姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
(by姫野)マスクは使い捨て、自分で作ってる、リードを用いるのもいいが、ほかにも、苺のあまおうが、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
何でもむかしのことを覚えていて、なんでも長く使っている(日経新聞に寄せたエッセイ、縦笛や1960年代から使っているバスタオルとかのように)私ですが、マスクとコンタクトと注射針等は使い捨てに賛成派です。

福岡ハカセのおっしゃるには、花粉の大きさをドッジボールとするとウィルスはゴマ粒で、ウィルスはマスク通過するそうです。マスクは花粉症対策でしたいですし、マスクをした上で、咳が出そうになったら上腕でおさえてダブルで、他の人への迷惑対策をとります。

花粉症の人(私も)には、この季節、マスクがないのは困る。そこでリードキッチンペーパーを利用して自分で作っています。
写真アップはメンドウなので省きます。

リードのほかには、あまおうです。苺のあまおうのパックに入っているスポンジが、マスクサイズにぴったりです。
(1)まず洗剤でスポンジを洗ってすすぐ。
(2)それをボウルに入れて90度のお湯で消毒してしぼる
(3)念のためアルコールスプレー
(4)ほして乾かす
(5)二つ折りにして、折ったところにワイヤーを入れる。ワイヤーは、100均のアクセサリーショップなどでテキトーなものはいっぱいあります。捨てるマスクのワイヤー部分を再利用でもokです。
(6)立体型になるようギャザーを入れる。(ホチキスで。ホチキスの芯は、顔頬にあたるほうが平たくなって、外側がくきくきっと曲がっているほうになるように止めると、頬にあたっても違和感ありません)
(7)輪ゴムか、100均のヘアアクセサリーコーナーで売ってる、細い白いゴムを、これもホチキスでぱちんぱちんととめる。

毎日使い捨てのマスクができます。
あまおうは、ちょい高いですが、悪辣なマスク転売者が設定するマスクの値段よりはるかにはるかに安く、しかもおいしく、しかもビタミンCが多いです。

by姫野カオルコ
http://www.news24.jp/articles/2014/02/21/07246235.html
- | 09:46 | - | -