姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
つくば市のA.Y様 、お手紙ありがとうございました (fm姫野カオルコ)
つくば市のA.Y様

Aさん、ジェンダーについての独学をされているとのことで、丁寧なお手紙をありがとうございました。
この分野のことは、1990年代には、学問としての研究はなされていたものの、テーマとして扱うことは、まだ文芸では、あまり一般的ではありませんでした。

もちろん、古くですと「人形の家(イプセン)」など、存在したのですが、時代が進むほど、かえって、お客様(読者? 受け取り手)のほうが、どうしても「ウーマンリブだあ!苦手だあ!」と茶化すような気風が強かったのです。


ましてや、このテーマをユーモラスに表現したりすると「ワケがわかりません??」と言われたものです。
拙著の『受難』はその典型的な例で、映画化されたとき、主演の女優さん(岩佐真悠子ちゃん)が「脱いだ」ことばかりを宣伝されたり、過激な性描写のように宣伝されたりしました。
映画は映画として、別物だと思っておりますので、 そうやって宣伝するしかなかったのかなと思います。が、過激な性描写のシーンなど一カ所もなく、これを期待してきた観客はさぞや「がっかり」して、怒って帰ったのではないかと思います。
主演の岩佐さんも、過激な性描写を演じる気持ちなどさらさらなく、キュートにたのしく熱演されたのに残念でなりません。

フェミニズムというものは社会システムの中では、マウント争いと化してしまいがちなのも確かです。
Aさんにおかれましては、どうか、そうなることなく、現実を見据えて、若い力で将来を拓いていっていただきたく、陰ながら声援を送ります。


「美咲ちゃん」は、「ごくふつうの女の子」として設定しました。加害者たちは「からかうために」、デブだとか頭が悪いとか言っています。が、通っていた進学校の偏差値も高く、デブでもブスでもないのです。なのになぜ、こんなことを彼女は言われたかというと、それは−−−この先は本に書かれているとおりです。

小説は、どの小説もそうですが、読む人の中身を映し出します。とくに、この作品は。
「ミラー小説」と私は呼んでおります。
読んで、そのまま、その人の中身が映し出される。
Aさんのお手紙(この小説に対して感じたAさんのお気持ちを綴られたお手紙)には、Aさんの鮮潔な情熱が滲んでいます。
どうぞ、学生生活が充実したものとなりますよう、健康な日々でありますよう。

2020・6・9 姫野カオルコ




続きを読む >>
返信 | 09:08 | - | -
お手紙ありがとうございました
読者の方からのお手紙を編集部経由で、まとめて受け取りました。
あらためて、この「姫野周辺ブログ」にて、返信いたします。

パソコンとスマホとでは画面表示がちがうので、うまく指示できませんが、
画面のどこかに【category】という項目があります。

たまに、ここ(姫野周辺ブログ)にいらして、【category】の【返信】という項目をチェックしていただけますれば幸いにございます。

〜姫野カオルコ(2020・6・8)
続きを読む >>
返信 | 12:16 | - | -
宮城まり子が建てた吉行淳之介文学館/新宿区早稲田のO.S様へ / 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
宮城まり子が建てた吉行淳之介文学館のある掛川市の高校に通われていた、
現在は新宿区西早稲田の、O.S様へ

お手紙ありがとうございました。
 この場を借りて返信いたしますこと悪しからずお許しください。

 19歳でいらっしゃるとのこと、お手紙にありましたが、とても礼儀正しく落ち着いた文面に感心いたしました。
 お育ちのよさが便箋から匂い立つようでした。
 *****慈しみ深い親御さんのもと、喧嘩しつつも仲のよい兄弟姉妹などがいて、健やかな(?)反抗期を経て、すらりと苦みを含んで成長してゆかれたような方を、育ちがよいと(私は)言っております*****

