姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
ポルナレフ三か国語 fm姫野

広島県の臼田さん、今はどうしておられるのでしょうか。臼田さんの筆蹟、私は今でも目に浮かぶなあ。さて、みなさん、ジュリーこと沢田研二が日本語で「忘れじのグローリア」を歌ったように、そのpolnareffがイタリア語で渚の想い出をうたっているんですよ。↓

https://www.youtube.com/watch?v=g0AOXqLSj74

ドイツ語でもうたっている↓

https://www.youtube.com/watch?v=tREgPVKr4OQ

スペイン語でもうたっている↓

https://www.youtube.com/watch?v=NPR-S2GDUW0
 アルゼンチン人歌手によるスペイン語版はこれだ↓
https://www.youtube.com/watch?v=4m4Nt6RfH5E

母国語による本人歌唱はこれだ(仏語・ポル歌唱)↓

https://www.youtube.com/watch?v=HkvK_4Oz3ow

 

イタリア語版、ドイツ語版、スペイン語版、1967年のころ、売り出し中だったpolnareffは、歌えと言われて、一生懸命歌って、でも本心ではやだなあだったんだろうか…とか、まだ20代前半のころの、polnareffにかぎらず、セーネン(青年)というものの、普遍の心理に思いをはせると、自らのその年齢のころ、あるいは自分が憎しみを抱いていただれかのその年齢のころ、などなど、さまざまなことに思いがいき、こうして、ポルナレポートは、いつまでたっても読み終えられなくなってしまうのです。

でも、なんだ、イタリア人やドイツ人やスペイン人には、ポルナレフの歌はどう響いたんだろう? ダニエル・ビダルがたどたどしい日本語で「町を、歩く、…オーシャンゼリゼー」「あ、透き通ってるう(歯磨き粉のCM)」歌ったり言ったりするのに、日本人は「かわいいー」と思ったんだけど、ドイツ人のフラウやスペインのセニョリータは  男のpolnareffのフランスなまりの発音を「かわいいー」と思ったんだろうか?? とくにイタリア語バージョンは、はじめ聞いたとき、「何語??」と(日本人で、かつイタリア語ができない私は)思ったんだけど、田丸公美子さんなんかだとどうなんだろう?それなのに声と息づかい(音への自分の声の乗せ方)だけは、実にpolnareffdなので、よけいに感極まる。

 

ワイルドワンズのヒット曲が日本人にはなじみがあったからつけた邦題なんだろう「渚の想い出」は、私にはポルナレフのひとつの代表的なイメージサウンドなんだけど、実は作曲も作詞もポルナレフ本人ではなくて、歌唱専念なんだよね。私はこれがけっこうショックだった。

↑2017・2/6ブログ再アップ、つづきまして翌日のブログも再アップ。田丸久美子さんからのレス↓

 

ポルのイタリア語歌唱を、ここはひとつイタリア語同時通訳の田丸公美子さんに聞いていただこうと…(あ、助詞「の」が「ノ」とカタカナになっているのは「ポルノ」で誤牽引アクセスがあるかもという魂胆です…)…。

※田丸公美子さんのご本も「目からハム」「シモネッタのデカメロン」など、とてもおもしろいので、あとでみなさん検索してお買い求めください。

●さて田丸公美子さんのコメントは↓

『ミシェル・ポルナレフ、なつかしい。じゃ〜遠慮なく末席(末尾?)を汚させていただきます。

イタリア語版、早速聞きました。フランス人にしてはまともな部類に入りますね。決して明確に発音しないので「発音の耐えられない軽さ」は気になりますが、、、、。

Rの発音はどうしても鼻に抜けている、でもこのR発音は北部のスノッブなイタリア人はわざとやるくらいなので許容範囲内。っていうか歌には情感がこもってるから「かわいい」わよ。

ただチョイ聞きするとイタリア語には聞こえないかも。
それよりおもしろいのが歌詞。〃毎回、君が欲しがるものは何でも持っていくよ、僕のちっちゃな愛の花 何年も何年も前から君のことを夢みてた。渚で君を待つよ、Un giorno si Un giorno no,、ある日は待つけど、ある日は待たない、、、ってなんなんだ?正直というか、正確というか。』

