姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
謎の毒親、木琴、これが私が使っていたのと同じ、ケースも同じ /姫野カオルコ(嘉兵衛)
「謎の毒親」がもうすぐ文庫化されます。
作中に木琴が出てきます。昭和40年代前半はピアニカがまだ普及していませんでした。
多くの小学校で使われていた木琴はオリンピアシロフォンのものでした。
私の同級生も、すっかり忘れているようなのですが、専用ケースの模様は、マーブル模様。男子はブルーの下地に白いぐるぐるがまざりこむ(?)マーブル。女子は赤い下地に白のマーブル。

オークションに出されているのを発見。いつまでこの写真が見られるかわかりませんが、これです。

謎解きキャンペーンはここです。

(姫野カオルコ=姫野嘉兵衛)