姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
『青春とは、』姫野カオルコ、表紙はこんなかんじです 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
2020/11/19発売
文藝春秋

『青春とは、』姫野カオルコ

表紙はこんな感じです↓

青春とは 表紙

共学でー、
公立でー、


胸キュンな恋も
打ち込んだ部活も
そのうえスマホも
なかったけど


あざやかによみがえる高校時代
フツウな青春小説

〜KOGA工房




「共学でー、公立でー」
「−」は、のばす(音引き)「−」。

パール女子大(仮名)に入った大学生が、
新学期に、キャンパスの、どこに何があって、
どうやって行くのか、まだよくわからないころ

パール中・パール高校からパール女子大に進んできた
グループの人たちに、親切に道案内をされて
話しかけられて、出身学校などを聞かれて
「あ、わたしは、その」
「共学でー、公立でー」
と、答えるようなときの「−」。

「きのう〜、ドルガバの〜、新しく出た〜」
「買ったんだけどォ〜」
というようなかんじの、音引きではない。

デザイナーさん(大久保明子)さんの
腕の見せ所(いや、悩ませどころ)
だったと思います。
〜姫野嘉兵衛(カオルコ)