姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
東出昌大さん、『聖の青春』で、将棋の羽生さんをやっていて、よく似せていらして(べつに両者の顔かたちが似ているわけでもないのに)、よかったですよ tw.姫野
将棋の羽生さんと東出さんは、すがたかたちは似ていないのに、見ていると羽生さん本人が出ているようなかんじになってたですよ。『聖の青春』(すみません、朝、まちがえてましたねタイトル)。役作りのために体重を増やす、というような方法が絶賛されがちだけれど、まあ、そういう方法もアリなんだろうが(また、そういうやりかたが「みんな」からすると「すごい」とわかりやすく思わせるのかもしれないが)、山田孝之さんが、小柄ぎみなのに、所作を工夫してのっそりと大男のウシジマくんにみえるようにしているほうが役作りとだと(私見では)思うが。
松山ケンイチさんの、老けてからの平清盛とか、とてもよかった。だいたいNHK大河史上、『平清盛』はベスト1か2の優秀作品だった。
視聴率のことは大河の場合は、気にせずやってほしい。

急にむかしの話になるが、木内みどりさんは、朝ドラの脇役のとき、ものすごくよくて。「名脇役でしょう!」という演技ではなくて、さりげなく表情を見せるTVの特性を生かした演技で、とてもよかった。また映画で女優をしてほしかったのに、お亡くなりになったのは、いまさらながら惜しく、さびしい。

〜姫野嘉兵衛(カオルコ)