姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
罪の声、塩田武士、第五章、余談、fm姫野

「罪の声」おもしろかったですねー。さて余談です。「罪の声」の第五章。「リビングから聞こえるキーボード入力の音もどんどん大きくなっていく」というくだりが…。こういうことは「親指シフト」ではありませんね。いちいちエンターキーおさないから。つねに静か。

ローマ字入力の人って、書いてて興奮するとエンターキーを押す力が「キエッ」「キエッ」というかんじになってウルサイのう…。

昨日のつづきで…。私はまだウインドウズ7を使っています。動画や画像を使ってどうのこうのする仕事ではないので、そんなにばんばん新しいバージョンにしなくても事足りるので。無理して10にしないほうが親指シフトの場合は相性もいいだろうと思って。ただ古いオーエスのままだとセキュリティが不安なので、来年くらいに変えようと思っています。これは親指シフトユーザーだからとかは関係なく、pcの一般的寿命からして、私の場合は(買っていってるスパンから)来年だなと。

親指シフトキーボードは、現在、値段別に3つくらいタイプがありますよね。でも「実行キー付」というあれが、いちばんしっかりしてる。頼りがいがある。値段が一番高いといっても僅差なので、「最近、ちょっとキーボードの調子悪いなあ、買い替えようかな」と思ってる人は、この優秀なキーボード(実行キー付というやつ)のほうにするのがよいと思います。