姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
コラムとエッセイの違い、何のために読書するか、by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

● 『ああ、禁煙vs喫煙』は、コラム集です。
(朝日・読売・日経・赤旗の新聞に連載したものを、一冊にしたコラム集)

若かりしころ英会話学校に通っていたとき、先生から「エッセイとコラムはちがう」と教えられました。

◎エッセイ=本当に個人的な、その人の日常の身辺雑記。小学校で宿題に出されるような「作文」を、ぼくたち(先生はアメリカ人)は「エッセイ」と呼んでいる。だからとくにオチ的なもの(まとめや主張)はない。
◎コラム=複数の人が(人数に差はあろうとも)共通に知っている事項について、著者の考えを述べたもの。考えを、多くの人に「読ませる」ように文章が構成されていて、短文の中にも起承転結がある(オチ的なものがある)。

 こんなふうなことを言われたもので、以来、私はエッセイとコラムを微妙に分けています。同じ講談社の『ああ、懐かしの少女漫画』はエッセイ集、『ああ、禁煙vs喫煙』はコラム集。

でも日本では、コラムという言い方が普及しておらず、エッセイもコラムもまとめてエッセイと分類されて売られていることが大半なので、『ああ、禁煙vs喫煙』についても「エッセイ集」として売られています。

●評論

評論というジャンルもありますね。
◎評論=学術的な、あるいは長年にわたる調査・研究をもとにして、ある事項について述べたもの。
 ……です。 このジャンルは、おもにその分野を専門とする大学の先生・研究所の所員などが書かれることが多いです。

講談社文庫オリジナルの「ああシリーズ」は、『ああ、懐かしの少女漫画』も『ああ、禁煙vs喫煙』は、エッセイ集(コラム集)であって、評論ではありません。

●エッセイ集(コラム集)というのは「たのしく読むもの」、だと私は考えます。
 会社や学校で、人は多かれ少なかれ、他人に会います。しゃべります。「おはようございます」とか「あ、すみません」とか、「この書類できました」とか。
 ときにはいっしょに食事や飲食をすることもあるでしょう。
 そういうことをする相手を、「知人」と呼びましょう。

 でも、日常生活において、人は周囲の知人とよく接触します。
 しかし、意外にも、知人と「ゆっくり話せる機会」は、皆無にひとしいのです。
 仕事中や授業中はもちろん、短い休憩時間に、そうそうゆっくり話してはいられません。会食のときだって、10人や6人で集まっていれば、話題は「あたりさわりのないところで」とどめるようにするのが、まことに日本人です。

 だから、世界の調査でも「インターネットでブログを公開している人口」のトップは日本人です。「和」を乱したくないから、pc相手に「ゆっくりしゃべる」のですね。

 そんな「だれかと、ゆっくりと話しているようなかんじ」を文字で体験するのがエッセイ(コラム)だと私は考えています。
 ネットのブログやノートに書く日記は、その人個人の、王様の耳はロバのミミ的な自己満足で書くもの。
 エッセイは、たのしく読ませるもの。

●では、たのしく読むことについて。

ときどきいらっしゃるのですが(いつも忙しいことを強調するサラリーマン男性などに)……、本を読むときのスタンスがつねに、「本を読む=実際的に役立つ情報をゲットする」という人。
 こういうタイプの人は、エッセイや小説は無用です。

このタイプの人は、活字にたのしさを求めていないのです。活字を読んで「自分がトクをすること」を求めているのです。エッセイや小説には、読んでトクすることは何も書かれていません。タメになることも。

 エッセイや小説、つまり文芸ジャンルの本というのは、あくまでも「たのしみ」であります。「読んでどうなるか」で読むものではない。読んでるあいだをたのしむものです。

その人が生きているうちの「心のあまり」を処理するものです。

- | 08:31 | - | -