姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
Michel polnereff、誕生日は明日、ファンのみなさん、たのしい1日でありますように fm姫野

明日はMichel Polnareff ミッシェル・ポルナレフの73歳のbirthday誕生日ですね。高校生のころ、あるアルバムの解説(レコード・ライナー)「29歳という若い彼の年齢を思うとき云々」というくだりがありました。高校生の私は「29歳か、そうか」と。29歳は高校生にとって、そんなに若いかんじではなく、なぜ、この解説の人が関心しているのかぴんとこなかったものです。それから何十年もたって、自分は、この解説を書いた人が、この解説を書いていたときの年齢より、きっともっと年上になっています。私はそれでも、ポルナレフファンクラブからのおしらせで、Michel Polnareff のことをおしえてもらっていたですが、同級生や同世代の人にふとMichel Polnareff の話をすると「なつかしい、今どうしてるの?」&「えーっ、もう72歳なんや」の反応が帰ってくる。全員。もう70歳越えてるって、そんなの、自分の年齢を考えたらあたりまえやんかと思うのだけど、情報がとぎれていると、 Polnareff というひとことで、いっきに自分の感覚が高校生にもどり、その感覚で「29歳という若い彼」を思い出し、それが70歳を越えていることにショックを受けるのでしょうね。でも、Michel Polnareff のチョー人気だった時代を知っていた人が、若くて、今では日常的に感じる「膝が痛い」とか「腰痛がひどくて」とか「ものがおぼえにくい」とか、そんなことを想像すらできなかったほど元気だったころ。その元気だったころに、チョー人気だったMichel Polnareff が、去年の暮れにはフランスでの帰国ツアー中であやうく死にそうになったのに、ぶじ、73歳を迎えてくれるのは…とてもうれしいです。とてもうれしいです。