姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
愛知県北名古屋市沖村、S田Y枝様 fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

手紙  北名古屋市のS田Y枝様

松崎あけみさんの便箋でのお手紙ありがとうございました。

松崎さんは、「リリー」でデビューされたとき、まつざき・あけみ、とひらがなだったと思います。「この人、大好き」と思った絵柄でした。私が小6のころで、そのころは忠津陽子のような絵柄がもっとも売れ線(もっとも人気)だったので、まつざきさんの絵柄は、「なんともいえず古風(いい意味で)な、懐かしいタッチ」でした。すぐに初連載「タイム・デイト」が始まったんじゃないかな。主人公が、このタッチで描かれていて、かわいかったー!

「ああ懐かしの少女漫画」(講談社文庫)にも書きましたが、私が少女漫画に没頭したのは5才〜12才。とくに10才〜11才が「耽溺」というかんじで没頭していました。でも、たいていの人は15才ごろに没頭したものを記憶にとどめるため、同世代の人と「懐かしの少女漫画」の話をしても、まったくかみわないのが悲しいところです。

よいお年をおむかえくださいますように。

2017・12・27 姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)手紙

 

●KOGA工房よりおしらせ(姫野カオルコ公式サイト「連絡方法」を下記にコピー&ペーストしておきます)

(3) ファンレター(愛読者カード)

ファンレターを出したいけどうまく書けない、書き方がよくわからないという場合、下記に愛読者カードを作成してみました。
Q1=〜、Q2=〜、Q3=〜 …と、順にアンケート回答するだけでも応援になりますのでどうぞ。はがきでも便箋でもかまいません。(byサイト管理人)

(注)危険物が入っていないかのみチェックされます。
(注)プレゼント品を送るのは、多忙な編集部では行方不明になる場合もあるので避けて下さい。

(注)同級生や御親類の方は、「姫野カオルコ公式サイト」→連絡方法→→(4)に詳しく出ていますので、(4)を御参照下さい

《 宛て先編集部例
〒105-0012 徳間書店・文芸書籍編集部気付 姫野カオルコ様