姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
胃カメラ、 また安静、fm姫野
胃カメラで検診を受けた。
胃カメラ検診は、みなさんも、聞いておられると思いますが、ドクターの腕によって、検診心地(?)に雲泥の差があります。
あ、「ありました」なのかな。日進月歩で道具が進歩してますから。

まだ小渕総理が現役だったころ、胃痛で入院されたことがありましたよね。
そのときのドクターに、胃カメラ検診をしてもらったことがありました。(石黒さんの紹介だったから、すぐとれたんですが)
それまでにも胃カメラの経験はあって、つらかった記憶しかなかったのが、このドクターのときは、映像を見せてもらいながら、ドクターと会話できた(先生「ここのところ、わかりますか」「ひゃい」「ここがちょっと心配ですから」「ひょうでひゅか」、みたいな発音になりはしたものの)くらい、らくちんでした。

でも、そのあと、また別のドクターに検診してもらったら、そのときは、ひたすらつらかった。

今回は、前回と同じ病院だったので、安心してました。
そのうえ、大腸検診のとき以上に、眠り薬が効いた。
しかも、その前に、喉に歯医者さんでするような麻酔をスプレーするじゃないですか。
「はい、口をあけてください」
シュッ、シュッ。
この2押しで、即時に(ほんと、即時に)もうろうとして、
1病後に横になったときには、「では、リラックスする薬を点滴しますね」という看護婦さんの声も遠いところで聞こえていて…。

肩をゆすられたときには、「終わりましたよ」。

えー?
いつ管が喉に入ってきたんだ?
だいたい、ドクターはいつ来たんだ?
ちっとも気づかなかった。

ラクといえば、ほんとにラクでしたが、胃壁の組織をとったので、出血防止のために、またスポーツ禁止令。
もちろん酒はだめなんだが、酒が飲めないより、スポーツができないのがいやだ。

でも私は平素、胃痛を始終おこしますんで、胃検診はだいじですね。
みなさんも、御身ご自愛くださいね。