姫野カオルコ周辺ブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
綾瀬はるか、セイコー
綾瀬はるか、1日CO、SEIKO

(ヤフーニュースより)
高取英さんのドグラマグラはすごくいいから 〜姫野カオルコ
高取英さんのドグラ・マグラはすごくいいから、ぜひ見てください。高取さん亡くなってしまったけど、12月15日から公演やるから。詳しくは月蝕歌劇団のおしらせページで。

(姫野カオルコ)
『謎の毒親』は毒親本ではない。岩出市のNさん、お手紙ありがとうございました。姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
和歌山県岩出市のNさんからお手紙をいただきました。
*****
『謎の毒親』をたいへん興味深く読みました。まるで自分のことが書かれてあるようでした。もちろん細かな部分は異なります。しかし、親の不可解さに苦しむという点で、同じ要素が多くて驚きました。
私もこの点で、長年苦しみましたから。

今は親と断絶しています。この選択を後悔したことはありません。『謎の毒親』は……略……家で心が凍てついた人たちの灯台になると思います。続編を……略……

*****

Nさん、ありがとうございました。『謎の毒親』は決して「親なんか大嫌い!こんなひどいことされた」と訴える本ではなく、Nさんのように、ごくふつうに困り、ごくふつうに対処方法を考えていったヒカル(光世)の、一つのbildungsroman(発展小説)として、読んでいただけることをせつに祈っております。

(姫野カオルコ/姫野嘉兵衛)
彼女は頭が悪いから、一週間で売り切れ、サイン本、入荷するのは
『彼女は頭が悪いから』は増刷したあと、各書店さんに配本したのですが、一週間でたちまち売り切れたところもあり、お客様にはほんとうにご迷惑をおかけいたしております。
あらたに増刷いたしましたので、そのぶんが、まもなく配本されます。どうぞ、いましばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。サイン本も配本いたします。
(文藝春秋)
続きを読む >>
【文庫化記念 試し読み&謎解きキャンペーン!】〈姫野賞〉発表
【文庫化記念 試し読み&謎解きキャンペーン!】〈姫野賞〉発表
みなさま、ご応募、ありがとうございました。
謎解きに応募してくださった方も、そうでない方も、こちらにぜひアクセスを。

−新潮文庫編集部−


続きを読む >>
昭和の犬、姫野カオルコ、どこがおもしろいの?
『昭和の犬』姫野カオルコ、どこがおもしろいの?わからない。という人はぜひ映画『プリティ・ウーマン』を。
それからこれも。
辻村深月様、宮部みゆき様(五十音順)、このたびはありがとうございました!! fm姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)
辻村深月様、宮部みゆき様、(50音順)、このたびは『謎の毒親』新潮文庫に、推薦のお言葉をお寄せいただき、本当にありがとうございました。とにかく早く、まずはブログにて、御礼申し上げます。
(姫野カオルコ嘉兵衛)
謎の毒親、無料キャンペーン(文庫化記念)、千野帽子さんの書評も
『謎の毒親』新潮文庫。うち「名札張り替え事件」は一話ぶん、まるごと、ぜんぶ、無料で読めます。
クリックすると文庫の表紙、スクロールしていくと、千野帽子さんの書評があって、これも無料で読めます。
それから、またスクロールしていくと、「謎解きキャンペーン」のおしらせがあって、またスクロールしていくと、「名札張り替え事件」の冒頭が出てきて、「つづきを読む」をクリックすると、まるごと読めます。、
ここです。


続きを読む >>
彼女は頭が悪いから、蝶野正洋、バラいろダンディ、fm KOGA工房
東京ローカルの、TOKYO MXで、プロレスラーの蝶野さんがMCをしている番組で、東大の話になった時に湯山怜子さんが「姫野カオルコさんの小説で…すごくリアルで怖い…」と、話題にしてくれたんですけど。惜しいかなタイトルを間違えて『彼女は勉強ができないから』と、言ってしまった。うーん、残念(T_T)

(KOGA工房)
彼女は頭が悪いから、著者インタビュー、ミモレ(講談社)
ミモレ(講談社・ウェブマガジン)の著者インタビューです。

(KOGA工房)