姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw) 同窓会で、「飲んだらヨメに車で迎えにこさせる」という発想はいかがなものか
同窓会って、よく正月に、よくホテルで、開かれる。なんで?

●まず正月に開くことについて再検討を要す。

なぜこんな忙しいときに開くのだろうか?
正月だから休み、正月だから地元を離れている人も帰省してきてる、と思うのだろうか?
たしかに盆と正月、道路がラッシュになる。
でも、そういう帰省の目的は、親とか親戚とかお墓とか孫見せとか、つまり「その人の家にかかわること」だ。
同窓会は、「家」関係とは別の用事だから、盆と正月には果たしにくいはずだ。

私の世代なら、地元に住んでいる人は、盆と正月=「孫に会える、孫に会いたい日」である人がとても多いので、「孫がくるから欠席」と返事している。

地元を離れている人は、ホテルと新幹線と両方手配しないとならない。ホテルは盆正月のシーズン、高くなる。新幹線のチケットとるのだって、えんえんと並んだりしないとならず、たいへんだ。

●よくホテルで開くことについて再検討を要す。

車でしかいけないような場所にあるホテルで開くのは、やめてほしいのだが…。

飲んだら家にいるだれかに「車で迎えにきてもらう」ことを前提にしているとしか思えない。だから、いまだに田舎の同窓会では、女子は飲めない。夫や舅姑に迎えにきてもらえって、そんなこと田舎の嫁、頼めるわけない。

男子だけが飲んで、「うーい、迎えにこいや」ってヨメさんに車で迎えにこさせる……この発想しかないのは、なんだかほんとに前時代的だ。



- | 13:27 | - | -