姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
京マチ子、角川シネマ新宿のエレベーターで、 fm姫野

「痴人の愛(叶順子版)」を見るのに、角川シネマ新宿のエレベーターで、カップルと私が乗り合わせた。カップルは75から78歳くらいかなあ。

おじいさん「今日はずいぶん混んでるなあ」

おばあさん「そりゃあ、出ている人がいいもの。田宮とか」。

主演は叶順子と船越英二で、田宮二郎はマアちゃん役の脇なんだが、おばあさんは断言していた。いや、ほんとですよね、ほんと。なにがすごいって、田宮二郎の二枚目ぶりがすごいのは、「ロマンチックでっしゃろ」と関西弁でふざけても水がしたたるところだ。「好みのタイプ」だとか「抱かれたいなにそれ」だとか、そういうレベルで言うのではなく、映画という文化に必要な俳優として、ほんとに二枚目である。

タイムショックしか知らない人は「女の勲章」をぜひ見なはれ、とくとく!京マチ子の部屋に窓から入ってくるシーン。こんな俳優があんなに早く死んで、息子さんまで早く死んで、ほんとに美男薄命(T_T)

https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%8B%B2%E7%AB%A0-DVD-%E8%8B%A5%E5%B0%BE%E6%96%87%E5%AD%90/dp/B0009S8EN8