姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
『忍びの滋賀』にはギャグというような箇所は ありません。論説という箇所も 。滋賀県を語るというより、大都会ではない町を語る」に近いでしょうか。〜姫野
『忍びの滋賀』にはギャグというような部分はないですね。「滋賀県について、というより、大都会ではない町について思うこと」に近いでしょうか。
「上京してきた人」の「一例として、滋賀県出身だけど今は東京に住んでいる人」が思うことといえばいいでしょうか。
「大都会ではない住環境から、大都会での住環境に変わった人」に読んでもらいたいなあと思っています。
もちろん滋賀県にずっとお住まいの方にも。とくに四章は三日月知事に。
〜姫野カオルコ


- | 08:35 | - | -