちがうのですか?

(回答/著者・姫野カオルコ)
ちがいます。
結婚は人生の墓場か?』は、巻末に『ああ正妻』を改題改稿したものとあります。
が、作業としては書き下ろしに近いです。

既婚男性に取材を重ねましたのです。
また、単行本は、『小説すばる』に連載していったものを基礎にしているので、
どうしても短編集っぽいでした。

文庫『結婚は人生の墓場か?』は長篇です。
同じエピソードは出てくるのですが、
それは前のデータを利用したものではありません。
(データは削除してしまったので)。

エピソードとして同じものは出てきますが
構成がちがっています。
一冊としてまとまっているので主題も読み手が掴みやすくなっています。

集英社文庫『結婚は人生の墓場か?』
(by姫野 )『岬の兄妹』、見応えは『・・・』の10倍 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
『岬の兄妹』が送られていたことに、今ごろ気づきました。
すみません。すみません。
すごくバタパタしてたときに送られてきて、ほかのものとごっちゃになっていました。
すみません。

見ました。
最近見た映画の中では、『麦秋』と競る見応え。

『麦秋』(小津)とはぜんぜん内容ちがいますし(ほんとにちがいますし、『岬の兄妹』をごらんになった型は、「は?なんで『麦秋』と較べるの?」でしょうけど、たまたま、最近は、個人的に「小津映画見直しウィーク」にしてたもので。。。)

作られた年代も、ぜんぜんちがうのですが、重いテーマなのに、ところどころに なんともしれない風がそよいでゆき、貧困を扱った映画なら、近年、話題になった『・・・』より10倍見応えがありました。

うんこのシーンは、ふだんなら、『シコ・・・』で竹・・人を下痢症に設定しているところなどが大嫌いでちっともおもしろくないと怒るのですが、この映画ではうんこのシーンが本当によかった。

いや、うんこをネタにして、こんなに痛快に展開させた映画がほかにあっただろうかとさえ、思います。

あ、いけない、これだけ書くと、この映画がまるでうんこをテーマにした映画みたいに思われしてまいますね。

いいなおそう。

ほんの ささいなところに、ちょっとだけ うんこが出てくるんですが、
そんなささいなところに、かすかにかすかに救われるところがあり痛快だった、と言いたいのだった。

姫野カオルコ(小説家 ……漫画家ではありません)
http://kogawebfactory.o.oo7.jp/prof.html
 
続きを読む >>
岩田健太郎さん https://bookmeter.com/books/5691569 (byKOGA工房)
〜KOGA工房
岩田健太郎さんが読書メーターに、『受難』のレビューをしてくださっています。
ツィッター(5月19日)にも同文が投稿されています。
https://bookmeter.com/books/5691569
奥 浩哉 : パピコ、少佐はダリア・ビロディドのイメージだなー、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
奥浩哉さんの少佐は、ダリア・ビロディドのイメージだなー、外見的には。12〜13歳のころのダリア・ビロディドのイメージ。いまは育って美しくなりすぎて、少佐よりは大人になってしまわれたので、13歳前後の画像が出てこないけど……。

ダリア・ビロディド
https://spread-sports.jp/archives/13282


〜姫野カオルコ(小説家)

(注・2020・4・4ブログ再アップ)
続きを読む >>
奥 浩哉:パピコ、少佐、かわいいのう、そんなにどん兵衛好きだったんだね… 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
パピコもかわいいが、少佐もかわいい。
びえーんと泣きながら噴射して。

by姫野カオルコ(小説家)
http://kogawebfactory.o.oo7.jp/prof.html
(2020・4月ブログ再アップ)
(by姫野 )福満しげゆき 、育児1巻 、 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
福満しげゆき・「妻と僕の小規模な育児 1巻」(講談社ヤンマガコミックス)
http://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000327927
やっぱり、福満さんはgiftedですね!
前にもブログに書いたように、

(1)「私生活をただ描く」のは、ドラマでは「してはいけないこと」である。
(2)してもよいのは有名人だけ。
(3)もし「私生活をただ描く」なら、「描きよう」にオリジナルな個性が出せる人に限られる。

・ドラマ=小説・漫画・映画・演劇など
・有名人=殺人をおかした人、誘拐されて脱出してきた人、ネス湖で怪獣と戦った体験がある人、など非凡な体験の持ち主。
加えて、時の総理大臣、時のオリンピック金メダリスト、時の芸能界スター(現在、スターは存在できない時代になったので、「テレビによく出ている人」にスケールを縮小)。
有名人なら、どんなに文章がヘタでも、告白すればよい。有名人なら、その日に買った買い物のレシートを公開しても、みんなが興味をいだく。
-------
福満さんは(3)に該当する、希有な漫画家です。(小津安二郎もそうです。紀子三部作など、何一つ事件はおこらない)
今回の第1巻の、ホスト感たっぷりのお医者さんなど、ものすごくよくわかる。

そんなお医者さんに会ったのは、福満夫妻であって、私も読者も、知らないわけですね。そして、それがホスト感たっぷりでも、それはともかく、お医者さんに診察されるときの(あるいは自分の子供が診察されるときの)、だれもが抱く、ある種の緊張感のなかで、ふと、そんなことを考えるカンジというものを、みごとにとらえているので、「わかるわかる」と思って、おかしいわけです。

……と、(あえて)説明するとおかしくなくなってしまうので、もうやめときましょう。

「おいチビやけんなめられるったい」というようなセリフも、こういうふうになると、おかしいわけです。

by姫野カオルコ
https://book.asahi.com/article/12984661

続きを読む >>
堀口茉純 お江戸のほーりー、https://twitter.com/Hoollii/status/1253257424997253120 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
お江戸のホーリー、堀口茉純さんが『忍びの滋賀』をツイートされてます〜!