●そして田丸さんは、「イタリア人のラブレター」という小咄を紹介してくださいました。この歌を聞いて思い出した小咄だそうです。要約は姫野がいたします↓。

☆小咄「イタリア人のラブレター」

日本人なら、岩清水くん以外にはとてもできない熱烈なことが書きつらねてある。〃早乙女愛よ、きみのためなら死ねる、その火を飛び越えてこいと言われたら飛び越える、きみのためなら如何なる困難も困難ではない。愛してる愛している〃みたいなかんじに。

「地球より大きな愛をこめて ジュリアーノより」などとサインも熱烈。そしてオチ。最後に「明日、雨が降らなかったら会いに行きます」と書き添えてあるというイタリア人のラブレター(爆)。

 

●バブルさん、天地真理が「愛と青春のトルバドール」アルバムを持っている写真、ありがとうございました。田丸さんにも送っておきます。

↑2017・2・7ブログ再アップ

 

サエキけんぞう、ポルナレフpolnareff  fm姫野

●8月12日のポルナレフ大会(と勝手に私が言っているが、ほんとはPOLNAHO(Michel Polnareff fan club)スタート記念会(?)にはサエキけんぞうさんもいらして、何年ぶりかの再会ができよかった。ポルナレフの歌の中ではベスト3に入る「つけぼくろ」の日本語歌詞バージョンをうたってくださり(ライブで)感激だった。

「つけぼくろ」と日本では訳されましたが原題は「蠅」。なんかほんっとにおしゃれ!という曲。そのカンジをサエキさんの日本語歌詞はとても上手に出してる。

http://www.dailymotion.com/video/xqtijd

●「ファンクラブの名前がポルナホってなに?」と思われるかもしれませんが(「愛の休日」と「シェリーにくちづけ」だけしか御存じない方は)、ポルナレフが90年代に出した「カーマ・スートラ」というアルバムに「エルナ・ホ」という曲が入っていて、それからとったのだと思います(日本のファンクラブの会員がクラブの名前をいくつか候補にあげて、本人にどれがいい?ってきいたところ、候補を、ポルナレフがアレンジして、ポルナ・ホ(POLNAHO)に決めたのだそうです。

目下、長編原稿にとりくんでおり、6月から正式な?休みはなく(ちょっと夜にゆっくりする、とかくらいが関の山)、ずーっとずーっと書いている日々だったのですが、12日だけはなんとしてもと思い出席して、それはほんとによかったのだが、よすぎて、頭がまたポルナレフからもとにもどらないから、それがたいへん。

これは歌だけポルナレフなんですが、ポルナレフの声の魅力がよく出ているし、夏向きで、若い女性向きかなと。

https://www.youtube.com/watch?v=Vs3WUKkhqQM

 

ボルナレフpolnareffからの電話、ポルナレフ大会、ル・サロン山下公園、POLNAHO(Michel Polnareff fun club)主催、fm姫野

8月12日(土曜)、本当の横浜でおこなわれた(中区でおこなわれた)ミッシェル・ポルナレフ大会by POLNAHO(ミッシェル・ポルナレフ・ファンクラブ)主催に参加しました。展示品を見てたら感極まって泣いてしまいました。

たとえば、サンタモニカの浜辺で横向きに寝て、スウェットパンツがずりさがっている(わざとだと思う)活版印刷の写真のスクラップ。この写真は、1979年にはあちこちの媒体に使われたのだろうけど、私は週刊プレイボーイで見た。展示されている写真には見出しや記事はついていなかったですが、私が見た小川本屋で立ち読みした週刊プレイボーイには「ロスでも相変わらずツッぱっているのです」という見出しがついていたっけな、と思い出すわけですよ、それから、ほかの展示の写真を見ると、どんどん、その写真を見たときの記憶がありありとよみがえり、感極まって耐えられなくなり泣けてくるのでした。声をあげて泣いてしまいました。すばらしい会を開いてくださって、POLNAHO のみなさん、ありがとうございました。この日、ポルナレフ自身から電話が入る予定だったそうですが、レコーディングがのびてしまい、できなかったそうで、本人からお詫びの連絡があったそうです。

「ホリデ〜」と「トートープマシェリーマーシェリー」の大ヒットの記憶しか御存じない日本人も多いと思いますが、このように、ミッシェル・ポルナレフはいまも活動しているミュージシャンです。本国でもライブコンサートは興行成績ナンバーワンになるくらいの活動をしているミュージシャンです。ユーチューブで音楽きけますから、どうかいっかい聞いてみてください。

