姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
アライグマ、ほんとにアッチャのように大変ですから fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
赤坂でのアライグマ騒動

集英社「すばる」のアンケートに「くりかえして読んだ本は?」という質問があって、そこに「アライグマのアッチャ」かなあと思っていた日にこのニュース。
4歳くらいのころ「キンダー・ブック」で「アライグマのアッチャ」を
続きを読む >>
ニュース | 07:48 | - | -
ユニクロ、ストックホルム出店 fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
ユニクロがストックホルムにできたというニュースが8月に入った。
写真は8月のものであろうが、今は10月20日…。3時でもう暗いよね、ストックホルムは…。

ストックホルムにアパートを借りて住んでいたのは、去年くらいのかんじがするが、ずっと昔なんだな……
続きを読む >>
ニュース | 14:23 | - | -
樋田淳也、いっしょにいた自転車の、滋賀県出身、by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛・滋賀県出
富田林署から逃げた樋田淳也容疑者といっしょにいた自転車の人(40代男性)に、マスコミ各社はさぞやお話を聞きたいだろう。滋賀県出身・同志社大学の自転車ハイカーの学生さんのところにも取材依頼が来ているそうです。

樋田容疑者は、もうこのあとはまじめに刑期を終えるとよいですよ。
いくつかの報道からすると、社交的な人じゃないですか。
営業とか向いてるんじゃないですか?
万引きやって生活してたほどだから手先が器用で、前の刑期中も靴の皮を縫製するの上手だったというから、「身長が高くなる靴」専門店みたいなとこの職人さん兼営業マンをしたらいいのでは。

こちらもついでに
(姫野カオルコ=姫野嘉兵衛)





ニュース | 07:59 | - | -
サルにかみつかれる
野生のサルにかみつかれる事件
「女性ばかり」がかみつかれたり、おされたり(サルにおされる!)している。サルは服装や体臭から性別を判断して、何回かの経験から、腕力が弱いと判断するのか、それとも、サルが出没する時間に、外にいる(買い物や草むしりや畑のていれ)時間には、女性が多かったということなのか、どちらなのだろう。

tw.by
姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)=。作家。
ツイッター、ブログの運営はkoga工房なので、ツイッター宛に返信するとkoga工房に届くのみとなります。姫野への連絡は「公式サイト」から。

 
ニュース | 07:01 | - | -
彼女は頭が悪〜、デヴィ夫人、livedoorニュース、
デヴィ夫人と『彼女は頭が悪いから』、livedoorニュース


ニフティニュースはこちら
ニュース | 08:33 | - | -
20年前に教え子とわいせつ行為の都立高校教諭、
先週のニュースですが、都立高校の教諭が、20年ほど前に、担任していた女子生徒と、肉体関係を持っていたというニュース。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180912/k10011626911000.html

これは…?
先生は今59歳です。19年前は40歳。
女子生徒が高1から高2の終わりくらいの1年半ほど、関係を持っていた。
すると今、女子生徒は35歳くらい。
35歳になって、先生の勤め先の学校の校長に、ずっとつらくつらさに耐えてきたが、耐えきれなくなった、こんなことがあったと打ち明けた、のか、それとも、なにかでわかってしまったのか、どういうことなのだろう?

こういうニュースは、短いので、「59歳の先生が16歳の教え子に手を出した」というイメージとしてだけ受け取ってしまう人が多い。
今、9月でしょう? この先生、たぶん、私と同じ学年(か1年下か、ともかく同世代)だと思うんだよね。もし10月生まれだったら59歳だけど、実質、60歳だよね。

自分の20年前をふりかえると、すごく若かった(元気だった)。
今は膝は痛いわ、血圧はさらに低くなるわ(最高が85という、やる気のない血流…)、なにより小さい字が見えん見えん…

