姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
和久田アナ/猪俣英希くん・佐藤悠基さん・出岐雄大くん (tw.姫野カオルコ)
東海大から日清に入社された佐藤悠基くんのファンです。走っているすがた、というか、走っているフォームのファン。画像検索すると顔や全身はたくさん出てきますが、「走っているところ」はなかなか出ないので残念。

「佐久長聖高校って、数学とか古典の授業もあるのかなあ……。なんだか、1時間目=5000m、2時間目=10000m、3時間目=駅伝、4時間目=3000m、みたいな気がしてしまうが……」
と、競走番組を見ているとつい思ってしまう他県民ですが、たしか難しい学校なんだよね、バタビアコースは。

「バタビアコースってなに?」って聞かれた。
大谷高校(京都)にそういうのがあったんだよ(今も?)。同じ大谷高校でもふつうの大谷高校はふつうで、バタビアコースは難しいの。テラダくんはバタビアコースでいだぐんはふつうの大谷だった。テラダくんは教室が男子ばっかりで黒々していやだと言っていた。

前回の箱根駅伝、青山学院の41年ぶりシード権獲得に貢献した出岐雄大くんは、今回の2011年では2区を走りました。小柄な出岐くんは長崎出身で、走る前にはカステラを召し上がるのだそうです。

箱根駅伝で活躍して、現在は早稲田大学の駅伝監督をしている渡辺康幸監督。渡辺監督の「意外なそっくりさん」を発見した! しかも、2011箱根駅伝のスポンサーのCMで! 
渡辺監督の意外なそっくりさん、それは、TOKIOの山口達也。中継のあいまにクロネコヤマトのCMが入ったのだが、ヤマトの帽子をかぶっている姿を見て、となりで見ていた人が、「えっ、これ、渡辺監督?」と叫んだくらいである。(2011・1・2午後1時)

箱根駅伝、猪俣英希くんが画面に映るたび、「一般入試で早稲田に」「一般入試の猪俣」「一般入試で入りました」など、一般入試、一般入試、と大きくアナウンスされていた。今年は早稲田が勝つのかなあ……。
会津高校といえば福島県一の進学校(福島県はちょっと前まで公立でも男女別学が基本でしたが、最近は共学化が進んだようです)。ここから一般入試で早大スポーツ科学部に入学されたのですね。卒業後は三菱商事に就職されるそうです。いまふうのおしゃれなヘアスタイル、顔よし、プロポーションよし、頭よし、性格よし(まじめで謙遜家でひかえめだそうです)で、お母さんも美人(推測。息子さんはお母さんに似るから)で、非のうちどころがないような方ですね。
(2011・1・2・午前11時)



(注)2011・1・2ブログ再アップ


日本女子アナ史上ナンバーワンの美女と書いてあった和久田アナさんの結婚相手は、猪俣くんでしょうかね。
(※2019・8月ブログ再アップ)

〜姫野嘉兵衛(カオルコ)
http://prizesworld.com/naoki/jugun/jugun150HK.htm
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://only5.himenoshiki.com/trackback/1157280