>『すべての女は痩せすぎである(集英社文庫)』で、高校生時代の姫野さんと吉行淳之介が電話で話していたエピソードを再現した「彼の声」という章がとても印象的で……

 中高生のころ、よく私が空想していたことのは……、「親戚のおじさんがいて、その人は法事など親戚の集まりがちょっと苦手で、みなが集まっていると、いつのまにかフイと抜け出て、裏庭の蔵の軒下でプカーとひとりで煙草を吸っていて、おそるおそる私が近づいてゆくと(ひとりでいるのを邪魔したことを不愉快に思われるのではないだろうかと、おそるおそる近づいてゆくと)、「やあ」と静かに笑って、いろいろな話をしてくれる。その話は、いつもの自分の日常にいるメンツではぜったいに出ないテーマで、おじさんは該博」……というようなことです。
 
 忌野清志郎の「ぼくの好きな先生」という歌を、中学生のとき、深夜放送(近畿放送・現京都放送の「スタジオ300」)で初めて聞いたとき、表現はちがうのですが、「ああこういう先生が、私の空想の中にでてくる〃親戚のおじさん〃だ」と胸を鷲掴みにされたものです。

 吉行淳之介に対する「愛している」と言ったのは、このような感情です。こういう言い方をすると、明るい家庭に育った人は(あ、これはO.Sさんのことではないのですが)、「きよらかなキモチだったのネ(^0^*」みたいな、善意ある解釈をされることがよくあります。そういうのとはちょっとちがう。

 一般的に思春期(小5以上)に入ると明るい家庭に育った少女は、「ああ、ステキな恋人にめぐりあえますように」という願いを第一におく(おける)が、明るくない家庭に育った少女はそうした願いより、「ああ、話せる人生の先達にめぐりありますように」という願いを、はるか上方に置いてしまう……ということです。

>姫野さんがブログで『ツ、イ、ラ、ク』は35歳以下で読むなと書いているのを読み、勝手にショックを受けてしまいました。私は18歳で読んで面白いと感じたのですが、見当はずれの.勘違いだったのかと不安になってしまい……

 ははは。ここで  など絵文字を入れるとそのショックがやわらいでいただけるでしょうか。
もちろん35歳以下で読んでもさしつかえありません。 まったくさしつかえありません。
でも、35歳以上で読んだほうが、よりおもしろいということです。
「時」「年月」というものの感覚が、よりわかるからです。
 角川文庫ですと、とくにp526の14行目からp527にかけての17行などは、40歳を過ぎてはじめて、重くも甘い17行だと体感できるのではないかと(体感してほしいと)、思うから……。

団塊の世代の箸の使い方が汚い(人が多い)原因については、今後、調査をつづけます。。。

 手術後の経過は、おかげさまで順調で、スポーツにも復帰できました。O.Sさんもインフルエンザにはくれぐれも注意なさって(一人暮らしの御様子ですので、外出からもどっての手洗いとうがいは忘れずに)、御身御自愛下さい。お母様にもよろしくおつたえくださいませ。

2009・12・9(水)
姫野カオルコ
返信 | 10:29 | - | -
ジョージ秋山さん、逝く 、花園大学の入試問題に出題されるなど 一世を風靡した漫画を残されました。 ご冥福をお祈りいたします。(by姫野)
https://www.sankei.com/life/news/200601/lif2006010043-n1.html

花園大学の入試問題に出題されるなど
一世を風靡した漫画を残されました。
ご冥福をお祈りいたします。

〜 姫野カオルコ(小説家)
ニュース | 07:22 | - | -
豊田市のA. Y様 、お手紙ありがとうございました fm 姫野カオルコ
豊田市のA.Y様

Aさん、お手紙ありがとうございました。
中学の2年6組(担任は古×弥××先生)の時によくいっしょに遊んでいたTさんが、Aさんと同じ字で、同じ読み方をする女子でした。

各科目の担当先生が、たいてい、彼女のことを音読みで呼ぶので、そのたびにTっぺ (Tっぺ、という愛称だった)は、訂正していましたが、

私は、なぜ先生がそんなふうに読みまちがえるのかふしぎでした。
TっぺやAさんのY子さんというお名前は訓読みしか、名前としては成立しないというかんじがしていたからです。
小学校のころに大好きで当時は少女漫画界の女王だった少女漫画家と同じだからです。(少女漫画家の名前を伏せているのは、その漫画家の名前を明かすと、Aさんの名前もあかすことになってしまうので、口幅ったい言い方になりますが)と同じだからです。


