姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
柴田錬三郎賞/タイガース/ピーにまさか祝ってもらえるとは、小学生のころは思いもよりませんでした/姫野カオルコ
柴田錬三郎賞贈賞式にピーさんがいらしてくださって。小学生のころ、まさかピーに祝ってもらえるとは想像だにしませんでした。
*****以下は2009年某日のブログです。再アップします。しかも、この付録、主催の集英社の『りぼん』の付録……。

****2009年某実のブログ再アップ↓******

タイガースのピー1969年「りぼん」の付録。ピー(瞳みのる・元・タイガース〜野球じゃないほう。ジュリーのいたほう〜)のシール


私、ピーが一番好きだった。
解散したときのコメントが新聞(だったか雑誌だったか)に出ていたの、すごくよくおぼえてる。

「芸能界っていやだ。金がなくても金があるふりしなくちゃなんない」


彼はタイガース人気時代にやめていた高校に行きなおすため、定時制に通われて卒業され、
猛烈な受験勉強をして慶應大学に入学。

慶應を選んだのは、私が高校生のと時に読んだ本(柴錬の本)に「柴田錬三郎さんに感動して、柴田さんのすすめでで慶応大学を選んだ」ということが書いてあった。「柴田さんのすすめで漢文をしっかり勉強しろと、それで中国語をいっしょうけんめい学んだ」というようなことも読んだことがありましたが、細かい部分は不明です。

そして慶応大学卒業後は慶應高の高校の国語の先生になられて、古典・漢文の先生として静かに暮らしておられるということだった。それがまた、やっぱり私が好きだったピーはまじめな人だったんだわとうれしかったものです。

↑これは、ほんとに、ティーンのころに私がどこかで聞いたり読んだだけの情報ですのでウラはとってません。
私は高校生のとき柴田錬三郎さんの写真を生徒手帳にいれて持ち歩いていたので、柴田錬三郎さんのことを調べているうちに、こうしたことを読み聞きしたのでした。

(2009某日ブログ、再アップ↑)




滋賀県の市立中学校の同級の方で、レンコンに連絡できる方がいらしたら、ぜひ、レンコンに知らせてほしい。
レンコンは「ジュリーより、わたし、ぜったい、トッポがいい」と言っていた。
ヤ×マ順子ちゃんは、にしきのあきらのファンになる前は(まだ、にしきのあきらはデビューしていなかった)
「ジュリーがいちばん。女の人ではピンキー。ジュリーとピンキーが噂されてうれしい」
と言っていた。
うちに下宿していた高校生の和田さん(女性)は、
「やっぱり、小学生は子供やな。タイガースいうたら、タローがいちばんええにゃ。タローがいちばんなんやんか」
と言っていた。

私がピーが好きだったのは、
集英社の「りぼん」に、
「ピーは寝るとき、ハダカなんですって。小さいころ、よくおねしょをしたので、パンツを汚して叱られたからハダカで寝るようになって、その癖で今でもハダカで寝るんだそうヨ」
と書いてあった。
これを読んで、なんか、「つらい思いをしてはったんやなあ」みたいなことを思って、自分の悩みをオーバーラップさせるような気になって、「タイガースでいちばん好きなんはピー」と言っていた。

『女学生の友』か、『セブンティーン』か、もうちょっと大人の(小学生じゃなくて和田さんが読むような雑誌)には
「ピーは、おしっこの意味だから」
と書いてあったのを読んだような気もする。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://only5.himenoshiki.com/trackback/1157291