姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw)胃の薬を飲んでいるのだから、食べていいのはおかゆとか素うどんくらいなので、それで好きな食べ物のことばかり考えて、エア豪華ディナー、エア豪華ランチをしてるわけですよ
こうして胃をなおしているところだというのに、次々といやなできごとが起こるのである。
マーフィの法則というか弱り目にたたりめというか泣き面にハチである。

それでランチやディナーを空想で食べる。
雑誌とかでおいしそうな料理の写真が出ていると、それをじーっと見て記憶しておき、台所で頭に蘇らせながら、あじつけすると、レシピを見ないでも料理できるじゃないですか? 写真と料理題名から、たとえば「なんとか肉のなになにソースかけ」とかいう題名から、味が想像できるじゃない?するとレシピも想像できるから、写真を見て頭でカメラとって、それで料理するでしょう? そのために、あの雑誌の写真というのはあるんだよね。

この要領で、好きなものを思い出して、すみずみまで思い出して、エア咀嚼すると、口の中に味とか噛んだ食感とかがよみがえるので、すこしなぐさめになる。
- | 10:39 | - | -