姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(by姫野カオルコ)滋賀県といえば平和堂
いつもの用事があり大津に行って、京都駅内のスタンドで昼ごはんと夕飯を兼ねたようなのを食べようたと思っていた(割引券があったので)が、
滋賀県の友人から電話がかかってきたので、京都ではおりず、平和堂で鯖寿司を買って、施設までのタクシーの中で食べることにした。

そしたら平和堂で大判焼きを売ってるところがあって、串カツがなんとタイムサービスで250円という安さ(5本入り)!いわしの焼いたんなんか100円だ。
でも車の中で食べるのに焼き魚や串カツは不便なのでやっぱり鯖寿司にした。

「安いよ、安いよ」という売り子のおっちゃんが、「大判焼きも買うてえな」とマイクで呼びかけ、「大判焼きも買うてくれたらデートしたげてもええよ」とマイクで、
平和堂にお買い物にやってきた奥様(おばちゃん)に言っていた。

さて。家を出るとき東京はピーカンだった。静岡もよく晴れてて名古屋も晴れてたが……やはり関が原で、暗雲たれこめ猛吹雪。窓の外はびゅうびゅうだった。

「速度落とします」と言われて30分ほど遅れた。
関が原は冬はいつもすごく雪だ。関が原を越して米原でも、やっぱり雪だ。
それが彦根を越えたあたりからしゅーっとおだやかになっていくのがいつもの変化である。
徳川×豊臣のときも、関が原は濃霧だったというから、あのあたりは気候が不安定なの場所なのだろう。

(☆2010・2・7ブログ再アップ)
返信 | 12:42 | - | -