姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
伊香保に泊まるなら、森秋旅館? 姫野カオルコ、4弾め 

5月1日(2018)は第(4)弾です。

(4)森秋旅館に泊まる

 

4弾なる再暗黒シリーズ。本日は森秋旅館のパンフレットがおもしろい。ぜんぶ写してきたかったが、長いのと、ガラスに額装してあって写真をとっても反射するし、だいいち字がノミのように小さいのでルーペでないと読めない。そこで老眼鏡をかけかけ、スマホのリコーダー機能で読み上げたのをテープおこし(?)した。スマホのリコーダー機能をはじめて使って、使い方がよくわからなかったのと、残り時間を気にしながら、ノミのような字を読むのも苦労。お若いときにはこんな苦労はなかった(T_T)

 

●さて、まだヨコガキも、右から左へ書いた時代(明治末期か大 正?)のパンフレットの文面はこうだ↓

自然の風光に親しみながら二、三日静養にでもと思し召したら、まず伊香保へおいでくださいませ。弊館は眺望第一の位置を占め、空気清澄 四季不変の温泉気分とが、皆様のご来遊をお待ちいたしております。ぜひ一度、杖を曳かれんことを。

榛名山の中腹二千八百尺の高所にありまして 信越の連山、両毛の平原を一望に、玲瓏玉なる霊泉は……(ここでお掃除の人がいらして、よく読めなくなって、録音が不明)……真に山岳温泉として理想の地であります。ご保養にご静養に、ぜひ伊香保へ。

どうです!

なんと風情のある文体!「再暗黒の東京」の文体になじみつつ、このパンフを読むとバッチリな観光となりませう。

「三日静養にでもと思し召したら」 「ぜひ一度、杖を曳かれんことを」 だって!。風情〜(^0^*

では昭和のものは、またあしたね。

 

あ、そうそう。森秋旅館は、お食事、おいしかったですよ。冷酒を飲むなら「水芭蕉」にしてください。ただ、レビューを見ると文句言ってる人も多い。こういう人は、たぶん、中国の大人数団体客と同じ日に泊まってしまったのだと思う。団体客といっしょの日になると、どうしても接客が苦しくなるからね。私が泊まったときはわりとすいてたときだったので、接客もお料理もおいしかったです。古いけどね。そりゃ古いよ。↑みたいな文体のパンフ出してたころからあるんだから。

tw.by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)=作家。http://himenoshiki.com。ウィキ=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E9%87%8E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3

ツイッター、ブログの運営はkoga工房なので、 注意!ツイッター宛に返信するとkoga工房に届くのみとなります。姫野への連絡は「公式サイトhttp://himenoshiki.com/→連絡方法」から。

 

(3)伊香保に行きたくなる

「再暗黒の東京」を読んだ人は必ずといっていいほど伊香保温泉に行きたくなりますね。解説の坪内祐三さんも書いておられますが、この本では伊香保の章がいちばん目立ちます。すごいですね、伊香保温泉の過去……。

それで、わたくしも伊香保温泉の階段をのぼってみたくなりました。こんなところの下に住んでたのかと。

 

伊香保に行ったときは森秋旅館というところに泊まりました。この旅館が古かったからです。そして、ものすごくおもしろいものを発見!この旅館が明治のころ、大正のころ、昭和戦前に出していたパンフレット。

 

文章というのはその人がその国の人なら、たいていの人が読めるわけです。でも、時代によって「流行の文体」というものがあるんだなと、如実にわかる3例。

ゴールデンウィーク、いまから伊香保温泉にいこうか、どこに泊まろうかと計画されている方は、森秋旅館へゴー。

パンフレットについての詳細は、またあした。連休中、ゲラ推敲でものすごくテンパッてるので。

http://www.moriaki-ikaho.co.jp/

 

(2)岩波か講談社か、どちらの版がいいか?

Amazonにかぎらず、書評というものを極力見ないようにしている私ですが、古典(明治以前)については、このルールではありません。それで、Amazonで「再暗黒の東京」についてのレビューをちょっと見たら、「講談社文庫のイラストの印刷が不鮮明だから、入手できるのなら岩波文庫をおすすめする」というものがありました。

私は両方読んだのですが、21世紀の読者には、どちらかというと講談社学術文庫のほうをおすすめする。講談社文庫に収録された当時のイラストが〃歴然と〃不鮮明だとかズレがあるとも思われない。「比較したらまあそうかもしれないみたいなっていうか」程度ではないかな。それに岩波文庫が入手できたところで紙が古びているから、やっぱり不鮮明だと思うよ。

それに個人的には、岩波文庫の、注釈の入れ方がキライ。わかりにくい。やっぱりそのページ内に注釈があってほしい。その点、講談社学術文庫版は、注釈が、本文と同じページ内にあってわかりやすい。ただ、注釈なのか、たんなる( )書きなのかの区別がわかりづらい欠点があるが、それをふまえてもなお、読み進めやすさが勝つ。

それから、講談社学術文庫のほうは、坪内祐三さんの解説入り。この解説も、「再暗黒の東京」が明治期に出た背景を簡潔に解説してあって、とてもよい。そうかそうなんだ、潜入ルポでありながら、この全編にわたって流れる、あの情感はロマン派なんだと、ほんとに解説してもらえる。

 

(1)衝撃の潜入ルポとして有名なこの本は、岩波文庫から出ていて、読む者みなを驚嘆させていたが、絶版になっていた。それが講談社文庫から、また出たので、未読の方はぜひお読みください。一行一行、衝撃です。

岩波文庫には著者=松原岩五郎の写真が出ていたが、講談社文庫には入っていない。でも注釈の入り方が講談社文庫のほうがわかりやすい。

しかし松原岩五郎は、こんな潜入ルポをして健康をそこなわなかったのだろうか?病気感染、寄生虫感染、だいじょうぶだったのだろうか?

 

☆↑は「再暗黒の東京」(松原岩五郎・講談社学術文庫)について、日を変えてコメントしてゆくシリーズです。番号が若いのが古い日付です。

tw.by姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)=作家。http://himenoshiki.com。ウィキ=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E9%87%8E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3

ツイッター、ブログの運営はkoga工房なので、 注意!ツイッター宛に返信するとkoga工房に届くのみとなります。姫野への連絡は「公式サイトhttp://himenoshiki.com/→連絡方法」から。