姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
出会える、出会い、恋愛運、上げる方法 (2)

(1)のつづき。

●ちっちっちっ。だめだめ。フネおばあさん、わかりますよ、長く生きてきたから。こういうときには、「二回目を期待」するんですよ。

たとえば…そうだな、たとえば私。フネばあさんみたいな私ね。私は容貌的にもそうだろうが、もう年齢的に恋愛どうのというヒトではないでしょう? そういう人を会食に呼ぶなり、そういう人が出席する4人の会食を計画するなり、するですね。すると、フネさんみたいな人は、もう自分の恋愛をどうしようという立場ではないから、自分の持ってる縁故を、おしみなく若い人に与えるわけですよ。

●すると、「おや、この人に、あの人どうかな?」とフネが思い、次には、そういう人を組み合わせる会食の機会を、つくってくれる。フネから縁ができる。そのときはフネ+若い男+若い女、となる。そこで若い男と女の距離が、フネがいることにより、グッと接近できるわけです。これを、「あー、どっかにいい人いないかなあ」というのが口癖の人は、忘れる。フネをつれていくのがポイントです。(フネじゃなくてナミヘイでもいいんだけどさ。一人、おばはんかおっさんを連れていくのがいいんだよ)

 

●監督の家に遊びにいって知り合った女優のなんとかさんと男優のなんとかさん、とか、高校時代の先生の家に遊びにいってて、よく話すようになっていった×年卒のなんとかくんと、△年卒のなんとかちゃんとか、こういう、「だんだん知り合う」ことが、かつてはすごくよくあった。こういう機会がいま、そんなにないから、どっかに入会したり、でなかったらあやしげな出会い系サイトに行ったりすることになる。

もっと、おばはんや、おっさんを、利用したらいいのに。利用するというと聞こえ悪いか。でも、いいんだよ、それで。

- | 09:48 | - | -