キンドルは、たのむから、判型の大きなやつを出してください。
自宅に置いとく用に。
専用スタンドもいっしょにオプション販売して。

そしたら2ページ見開きで、大型活字で読める……と、このように話題がつるつるっと、よそにこぼれて変わってしまうのが、年寄りの話の特徴だ。
若者よ、おぼえておこう。そして、よそにこぼれたときは、「こぼれましたよ」と注意してあげてね。
ニュース | 10:24 | - | -
日仏友好160周年に知るフランスミュージック、polnareff、Kaoruko Himeno
皇太子様が一人で渡仏された、日仏友好160周年にさいして、ミュージックシーンでも、いろいろとイベントがあるようです。
このサイトでは、フランス・ギャルが「夢みるシャンソン人形」を歌っています。

michel polnareffの長いファンの私ですが、「肌身の一曲」の原体験は、この歌だったと思う。この歌の曲調(コードや展開)のものを耳にすると、なにか、いろんなことが(感覚)がよびさまされる。
中尾ミエの日本語版もまたよくて、日本語版の歌詞もよかった。

(姫野カオルコ)
ニュース | 10:03 | - | -
カレーに毒入れた和歌山の事件、容疑者の家族 
林被告がカレーに毒を入れたとされる和歌山の事件……。
ニュース | 09:05 | - | -
2歳の行方不明児(周防大島)、見つかってよかった、でもなんで尾畠さんだと by姫野嘉兵衛(カオルコ)
周防大島で行方不明になっていた2歳の男の子、見つかってよかった。
なんで、尾畠春夫さん(78歳)だと、見つかったの?
ずっと捜索隊がさがしてたのに。すごいね。超能力みたいだね。見つかってよかった。
ニュース | 10:04 | - | -
星由里子、花登筐、「筐」の字出すのに一苦労したわ、キミヨちゃん、ヨシミさん tw姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

西城さんと同じくするように、星由里子さん亡くならはりましたなあ。合掌。星由里子さんといえば、若大将より、私には「花登筐が再婚しはった人」という印象が強い。全国の、とくにお若いみなさんにはなじみがないでしょうが、花登筐は滋賀県大津市出身の舞台脚本家(その脚本をノベライズした小説も多数)で、大村崑を有名にした番組の脚本を多くてがけ、「加代、この旅館はわてのもんずら」と、あらたまみちよ(もう、変換ウルサイ)より、富士眞奈美さんを有名にした「細腕繁盛記」などが代表作。

 

「〃細腕繁盛記〃はいつも見てたけど、オープニングに大きく出てくる〃花登筐〃が、どう読むんだろうと、いつも思ってた」という(昔は若かった)視聴者は多いのでは?

これが放映されているころに、ちょっと三枚目ふうのとぼけたあじわいで「カレにするなら、沖雅也より、津坂さんのほうがよい」とティーン女子に人気のあった、津坂匡章がまた、「これ、どう読むんやろう?」だったよね。

ヨシミさんが津坂ファンで、「結婚するなら西城秀樹や郷ひろみや野口五郎なんかより、津坂さんがよい」と言っていたので、「この人の名前はなんとよむの?」ときいたら「つさかくにあき、や」と言った。それで、その話を(ヨシミさんはつさかくにあきがタイプだそうだとの旨)言ったところ、キミヨちゃん(ものすごく勉強ができる女子)に言ったら「あれは、つさかまさあき、や」と訂正してくださった。

 

ああ、それで、「細腕繁盛記」の人は、「はなと・こばこ」と読むんだが、pcでこの字を出すときに、「こばこ」で変換しても、もちろん出てこないですよ。「きょう」の音読みで変換しないとならない。だけど、「きょう」っていっぱい候補がでてきて、たたたとスクロールしてるとみおとして「あれ、みおとしたかな」とまたもとにもどって、もうたいへん。

12画、なんで、そのあたりにきたらスクロールを遅くしてください。

オアシスだと、もっと的確に出してくれるけど、このブログ作成はオアシスじゃないんで。

ニュース | 09:01 | - | -