姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
心斎橋大学にお通いのみなさんへ、4月1日、特別講義、姫野カオルコ

●明日2017年4月1日(土曜)、大坂の心斎橋大学で特別講義します。詳しくは公式サイトの「最近況」におしらせをいただいています。姫野嘉兵衛(姫野カオルコ)公式サイト「最近況」はこちらです。http://himenoshiki.com/himefile/info.htm

●サイン会も講義後にします。職業作家をめざすみなさんのために、その視点から対象本のワンポイント紹介。

☆「昭和の犬」…高度経済成長期以降の昭和。その右肩上がりの時代の陰り。愛犬記じゃありません。抑制的で客観的な文体。

☆「整形美女」…整形して美人になって見返してやるとかいう話がよくありますが、「美人になって見返す」って、「美人」ってどういう顔?旧約聖書「カインとアベル」のエピソードに沿って考えてみましょう。ソリッドな文体。

☆「ハルカ・エイティ」…NHK朝の連続ドラマになるような話を書いてみようと思って書いた。姫野本のうち、もっともクセのない文体。NHKの朝の番組で司会をする女性のような文体と思っているのだが。