姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
奥泉光の「雪の階」を「文語体で読みにくい」と言っている投稿感想文を目にしたが、文語体というのは、「奥泉光が『雪の階』、文語体ゆえ読みにくし」みたいな文体のことで(つづきはブログで)
華子が口にした言葉には、他に選択肢がないので仕方なくあなたに声をかけたのだとの含意があったけれど、(奥泉光「雪の階」第一章)

これは現代文ですよね。文語体というのは、たとえばこの部分が↓
「華子が口にし言葉には、他に選択肢なきゆえ仕方なきにそなたに声かけしとの含意のありしが、」
みたいな文体では?
「豊太郎がぬし」、あれね。
〜姫野