姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw.)彼女いない歴長い男性とか、彼女ほしい男性というのは、
お見合い写真を周りの人にもってまわるおばちゃん、っていうのがいたから、むかしは、結婚できた……という記事をどこかで読んだが、なんだったかな?

一理あるんだよね、これ。若い男性は、おばちゃん(だれかわからないけど、会社の中とか、学校の教務課の人とか、地域団体の人とか、なんか、わからないけど、ちょっと知り合いのおばさん)を、会食に誘うといいんだよね。

そうすると、そのおばちゃんは、一人では来ないよ。「えっ、きみ、独身なの? あらそう…。カノジョは? え、いまいないの? まあ、どうしてかしらね、きみのようないい青年がね」と思う。そして、自分の知ってる若い女性をつれてくる。

そういう会食って、その男性と若い女性が接近しやすい。だって、おばちゃん、若い男性と恋愛したいとまったく思ってないから。たんに、おいしくたのしく食事できたらよい、と思ってるだけなので、すると、残った男女は、恋愛的接近がごくナチュラルにできる

お見合い写真をもってまわるおばちゃん、って、いうのはこれと同じ効果があったんだよね。

合コンすると、若い男女が、全員で、「恋愛的接近を期待」するので、だいたい、いつもうまいことやる人ってのが決まってきちゃうんだよね。

若い男2、若い女2 で食事するとき、若くない女か男を一人誘うといいんだよね。すると、自然と司会役をしてくれるから。
ただし、橘玲さんの示したデータによると、50歳以上のおじさんは20歳の女性に魅力を感じているので、ポジティブシンキングなおじさんだと、ようし、わしもこの会食で、と場を壊すかもしれない。ここは注意だ。リーフェンシュタールみたいなおばちゃんが来ても注意ですが、まあ、そんなおばちゃん、まずいないし…。
あっ、「私、リーフェンシュタールなみのミリキ(1960年代、こういう言い方をした)あるかも」と(自分だけでは)思っているポジティブシンキングなおばちゃんもいるか…。


- | 10:09 | - | -