お手紙に書いてくださった寺村・・さんとは全然関係ありませんが、
Tっぺは、「寺村」英語塾に通っておられました。通っていなかった私はそこの先生を見たことはありません。たた、ほかにもその塾に通っていた生徒の話から、年配の先生のはずです。
それなのにTっぺは、その先生のことをいつも「寺村、寺村」と呼び捨てにしていました。ほかの通っていた生徒も、そういえば「寺村」と呼びすてていました。


愛知県には少なからぬ縁があります。
それは『謎の毒親』に書かれているとおりです。

幼いころ、いろんな他人の家に転々と(?)預けられていた私ですが、2歳未満の記憶はなく、3歳から4歳の預かり手の記憶がごく断片的に、しかも、うっすらと。
でも4歳半以降の預かり手の記憶はしっかりしてきて、5歳ともなると、その人の家の間取り、家具、食器まで、鮮明です。

その鮮明な記憶にある預かり手に、小西さんという方がいらっしゃいました。
「小西のおばあちゃん」と私は呼んでいましたが、今になって計算すれば(状況などから)、今の私よりも年下だったのではないかと思います。
お子さんのうち、長女さんが結婚された相手が、もともとは名古屋の人、だったので、しばらくは滋賀にいて、しばらくして、名古屋に引っ越されました。

それで、小西のおばあちゃんとおじいちゃんは、長女夫婦と同居することになり(敷地内で母屋と離れみたいな同居)、こちらも名古屋に引っ越されました。

この引っ越しこそ、私が、家を脱出できるチャンスになりました。
(詳しくは『謎の毒親』をどうぞ。小説として、すじを追わせるように書かないとならないし、他人様のプライバシーにも配慮しないとならないので、そのあたりはフィクションですが、この『謎の毒親』はほぼノンフィクションです)


小西さんのご縁あって、名古屋にはよく行きました。
といっても、駅から春日町にあった小西さんの家にまっすぐ行き、そこにずっといて、また駅にもどるだけでしたが。

名古屋駅のアイちゃんでしたっけ?なにちゃんだっけ、パピコみたいに大きなマスコット。
あれができてから、「鍵屋」だったかな? うなぎの店がありますよね。
そこに行きました。朝日新聞名古屋本社の人といっしょに。


あ、そうそう、それに、明治村!
小学生のとき、明治村に行って、「こんなにこんなにおもしろいところがあるなんて!三泊三日してもっと見たい!」と思ったものです。
(いろんな家の設計図を方眼紙にせっせと書くのが趣味だったので)

「よし、大人になったら、泊まり掛けで明治村に行こう」と思っていたのが それが実現したのは、40歳くらいのときです。
平日にいったので(自由業の特権で)、すいていて、どの建物もじっくり観察できてうれしかったのですが、
刑務所をじっくり観察しているうちに閉館になっていて、

あたりにはだれもいなくなっていることに「ハッ」と気づいたときは、焦りました。
職員さんたちが、職員門から出るのに乗リ合うバスが通り掛かり それに乗せてもらいましたが、職員さんにひどく叱られました。「何度も放送したはずです」と。

しかしよかった。あやうく、明治期の刑務所(たしか網走刑務所の再現?)で、小学生のときの夢を叶わせるはめになるところでした。


もうひとつ思い出しました。
名古屋大学で、トークイベントをしたことがあります。
大々的なものではなく、
名古屋大学の中に、姫野本の愛読者がいらして、その10人ほどが、発起人になってくださって、20人くらいで、一つの教室で、談話会のようなものをしました。
『喪失記』を出したころかな。
まだ30代前半でしたから、名古屋大学の大学院の学生さんたちと、そう年齢差のないころでした。
イベントのあと、かしわで有名な店(大相撲で必ず升席にすわる白鷺の姐御こと、、駅伝の神野くんの祖母様が卸している店の一つでしょうか???)で、学生さんたちといっしょにごはんを食べて、最終の新幹線で帰った。


