姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
目黒区の勉様、忍びの滋賀、おはがきありがとうございました (fm 姫野カオルコ)
『忍びの滋賀』へのエールはがきを、「101−8001小学館 小学館新書編集部 『忍びの滋賀』担当編集者様気付 姫野カオルコ様」で、いただきました。
目黒区の、U勉様(男性・1953年・京都市生れ)から。

姫野カオルコ様
当方は出身…(中略)… 『忍びの滋賀』、興味深く拝読させて頂きました。京都市民には…(中略)……2、3代さかのぼると滋賀出身の近江商人がかなりいるので…(中略)…、
御著書のp187に、宇治茶についての記述がありますが、実は事態はさらに悪化しています。
「宇治茶」の定義は、京都茶業会議所という業界団体が定めています。
2004年までは、宇治茶とは「京都府下で生産された茶葉を京都府内の業者が京都府内で仕上げ加工したもの」でした。
ところが、2004年からは「京都、滋賀、奈良、三重」の4府県で生産された茶葉を京都府内の業者が京都府内で仕上げて加工したもの」とされています。
要するに滋賀県で生産された茶も京都の業者が仕上げ加工すれば自動的に「宇治茶」となるのです。
このように全国の消費者をあざむき、3県の農家をおとしめているのが………(略)…悪徳業者に筆誅をくだしていただければ幸いです。


勉様、拙著をお買い求めいただき、お読みいただき、ありがとうございました。
お茶も、うなぎと同じですね…。
中国でつかまえて、ちょっと静岡(など)の生け簀で仮住まい(?)させて、「国産」として売る…。
そうしたほうが買う人にとっては「みりょく的」になるのでしょうね…。

買う人に自由に判断してもらって、そのかわり、「正確な事実」を表記してほしいですね。
買う人のほうも、もう、「実質を求める」時代になっているだろうに。

〜姫野カオルコ(2020・1・20)

返信 | 08:42 | - | -