 「夜の鳥といっしょに」「つけぼくろ」、もちろん、日本を席巻した「愛の休日」「シェリーにくちづけ」を御存じないなら、こっちも。

Michel polnereff、誕生日は明日、ファンのみなさん、たのしい1日でありますように fm姫野

明日はMichel Polnareff ミッシェル・ポルナレフの73歳のbirthday誕生日ですね。高校生のころ、あるアルバムの解説(レコード・ライナー)「29歳という若い彼の年齢を思うとき云々」というくだりがありました。高校生の私は「29歳か、そうか」と。29歳は高校生にとって、そんなに若いかんじではなく、なぜ、この解説の人が関心しているのかぴんとこなかったものです。それから何十年もたって、自分は、この解説を書いた人が、この解説を書いていたときの年齢より、きっともっと年上になっています。私はそれでも、ポルナレフファンクラブからのおしらせで、Michel Polnareff のことをおしえてもらっていたですが、同級生や同世代の人にふとMichel Polnareff の話をすると「なつかしい、今どうしてるの?」&「えーっ、もう72歳なんや」の反応が帰ってくる。全員。もう70歳越えてるって、そんなの、自分の年齢を考えたらあたりまえやんかと思うのだけど、情報がとぎれていると、 Polnareff というひとことで、いっきに自分の感覚が高校生にもどり、その感覚で「29歳という若い彼」を思い出し、それが70歳を越えていることにショックを受けるのでしょうね。でも、Michel Polnareff のチョー人気だった時代を知っていた人が、若くて、今では日常的に感じる「膝が痛い」とか「腰痛がひどくて」とか「ものがおぼえにくい」とか、そんなことを想像すらできなかったほど元気だったころ。その元気だったころに、チョー人気だったMichel Polnareff が、去年の暮れにはフランスでの帰国ツアー中であやうく死にそうになったのに、ぶじ、73歳を迎えてくれるのは…とてもうれしいです。とてもうれしいです。

ポルナレフ入院、フランスのTVニュースを直訳 fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

ミッシェル・ポルナレフは音楽史上に残る大天才ミュージシャンですが、残念なことに彼を知っている日本人は限定されます。全盛期に、信用して財産管理をまかせていた人物に裏切られ、全財産に近い額の金を盗まれただけでなく、その人が税金を納めていなかったことで、税金滞納者になってしまい、アメリカに脱出しました。それから彼の音楽が日本に入らなくなりました。アメリカではフランスにいたときのような音楽活動ができなかったもようです。ただ音楽の仕事はしており、ずっとアメリカに住んでいました。そのため、日本では「ごく限られた世代だけが知っている天才」になってしまいました。

本当は↑の経緯も、もっと細かく言うとまちがいがあるのですが、だいたいのところはこんなかんじ、ということで読んで下さい。音楽に詳しい人でもミッシェル・ポルナレフの名前さえ知らない人はよくいます。ごく限られた世代=1956生〜1960生

そのポルナレフが、今年のはじめから、本国フランスで何十年ぶりかに全国ツアーをおこないました。その模様などはポルナレフ本人も公認の日本ファンクラブである「ポルナレフ・マニアックス」で見ることができます。しかし、このサイトの奥のほうに入っていくのが、ややこしいと感じる人もおられますし、あまりにたくさんの情報はいらない、という方もおられるでしょうから、こうして、私が勝手に「ポルナレフは今」をお伝えしております。

さて、全国ツアーで、ポルナレフは重篤に陥りました。そのニュースがフランスのTVで報じられました。それを見たポルナレフ・マニアックスのkikiさんが訳されたものを、このファンクラブの方の許可を得て、↓にコピペします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回の件につき、フランスで流れたTVニュースの内容をkikiさんが訳してくれましたので、紹介しておきます。

訳者注 : 誤訳のリスクを承知の上でご覧ください。よくわからなかったところあります。後ほど訂正するかもしれません。(無責任ですみません) 超特急で訳しましたので…

72歳のミッシェル・ポルナレフは恐ろしい目に遭います。
ツアーの終わりに披露がピークに達し、「グッバイ・マリルー」の歌い手はステージで死にかけました。
週初めに重篤な状態になり、今はどのような様子なのでしょうか?

