姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
芸能人に会える場所ではなく、子役タレント fm姫野
日曜天国の今日の特集は、気分がもりあがるとき、だ。
私は有名人(テレビに出てる人、芸能人とか)に会うと気分がもりあがる。
それは、有名人は強運だからだ。
テレビでひっぱりだこになるような有名人になるには、ルックスや才能よりもっと「運」が強くないといけないのだそうだ。

だから、芸能人として成功している人は強運で、よって、芸能人と飛行機でいっしょになると安心なのだそうだ。
そういう話を聞いてから、芸能人に会うと、「あっ、今日のお茶、茶柱が立ってる」みたいにもりあがる。

「ここはよく芸能人が来る」とか情報がゆきわたっているようなところで会う(見かける)のは、べつにもりあがらない。
たとえばハリウッドで大人気のAさんが一人で来日することになってニュースが入って、国際空港で待ってて、そこでAさんを見てもべつにもりあがらない。Aさんの大ファンなら、Aさんを見たうれしさでもりあがると思うが、それはAさんのファンだから、情報をキャッチして空港で待ってるわけで、そこにAさんがあらわれるのは茶柱ではない。

スケール小さく生活している毎日の中で、意外なところで会うと「おっ、茶柱がたった」みたいな気になるのである。
それでどうこうするわけではなくて(サインくださいとか写真とるとかではなくて)、おみくじ(それも、喫茶店においてある10¥いれるやつみたいな)ひいたら、大吉出て、それがどうしたというくらいの、なんといえばいいか、小さな日々の小さな人間なりの、ただこの日常がありがたい的な、そんなかんじの一環みたいな、もりあがり。

数週間前に、回転寿司に行ったら、ななめよこが、有名な子役タレントだった。
あっと思ったが、ほかのお客さんはだれも気づいていない。
わー、回転寿司に来るんだー、なんかうれしーと、私はもりあがった。