姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
ハンカチマスクもいいですが、抗菌性の高い高島ちぢみのマスクも、滋賀県の高島ちぢみ、
滋賀県の高島ちぢみのマスクのニュース↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000019-minkei-l13

by姫野カオルコ
- | 11:08 | - | -
平松洋子さん、週刊文春、続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
週刊文春の「この味」というコーナ−で、平松洋子さんが『ふきのとうのヒメノ式』を実食して紹介されています。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/13211
(by KOGA工房)

この件、http://kogawebfactory.o.oo7.jp/
の「 from long time ago」でも おしらせあり。
(by KOGA工房)
- | 08:16 | - | -
(by姫野 )いだてん 古舘寛治 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
「受難」の古賀さん役は、中村獅童にはならなかった。 初の大河出演の話が来たということで日程的に無理ということで。
そうしたところ、三池さんがとりかかっていた妖怪の映画の現場が火事になって、映画の完成が遅れた。

それで「受難」の映画化企画がのびた、というか、問題は、資金でも、企画でもなく、主演女優が決まらなかったのだ。事務所がみんな、「オマンコ」というセリフで断ってきたのである。

そんなわけで、ずいぶんたってから、「受難」はようやく映画化した。
原作とはちがう話になっていたが、それでよいと思う。映画は映画、原作小説は原作小説。

古賀さん役は、古舘寛治になった。

いだてん、で可児先生をしている古舘寛治さん。
完成のとき、お目にかかり、五反田で飲みましたが、私のことは覚えていらっしゃらないと思う。
これからもご活躍なされますよう。

by 姫野カオルコ
続きを読む >>
(by姫野 )いだてん 中村獅童 出色のいい味 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
いだてん、中村獅童は、前の大河のときの捨吉もよかったが、今回はいちだんとよく、出色の演技。

実は、『受難』の映画化が企画されたとき、監督は三池崇さんで、古賀さんの役は中村獅童でどうか、ということだった。そのころは、まだいまほどは有名でなかった若手ということで。

私は三池さんといっしょに、どっかのホテルのティーラウンジに、中村獅童に話をしにいったのだけど、「姫野さんが来ると(原作者が来ると)話しにくいだろうか、姫野さんはここに隠れてて」と三池さんとプロデューサーの大さんに言われ、

柱の陰から、二人が中村さんにオファーしているのをじーっと、星明子のように見ていたのだった。

でも、そのとき、「このたび、大河の出演が来て、それに1年間は拘束されるから、映画はむりだ」みたいな結果だったのでした。
そして--次回につづく

by姫野カオルコ
続きを読む >>
(by姫野 )いだてん 、人見絹江役の小春さん、 すてき 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
「へぼ」とはいえダンスをする私は、よくyoutubeでダンスの投稿を見ていたので、「いだてん」の人見絹江役の人を見たとき、「あれ、このお美しい方、どこかで見たことが」と。

ダンスメイクではない顔もお美しいでしたが、お走りになるのが、すてきでした。
多くの人がうっとりしたのではないでしょうか。

リレーのシーンで、ラストスパートで抜かす設定のところ。ほかの、モデル出身の出演者の足と、小春さんの足が、ぜんぜんちがうことが比較できるシーン。
何度も繰り返して再生してしまいました。 あのヒラメ筋の発達した躍動感! あのアキレス腱にかけてのひきしまり! お美しい!

by姫野カオル
- | 07:51 | - | -
(by姫野 )いだてん、四三の子供時代の子が、絶句もののかわいさ 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
・ちび四三の子役の男児。この子がまた、絶句もののかわいさ。「重曹水飲ませろ」と教えられて、うんうんとうなづく棒読みならぬ棒アクションがたまらん!

・出演者がみなさん、適材適所で、いい味出してて、おもしろいし、ロケもすばらしい。大道具小道具美術、さすがは大河。

by姫野カオルコ
続きを読む >>
(by姫野)スカーレット 、これも遅ればせながら、、テルコちゃんのとこで作ってるあの青い火鉢、うちでも使ってたなあ http://only5.himenoshiki.com/
ヨシムラさんが、「こないだの回(大島優子と喧嘩はげましするシーンがあったそうで)は会社で見て泣いてしまった」とおっしゃっていた。甲賀の話なので見たかったのだが、ただ120話も遅れていると…
(by姫野)
- | 08:21 | - | -
(by姫野)いだてん、綾瀬はるか、オンデマンドで遅ればせながら、スカーレットは……続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
・いだてん、「ひゃーっ」ってくらい、綾瀬はるかが、かわいくて、かわいくて、ほんとにもうかわいい!
自転車乗るところなんか、うちふるえるほどかわいい! 自転車漕いで転ぶところはもっとかわいい。! 前から大好きだったが、よりいっそう好きになり、大大好きになる。

・出演者がみなさん、適材適所で、いい味出してて、おもしろいし、ロケもすばらしい。大道具小道具美術、さすがは大河。

・ちび四三の子役の男児。この子がまた、絶句もののかわいさ。「重曹水飲ませろ」と教えられて、うんうんとうなづく棒読みならぬ棒アクションがたまらん!

by 姫野カオルコ
- | 08:14 | - | -
姫野カオルコ、新刊ムック 、 公式へ続く https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
新刊アンソロジームックのおしらせが「公式サイト・最近況」に出ています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

by KOGA工房
親指シフト 、姫野 エッセイ 、巻頭、公式へ続く https://himenoshiki.com/himefile/info.htm
小説すばる 2020 4月号
巻頭カラーエッセイ「作家の目」
姫野カオルコ『指が分裂するのはイヤだ』
ています
https://himenoshiki.com/himefile/info.htm

by KOGA工房