今週のニュースは、巷で一番心配されたミッシェル・ポルナレフです。

ミッシェル・ポルナレフの健康状態ですが、先週の土曜日から肺血栓塞栓症のため、 ヌイィのアメリカン病院に入院しております。

ミッシェル・ポルナレフは4月30日から、フランス中のグランド・ツアーを試みており、再びステージに戻るのはまさに神話です。

呼吸器系の問題で入院し 72歳のシンガーは週明けに生死の境をさまよいました。「50分インサイド」の独占取材で、親しい人物の証言を得ました。奥さんのダニエラです。

ダニエラ「彼はステージに情熱をかけていたので、身体の不調にも気づかず… 万一のことがあったら、息子に何と言ったらいいかって…」(涙をこぼしそうになりながら)

今日この頃の話では、彼のファンたちがそう呼ぶ「提督」は死に瀕しました。

ミッシェル・ポルナレフの突然の健康の悪化には皆が驚かされました。4月の末から、彼のファンたちの前にいつも休むことなく現れ、ベルシーでの4公演、夏季フェスティバル等、通算45公演に及びます。

ファビアン・ルクーヴル「コンサートはそれぞれとてもうまくいっているし、ファンたちは来てくれ、順調だ。だけど、咳が出るようになって、つまり、ちょっとした風邪か副鼻腔炎だよ。」

11月中旬、彼の公演にいつも同行していた妻のダニエラが彼の健康を心配し出します。

ダニエラ「車の中で、何度も何度も咳き込んで、もしかしたら、お医者様に診て頂いた方がいいんじゃないかって、だんだん重要になってきたんです。彼は『ただ単に副鼻腔炎が気管支炎になっちゃったんだよ』って言うんです」

これらの初期の兆候があったのにも拘らず、50年のキャリアを持つシンガーは、誰にも悟らせませんでした。

カメラマンのルノー・コルエはこの数か月彼の姿を永遠に残す作業をしていましたが、ミッシェル・ポルナレフの昂揚感やエネルギーに驚かされています。

ジャーナリスト「疲れや前兆なんかはあったんですか?」

ルノー・コルエ「全然、全くなかったよ。ミッシェルは、本当に写真を撮るときは子供みたいにはしゃいでいたよ。コンサートがうれしくて、そんなこと考えもしなかったと思う。」

しかしながら、シンガーは何とか健康を保っていました。
最初に心配な疲労の兆候が見られたのは11月24日のことでした。
その夜、レンヌでの4千人の観客との約束がありました。

ファビアン・ルクーヴル「ミッシェルは僕に今夜は歌わないと言うんです。車でひどく咳き込んでいて、辛いのを知っていましたからね。そして、会場に着いてブラボーとか彼をの名を叫ぶのが楽屋まで聞こえてくると、『いや、やっぱり歌うよ。準備する。歌うよ。』って言うんです。」

熱意に励まされ、彼はいつも通り2時間以上も手を抜かずにコンサートに打ち込みました。
8日後、彼が60年代に初めて賞をもらった場所でもあるプレイエル劇場での、パリでの最終公演の数時間前、提督は仕方なく打ち明けます。彼の船員たちは苦悩のメッセージを見ます。

ミッシェル・ポルナレフ「やあ、皆!提督だ。悪い知らせなんだ。きちんとやれそうにないんだよ。全くもって申し訳ないんだけど、疲労が極限なんだ。」

ダニエラ「ひどく失望して、このビデオを一たび作ったら、実際、すっかり落ち込んでしまいました。『何言ってるんだ。日本からはるばる私に会いに来てくれるファンたち、伝説的な劇場にわざわざ来てくれる人たちなんだよ』」

パリの自分の高級ホテルでの一晩の休息の後、やはりシンガーは自身の舞台のツアー最終日を保守することに決めます。

ダニエラ「朝になって言うんです。『ナントに行くよ。予定通り飛行機に乗ってね。一旦、そこまでいけば、様子を見るよ。日本からわざわざ来てくれるファンたちを放っておけないよ。そういう人たちが、私に会うのがうれしいんだったら…』それで、私は彼を見つめて、言いました。ミッシェル、できないわよ。あなたは重大なことがわかっていないわ。」

ファビアン・ルクーヴル「13時15分にダニエラから電話で、彼が良くない、本当に全然良くないと言うんです。アメリカン病院に電話をしました。シュウ先生は呼吸器系では優秀な方ですからね。」

ヌイィのアメリカン病院で、シンガーはいくつもの検査に耐えます。
月曜日に、診断書がメディアに公式発表されました。
ミッシェル・ポルナレフは両肺における肺血栓塞栓症を発症しており、重篤な状態に陥りました。
大変な不安と集中治療の一晩ののち、主治医はミッシェル・ポルナレフが死の危険に会ったことを報道陣に確証しました。

