姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
ツイン・ピークス、リターン、カイル・マクラクランに手紙を出したことがある fm姫野

TVが家にある人は「ツイン・ピークス・ザ・リターン」が見られていいなあ。私も見たいが、ネット配信はしないのかなあ。「はまる」という言い方は、使うときが適切ではないのに使われていることが多くていやな語のひとつなのだが、「ツイン・ピークス(本家?前作?)」については、はまってしまった。ひどい風邪をひいて、だいたい治ったんだけど、まだもうちょっと横になってたほうがよいかな、というときに、まとめて見たんだよね。1巻で犯人はわかっちゃうんだけど(ドラマというものを、いくつか見た人なら、だいたいわかってしまう)、そんなことはどうでもよくて、おもしろかった。アメリカの、地方の(アメリカに長くいた友人のはなしだと、80年代の中西部の小さな町のどくとくのかんじ、と言っていた)町のかんじが、なんともしれず。。。

カイル・マクラクランにファンレターを出してしまった。来日したときは記者会見にも行った。なんか、ほんとにはまってしまって、ペンギンブックスの原作?も一気に読んでしまった。もちろん菓子屋に行って、チェリー・パイとコーヒーを食べながら読んだ。パイなんか大嫌いなのに、やはり読んでると食べたくなった。パロディ・ツインピークスも書いた。「野性時代」の何年何月号だったかなあ。まだ「野性時代」の判型が大きかったころ。「ブルーベルベット」のもじりで「レッドベルベット」。

あのころ、ツイン・ピークス好きな人は「ツイン・ピーカー」と呼ばれていたなあ。

姫野カオルコ =姫野嘉兵衛。作家。メディア出演動画などは=http://himenoshiki.com/himefile/speak.htm