姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw)「晴雨計」へのレス、ありがとう、画像も、それからこのTV番組は?
KKさん、セマセくん、「晴雨計」へのレス、ありがとうございましたm(_ _)m
kkさん、そうでしたか、「晴雨計」はチェコスロバキア国営放送の製作だったんですね。それで「ドイツ(近い)とか、そんな方向の国」という記憶があったんだな…。
1971年1月14日の夜の十時10分からの放映か。でもNHKだとCMがないので、民放の2時間枠くらいの密度ですね。

3−7のケイコちゃんが、チェコのテレビ局のHPでみつけてきてくれた画像↓
晴雨計.jpg

NHKの月曜7時半が「新・日本紀行」で、富田勲のテーマ曲が流れると、子供のころはイヤだった。だってー、子供にはつまらなかったんだもん〜。オープニングがたしか田んぼとか山とかで、「いつも見慣れた風景」じゃん〜。
それが大人になって見直すと、おもしろいのなんの。もう全部オンデマンドで買いたいくらいですよ。ですからみなさん、今読んで「つまらなかった」という本が、大人になって読むと「手に汗握る」くらいおもしろく変化していることもぜったいありえますからね。こういう読書を、わたくし「復讐の読書」と呼んでおります。「復習」じゃないよ「復讐(リベンジ)」ね。
「海外特派員報告」は火曜の7時半だったっけ?こっちは毎週、たのしみでならなかった。

さて。
こんなTV番組があったの、おぼえている人いますか?
NHKなのか民放なのか不明。
放映時間は夜。

局が用意した部屋がある。
その部屋に、毎週、一人の人(その番組に応募してきた人)が入る。
入って、1日か半日か、過ごす。

その様子をTVでずっと映す。
人が一人で部屋にいるとき、どんなことをするかを観察する番組…だったように思うんだけど。
1965年か66年の放映(だった気がする)。

ある回は、女性の応募者だった。
彼女は部屋に入るなり、きょろきょろまわりを見渡して、なにかの布をやぶって、水で濡らして、テーブルを拭いて、それから椅子を拭いた。
観察者(局の人)A「おや、まず掃除をされてますね」
観察者(同じく局の人)B「そうですね、こういうところは女性らしいですね」
とコメントしていた。Aが男性、Bが女性だったはず。

こういうこと、「教えてgoo」とか「Yahoo!知恵袋」に投稿しようかなと思ったこともあるのですが、ああいうサイトって、「ネットを見るのが日常的なことな世代」しか見ないので、1965年放映の番組なんて、「浦賀に黒船が来たとき、ペリーのかぶっていた帽子の色をおぼえている人いますか?」みたいな質問に映って、だれも答えてくれるわけないと思ってさ…。
http://himenoshiki.com/welovehimeno/yybbs/yybbs.cgi?
  (注/2014・10/25ブログ再アップ)
・ ・ ・ 連絡はデジタルがあたりまえになった今日に、手紙やはがき、という通信方法は、若い人には抵抗あるというか、手紙やはがきを出したことがない、という人もいると思う。 だが、ラインやメールでカンタンに通信できるということは、気持もカンタンになるということで、それが進むと、謹みのなさ、無礼にもなっていく。 人と人との距離がやたら縮まることが、そんなにいいことだろうか。私にはそうは思われない。人と人は機会や縁あって出会い、その出会いが深まっていくには、さらに縁や、あるいは年月が必要で、そうしたことを抜かした交流は、さして意味のないもののように思われる。 買った商品についての質問だとか店を予約するだとか、事務的なことは早く連絡がつくほうがよい。だが、こうしたことは〃交流〃ではなく、たんなる〃連絡〃である。 知らない人間、自分とは未知の相手に、なにかメッセージを送るのなら、手紙やはがき、という「距離を保った通信手段」であるべきだと、私は思うのである。ろくに話もしたことないのに「おともだち」申請されるフェイスブックとやらも、私はいやだ。 (2015年10月ブログ再アップ)