姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
相撲、寺尾 tw姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

 お相撲の寺尾の夢を見た。 「なぜ寺尾の夢を?」と思ったが、「あ、そうか」 と、すぐにわかった。
 小早川さんである。小早川さんの小説を書き直しているので、10月に入ってから私は、日がな一日、彼のことばかり考えているのだ。 泳いでも小早川さん、歩いても小早川さん、食べてるときも小早川さん、もちろん書いてるときは小早川さん。 寝ても覚めても小早川さんである。

 一人の男性のことを、こんなに考え続けるのは、ローティーンのころの恋愛のようだ。11歳〜16歳のころというのは、架空的な人物(ジャニーズとか外国の俳優とかゲームキャラとか)に本気で恋ができる。もしかしたら、……いや、もしかしたらというよりおそらく、そういう恋のほうが現実の、現実の問題がかかわってくる恋愛よりピュアである。
(注/現実の問題=デートのときにどっちが支払いをするか、とか、長男だから姑と同居でいやだ、とか、年収はぱっと見、多いんだけど、よく調べるとそれ税込みだしぃ、福利厚生ついてないしぃ、とか)

 小早川さんのルックスは寺尾に似ている。 「え、じゃあ、すごい美男じゃないですか」と思うだろう。美男なんだよ。ほんとに。でも、だれも美男だと気づかないんだよね。。。 

寺尾に似た小早川さんの小説=「結婚は人生の墓場か?」(集英社)↓

https://honto.jp/ebook/pd_25242979.html
※2009・11・2ブログ再アップ

 

tw.by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)=作家。http://himenoshiki.com。ウィキ=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E9%87%8E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3

ツイッター、ブログの運営はkoga工房なので、 注意!ツイッター宛に返信するとkoga工房に届くのみとなります。姫野への連絡は「公式サイトhttp://himenoshiki.com/→連絡方法」から。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://only5.himenoshiki.com/trackback/1153290