姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
「『忍びの滋賀』を読んだ今日まで、三井寺は京都にあると思ってましたよ」55才男。大手出版社編集者。うーむやはりあの仏足石歌体でつぶやこう。tw.by姫野カオルコ
忍びの滋賀、p134
「ハッもしや、またしても……」
続きはこちらで。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0791006

〜姫野(この編集者は同級生と同姓同名なので、会うといつも高校時代を思い出す)
- | 11:13 | - | -