姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(姫野カオルコtw, )タランティーノ、ワンハリ、一瞬だったから自信がないが、マラチ・スローン(ベイン部長)だった?
タランティーノ最新作(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」はすごくおもしろかった。160分だったが一秒もあきるところがなかった。
一瞬だったから自信がないが、むかしのテレビドラマがうつるシーンで、FBIのとき、ちらっと映ったの、マラチ・スローンじゃなかっただろうか?ベイン部長はFBIに出たことあったのか? 


【姫野嘉兵衛(カオルコ)】
target="_blank">https://himenoshiki.com/himefile/prof.htm
連絡先
https://himenoshiki.com/himefile/lettar.htm







これは『バカさゆえ…。』の世代だったら食い入るように見てしまう。映画の看板だけで、うおーっ、チューズデイ・ウエルドの映画がかかってる、とか、ハニー(におまかせ)のかわいいホクロとかさ。じっさいには私はハニーにおまかせ見てないのに、ホクロのあの人の写真を何かで見て(床屋さんにおいてあった週刊誌とかか)、かわいいと思っていた。永井先生(豪)のキューティハニーもきっとアン・フランシスが好きだったからだと疑ったことなかった。

吸血鬼のときのシャロンテイトは、セクシーというのじゃなくて※役柄がとっぽくて(モンローがたいていそうであったように)、タランティーノの映画の中で、自分の映画に観客がよろこんでいると、素直にうれしがっているあのようすが、私の彼女に対するイメージとぴったりで、どんどん日付が事件の日に近づいていくから、よけいにかわいそうに見える(画面のシャロンテイトが無邪気なだけに)。

※私はマリリンモンローをベリかわいいと思うが、セクシーに見えないので。無、私はあくまでもラクウェル・ウェルチ、ジーナ・ロロブリジーダ、ロッサナ・ポデスタなので

あの事件を、私はNHKの7時のニュースで、リアルタイムで聞いた。異国の(日本の)小学生なりに、ショックだった。このニュースを、小1とか幼稚園で聞くのと、小5とか小6で聞くのとではちがうと思うが、ものすごくちがうと思うが(このころの4学年差は、35歳以上になっての差よりずっと大きいから)

中2とか高校生で聞くのともちがって、それは、全学連の人たちのデモの様子をニュースで、当時は、日常的に見ていた時代で、そういうものを「日常」として見て、「日常」で受け取るとき、そのときが、小1の日常なのか、小5の日常なのか、中2か、高2か。日常の、なんでもないことが、小1と小5と中2と高2では、ぜんぜんっっっちがうから、

だから、よしのぶちゃん事件と、大久保清事件と、シャロンテイト事件と、あさま山荘事件と、そのあいだに、大阪万博はあって、鉄腕アトムを正しいと思ってオロナミンCドリンクのんで元気になろうとしてた世代だった私は。