姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
矢代まさこ「トム・ピリピに会った?」続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
矢代まさこは『別冊マーガレット』でよく読んだ。
日本少女漫画史上に特筆される傑作を多く残した人である。
絵柄は、いわゆる「むかしの少女漫画の絵」とはちがった。むかしの少女漫画が一般的だったころから。
『トム・ピリピ会った?』は、矢代まさこの作品の中でもポピュラリティを持つものだったと思うが、『・・・・』は、やはり昭和40年代に、少女漫画とか少年漫画とか関係なく、漫画業界がまだ矢代作品を載せるようなものがなかった。
今なら『スペリオール』に載ってたと思う。

『・・・・』が、ああ、私もトシをとってしまって、タイトルが思い出せない。

街灯のスイッチを入れてゆくバイトをしている子がしいて、 街灯の高さから走る子供と道を描いたコマが秀逸で、お母さんかだったかな、妹だったかな、家族のお骨を白い布でつつんだ箱に入れて歩いていくシーンとか、「泣かないんだ」という表情をしていて、そのコマも胸にせまった。
小学生のころ、矢代まさこが好きだという同級生とか(同世代の子)とか、、親戚の歳のはなれた人にも、いなくて、 感想を言い合えなかったのが残念だった。

2012・4・1ブログ、再婚アップ (by 姫野カオルコ・講談社文庫『ああ、懐かしの少女漫画』)

(★注意)姫野カオルコといいます。漫画家ではありません。姫=性器、カオル=臭う 性器が臭い、という筆名は、小説を書くとか読むとかというのは、そういうことだろうと思って工夫した、志の高い自虐だったのだけど、そうは思われなくて、たんに、「漫画家なんだ」と思われることが多いので、困っています……という結果に。


https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205600

http://kogawebfactory.o.oo7.jp/prof.html