Dr.シュウ「症状はかなり重症で、もし、治療を受けていなければ、肺血栓塞栓症に掛かっているとはわからず、この病気はしばしば突然死の原因となる病気ですから」

シンガーは未だ入院中で、少しずつ回復してきています。

ファビアン・ルクーヴル「昨日よりはよくなっています。治療を受けていますが、そうする他ありませんからね。治療を受け、食事を取り、酸素吸入器で呼吸をしています。」

ミッシェル・ポルナレフは親しい者たちに、既にツアーへの復帰の話をしています。

クリスチャン・ウーデリン「ミッシェル・ポルナレフは敗北をそのままにしてはおきませんよ。身体がゆうことを聞かなくても、生きている証の為にステージに戻ることを望んでいます。」

ダニエラ「彼は、もしやり直さなければならないなら、プレイエル劇場からやり直したいと言っています。ええ、そうですとも。誰にとっても素敵な贈り物になると思います。」

ミッシェル・ポルナレフは5〜6カ月の間、複雑な治療に耐えなくてはなりません。彼の症状が良くなっている証拠に、ツイッターでファンたちとユーモアたっぷりのやり取りをしています。

尻の話

昨日、自分の尻を見せた

今日は命拾いした

明日くたばらないようにね

アーメン

彼の急病は、ライブのニューアルバムと、彼の伴侶であるダニエラの書いた本と同時に出現しました。

 

 

ポルナレフ、厚生年金会館、3回目の来日のときの新聞告知、明日はおめでとう! fm姫野

ポルナレフ来日新聞告知ブログ用.png3回目の来日公演の時(1980年だっけ?79年だっけ?)の、新聞のおしらせ。切り抜いて大事に持ってた。大掃除をしていて、想い出グッズの中にしまってあった。新聞の切り抜きなのに、日焼けもしていなくてきれいな保存状態。まだ若いなあ、ミッシェル。

「今回はワガママも通らなかったようで」と書いた週刊誌があった(ピアノの前の脚を短く切れという要求が通らなかったことに対して)。

3回目は空席もめだったんだよね…。

3回目もまた私は京都会館で見た。「今度こそ厚生年金会館で見よう」と思っていたのに。

その理由は、初回来日のときのライブアルバムが厚生年金会館でのものの収録だったので、厚生年金会館に憧れがあった。大学卒業しても会社員にならなかったので、厚生年金ももらってない。よけいに、いまでも、なんだか厚生年金会館というところに憧れがある。

 

そんなわけで、ミッシェル、明日はおめでとう!!

ミッシェル・ポルナレフ21世紀の再来日か?! 姫野カオルコ(=姫野嘉兵衛)、楽屋を訪れる?
偽ミッシェルとブログ用.png久々の来日を果たしたミッシェル・ポルナレフの楽屋を訪れた姫野さん…
というふうに見えませんか?
2016・4・9(土曜)に江古田でミッシェル・ポルナレフ・マニアックスのオフ会にお招きにあずかりまして、そのさいにファンの方(日本人)がポルナレフの扮装で歌ってくださいましたときのもの。
当日のもようを会員さんがyoutube投稿もされています。
https://www.youtube.com/watch?v=Crprr9iWT9Q
なお、昨日はたくさん更新がありましたので、この枠の下の項目もぜひご覧ください。

 
町田市のトリッキーさん、ありがとう fm姫野
さっきのポルナレフのリクエストは町田市のトリッキーさんからでしたか。ありがとう。23日に滋賀県立高校3−7の少人数でお茶会をしようという連絡をしている、そのときにかかったので、なんだか気持ちが昭和51年の3−7の教室にもどってしまいました…。あのころ、ポルナレフも若かったよね、アメリカ制覇をもくろんでアメリカに行ってね…。「リップスティック」の音楽担当して…。あれから幾星霜…。主演女優の文豪の娘さんも自殺してしまって…、ポルナレフも帰国して…でも、かわらず、「愛の願い(ラブミープリーズラブミー)」は甘い甘いべたべた甘い旋律でした。九州の甲斐ヨーコちゃんに、「わたし、この曲はあまり好きではない」といって、ヨーコちゃんも「うんうん」と言ってたりしたけど、さっきあんな状況で聞くと、甘甘な旋律もまた大売れ売れだったころのポルナレフを思い出させて、感慨深かった。
おお、ミッシェルー!ポルナレフー!fm姫野
おお、ミッシェルよ、ポルナレフよ…なんだか(T_T) fm姫野