https://twitter.com/Hoollii/status/1253257424997253120


〜集英社K.I
続きを読む >>
小津安二郎、生れてはみたけれど、死ぬ前のたのしそうなすがた 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』小津安二郎 。
サイレントでも時代を超える佳作で、戦前の東京郊外(「郊外」というワードが一種の流行りワードだったころの)の風景が動画として残った資料としても貴重なものであるが、

何より胸塞がれるのは、画面で、いたずらをし、かけまわり、泣き、寝て、食べて、笑っている、子供たちの大半が、成人してすぐか、成人前に、死んだであろうことである。

昭和7年公開ということは、昭和6年くらいに撮影していた。昭和6年に9歳とか8歳とかである。その後の日本の戦況からして、まさに苦戦のときに招集された年齢である。それも最前線へ。

主要登場人物は生きていたとしても、遠景で、遊んでいる男の子たちの多くが、死んだであろう。特攻隊にいかされて成人前に死んだ子供もいたであろう。

主要子役は、当時の松竹蒲田で、名子役だったそうだが、戦後の消息がわからない人がいる。お兄さん役の子の消息が戦後は不明である。

子役としてならしたなら、復員後には、撮影所なり映画関係者を頼るとか、連絡をとろうとする(職探しのために)と思うし、職を得られなくても消息がわかるように思うのだけど、 わからないのは、おそらく戦死したのだろう。

「生れてはみたけれど」というタイトルは、公開時(制作時)には、別の意味だったのだろうが、今、この映画を見ると、別の意味で胸塞がれる。

〜姫野カオルコ
(小学館新書オクツケのプロフィールをコピペ=姫野カオルコ(ひめの・かおるこ)作家。1958年滋賀県甲賀市生まれ。『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞。『彼女は頭が悪いから』で第32回柴田錬三郎賞受賞。
『受難』『ツ、イ、ラ、ク』『終業式』『リアル・シンデレラ』『整形美女』など著書多数。)


続きを読む >>
サインはV、三宅邦子、 トトやん様がhttps://ameblo.jp/kusumimorikage/entry-12045488896.html、 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
https://ameblo.jp/kusumimorikage/entry-12045488896.html
↑で、トトやんという名前でブログを書いておられる方が……すみません。「という名前で」という言い方が不遜でしたら、どうかお許しください。

姫野カオルコというものです(ウィキ参) 「麦秋」を、世の中のみなさんは、どのようにご覧になったのかなあと検索していて、トトやん様のブログに出ました。


三宅邦子さんが、ふとんの打ち直しを、東山千栄子といっしょにするシーン。
私もトトやん様のように、このシーンでは三宅邦子さんの大殿筋に目が行きました。
やわらかい生地のスカートをはいているので、三宅さんの大殿筋の形が如実に出てるんですよね。

ほかにも、小津映画は、原節子をバックからつかみとるように撮影するシーンがよくありますね。

生活の中にある、日常生活からモレてしまうようなエロスが、小津映画ではよくとらえられているのですが、アラーキーの写真のようにはぜったいなっていかないのはふしぎでもあり、当然でもあります。
原節子が、どうしたってゴージャスなのが、その原因なんだろうと思う。
清純=原田友世(急に時代のちがう女優を出するのは、顔の造作として。原田友世のでわかりにくかったら、さよふくこ)という観念とは、ぜんぜんちがう、顔なのに、とことん(という形容詞をつけたくなる)処女性が、ゴージャス。

「ゴージャスなグラマー」というセットではなくて、「ゴージャスな処女」が、お茶漬けを「おかわり」している(夜更けに)、という、めまいのするような組み合わせが、小津映画の魅力の一つでもあると思います。


そうそう、あの、「なんで、二本柳 寛さん(役名は、矢部だっけ)を選んだか」を、淡島千景と原節子で会話させるところは、私も買いません。
シーンの長さはともかく、もうちょっと、ほかのシーンのようにあいまい〜なやりとりでよかったように思う。
東北弁披露のシーンも、「練習しました」感が出すぎているような。
ここだけ、ちょっとおしい。
…と、私は思うけど、でも、 これくらいしたほうが、「なんで?」と思う観客を落ち着かせるのかな、それでしかたがない、入れよう、と思ったのかな、とか考えたりします。


というわけで、どなたか、このブログを、ととやん様にお伝えください。


〜姫野カオルコ


麦秋 、三宅邦子さん、サラリンの煙突、それに「サインはV」で、麻里さんが自らミスを告白したとき、  続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
『麦秋』の、三宅邦子さん。
私には、便秘薬サラリンのCMで、つまった煙突3本の前で サラリンをおすすめしてくださる姿がもっとも記憶に強い。
それに「サインはV」で、麻里さんが試合中に自らミスを告白したとき、「偉いわ、麻里さん……」とテレビの前でひとりでおっしゃった姿。
(麻里さんのライバル朝丘さんの母親役をされていた)

『麦秋』をつづけてまた見て、「あっ、意外なそっくりさん」に気づいた。これは今年の「顔面相似形」に応募しようと思うが、年々、あのコーナーが、「ちっとも似ていない。たんに写真が目をひくだけ」「たんにふたりともハゲてる」「たんにふたりともメガネ」「たんに二人とも太い」「たんに二人とも、たまたまその写真が、大きな口をあけてるだけ」という、ちっとも似てないコーナーになってしまい、残念なので、応募しするモチベーションがあがらない。

〜姫野カオルコ(ああ、いけない。「サインはV」の話などをして、また、漫画家の人、とまちがわれるですね。゛また、幻冬舎が作ってくれた著者紹介をコピペしておこう)
続きを読む >>