姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
1・トルシエ監督とポルナレフ、『青春とは、』姫野カオルコ に登場するミッシェル・ポルナレフの曲 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
『青春とは、』は、1975年が舞台である以上、当然!
ミッシェル・ポルナレフが出てくるのですが、
本人も【いちおう】、登場するのですが、

洋楽を語る小説ではないです。
ただ、作中に登場する曲としては、まず、『天国への道』。
On ira tous au paradis

聞いてソンはありません。
ミッシェル・ポルナレフというと
「ホリデ〜〜〜」の印象しかない方も
日本には多いと思いますので、
ぜひ、どうぞ。

作詞は、トルシエ監督のときの日本サッカーチームの
通訳をつとめてたので有名なダバディさんの
お父さん

『天国への道』


〜姫野カオルコ
だれ?検索する