名古屋市と豊田市はちがいますけれど、愛知県には、こうした次第で、親しみを感じております。

次作の長編小説を書き上げましたところです。
これから推敲作業に入ります。
いつの出版になるのか(コロナで)わかりませんが、次作は、たのしい青春小説(のつもり)です。
愛知県とのかかわりも、またでてきます(ちょっとですが)。
これからも、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。
そしてまた、Aさんも、コロナだけでなく、これから蒸して暑い季節となりますので、食中毒や、熱中症にもくれぐれも気をつけて、息子さんとともに健康でお過ごしください。
(息子さんの年齢を考えて見せないほうがよいと思われる拙著は(『ツ、イ、ラ、ク』とか、よくないような気がする。『お金のある人の恋と腐乱』も。私の本は、本屋大賞をとるようなタイプの本(家族みんなで、小学館のマークのようにして読んで問題のない本)の奥に隠しておいてください)

2020・6・1


返信 | 07:50 | - | -
イクメン、休みたい時だってあるさ
https://news.yahoo.co.jp/articles/363d5cd0da75637e0e99455f87449d1d45a03fe8

姫野カオルコ(=姫野嘉兵衛 小説家)
ニュース | 08:53 | - | -
(by姫野 )親指シフトキーボード、壊れたことなかった 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
※壊れたという人は、机においていたコーヒーとかカップ麺とかをこぼしたとか、
地震で上から何か重たいものが落ちてきてキーボードを直撃したとか
そういうアクシデントが主な原因だったのではないかな。

私は、こういうことがないよう、
コーヒー飲みながら書いたりしない。
パソコン&キーボード&モニター
がかたまっているところから
ちょっと離れたところに小さい机をおいて、
そこに飲み物はおいて、
うっかりこぼしても
3点セットに影響が出ないようにしてきた。
書く前には、コロナ禍さわぎより何十年も前からアルコールで手を消毒してから書いていた。


〜姫野カオルコ(小説家)




(by 姫野) 親指シフトについて今後の私の対処方法 : 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
親指シフトキーボードの販売を近々終了するらしいという記事について。
「とうとう、この日が」とショックを受けている人は多いだろうが、
「えっ、びっくり」と驚いている人は少ないと思う。

とりあえず、私がしたことは、
「自分がいちばん好きな(使いやすい)親指シフトキーボード※」を、
※人によって、キータッチの好みがあると思う。
私が、一心同体なくらい好きなのは、
FMV-KB613 x2
ですが。

いずれにせよ、自分が一番好みのタイプのキーボードを
新たに買うことに決めました。

富士通のキーボード、しっかりしてて、よくできてて、
そうそう壊れるものではありません※。
何十年と使っての経験から断言できます。

買い換えていったのはパソコンのほうで、キーボードは壊れなかった。
だから、買い足すことにしました。
現物のキーボードがあれば、今後も、何か「手だて」もできようというものだと。

といっても、今、ものすごい注文が殺到していると思うので、
すぐに買えない可能性もあるので、
予約だけでもしようと思います。

姫野カオルコ(小説家)

※壊れたという人は、机においていたコーヒーとかカップ麺とかをこぼしたとか、
地震で上から何か重たいものが落ちてきてキーボードを直撃したとか
そういうアクシデントが主な原因だったのではないかな。

私は、こういうことがないよう、
コーヒー飲みながら書いたりしない。
パソコン&キーボード&モニター
がかたまっているところから
ちょっと離れたところに小さい机をおいて、
そこに飲み物はおいて、
うっかりこぼしても
3点セットに影響が出ないようにしてきた。
書く前には、コロナ禍さわぎより何十年も前からアルコールで手を消毒してから書いていた。




Polnareff ダバディー(ジャンルー)の息子さんは、日本のサッカーの通訳をしていて、そのとき(by 姫野) 続きはhttp://only5.himenoshiki.com/
ポルナレフの曲の作詞をたくさんしてくださったダバディーさんの息子さんのほうは、日本のサッカーチームの通訳をやってらして、
そのとき、好きな鮨ネタは、
「タコ、白身」
と答えていたので、

「おお、さすがはgourmet なパリジャン 。トロ、大トロ、ばかり好むヤンキーとはちゃうわ」
といたく感心したものだった。

〜姫野カオルコ(ニュース検索→http://www.news24.jp/articles/2014/02/21/07246235.html

続きを読む >>