姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
PHP文庫、「純喫茶」、3月に出ます fm姫野
 いまは「ちがうもん」が紙文庫で読めない状態です。
電子書籍になじんでいる人の数は、現在、まだまだ少なくて、とくに「ちがうもん」に向いた世代には少なくて、残念に思っていました。PHP文庫のヨコタさんが膳所高校卒の滋賀県出身ということで、同社より文庫にしてくださいました。3月に出ます。せっかくですから、内容がもうすこしわかるようなタイトルにしたいと改題されました。「ちがうもん」だと、子供の話に思えるのだそうです。子供の話ではあるのですが、大人は出てこない、子供が主人公の子供向きの話に思えるのだそうです。もちろん、こうした感覚は人それぞれなので、こういう題ならつたわる、という正解はないのですけどね。

私は「滋賀県の子供」というタイトルを提案しました。営業部から大反対が出て却下。滋賀県では本が売れないのだそうです。「滋賀県の子供」としても、滋賀県では売れず、他県では「滋賀県」ということでなじみを抱いてもらえない、そんな題名はだめだ、という理由でした。ああ、滋賀県。

というわけで、3月にPHP文庫から「純喫茶」という滋賀県舞台の短編集が文庫で出ます。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-569-76521-1&Rec_id=1010
返信 | 08:02 | - | -