姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
劇団こむし・こむさ、隣の男子の一生
劇団こむし・こむさ、2016・11・15ブログ
『隣の男子の一生』姫野カオルコ





野村勇様。ありがとうございます。そして、読者のみなさまへもおしらせ。

滋賀県立高校シリーズは、『オール読物』に不定期連載していったものです。それを一冊にまとめるにあたり、一冊としてまとまった筆致になるよう、書き直し作業に入りかけて、「休止」しているところです。(『彼女は頭が悪いから』を書きおろしていたため)

作業復活するのが43年後だと、私はもうこの世にいないと思われますので、できるだけ早く、復活作業にかかりたいと思いますが、2019年は、別の会社との約束のものを仕上げて出します。

体調はすこしよくなりましたが、残念ながら、回復したとは言えません。「脳出血をおこさなくてよかった」と言われ、血圧が低い(88−58)ことに感謝しましたですよ。24日のクリスマスの礼拝では。

(姫野カオルコ/姫野嘉兵衛)