姫野カオルコ(嘉兵衛)のブログ…運営&宣伝=KOGA工房

★小説家。嘉兵衛は雅号。「嘉兵衛」で「かおるこ」と読む。
 
ちょっと前のもの
 
BAKEチーズタルト、京都店オープン fm姫野

チーズタルトに本気です、な菓子屋が京都にもオープンした。

http://bakecheesetart.com/

 

並ぶのがいやだ。洋菓子の香りが苦手だ。というわけで自分には関係ない店と思っていたが、疲れていたときにこの店の、もうひとつの売りでもあるソフトクリームを食べる機会を得た(得てしまった?)。私の前にいた女子高校生3人組が、口に入れるなり「うまっ!」と大きな声を出したので、「そうか、そんなにおいしのか」と思い、食べたら…。一口で(T_T) げー、わたしがもっとも苦手な、チョーチョークリーミー(T_T)(T_T) だいたい量が多すぎる。なんだ、この常軌を逸したバカでかさは。5人分はあるではないか。

 

こういう味をおいしいと思えてこそ、売れる小説が書けるんだろう。きっと山町疲労(仮名)さんは、この店のソフトリクームが大好きだろう…。…化粧落としクリームを食べてるみたいで、2口でギブアップで、あとは、食べさしでもうしわけなかったが、同行の連れにひきうけてもらった。こんなことならカップでもらって、スプーンでひとすくい試食してから、残りは、さっきの女子高校生3人組にあげればよかったが、そんなことをしても気持ち悪がられるだろうからしないよ…。

 

カレー、一番おいしいのは? fm姫野

今まで食べた中でいちばんおいしいカレーは?
角川のグンジさんの作るカレー。
手料理のレベルを超えている。お金とって店が開けるレベル。

なにせグンちゃんの料理は和食の場合には、まず魚を釣ってくるところから始まるんですから…。
そのグンジさんにたまねぎが消化できない私のために、たまねぎなしでバターチキンカレーを作ってもらいました。
グンジさんのカレーを食べるために、キッチンスタジオを借りて、7人で集まって食べた。
ヨシダさんは毎日、グンジさんの料理が食べられていいなあ。

(2016・5月24日ブログ再アップ)
 

渡邉美和子内科医、「たねや」、ヘルシー和菓子、 fm姫野
たねや(club harieクラブ・ハリエ)のお菓子を紹介します。
fm滋賀県出身・姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)

たねや(club harie)といえば、首都圏ではバームクーヘンで有名ですが、関西では和菓子の老舗として知られています。
そのたねやさんが、東京ミドタウンメディカルセンター特別診察室長の渡邉美和子内科医と組んだ新製品を食す機会に恵まれました。
ヘルシーな和菓子、がコンセプトらしいです。

・桑の葉ソースの寒天。
・チアシード入りざくろ寒天。
これはおいしい!ヘルシーどうのより、おいしい。
たねやさんの寒天やところてんは、ソースを各人の好みでかけられるから、味の濃さ(甘さの強さ)が各人の好みにできるのがいいです。
桑の葉ソース、チアシード入りざくろソースは、私の場合、袋4分の1しか使わない。
余ってもだいじょうぶ。プレーンヨーグルトにかけて、また使える。香りもよい。

・玄米粉の焼き菓子
・きな粉の焼き菓子
こちらももおいしい!生地にかぼちゃの種、ひまわり、クルミ、アーモンド、キヌアを盛り込んで焼いてあります。
ほのかな甘味。左党(酒飲み)の私も大丈夫なほのかな甘味。
でも、満腹感がすごい。

一般販売はまだなのかな。
一般販売されたら、ぜひ、みなさん、おためしください。
あ、わたくし、なにも、たねやさんからお金をもらって宣伝しているわけではありません。
滋賀県出身のよしみだけで宣伝しております。

ですので、「ここのバームクーヘンは食べられません」ことも正直に打ち明けます。
まずいからじゃないです。
左党なので基本的にお菓子はキライだからです。
たねやさんのバームクーヘンをホールでいただくことがあるのですが、まるごと、どなたかにさしあげてしまいます。

ですので、本日紹介した渡邉先生協力のヘルシーシリーズは、そんな左党の私も、おいしく紅茶のお友にできたお菓子です。
 
サンゲツ、カーテン、品川駅、ステーキ300グラム fm姫野
窓につけるカーテンをネットで見てたが、実物とはやはりちがうだろうと思い、サンゲツのショールームに行く。
品川駅に大きな垂れ幕がかかっていて、「港南口を出てすぐ右」と書いてあるが、スカイウェイを右なのか、地上におりるのか、初めて行く者には不安なので、「港南口を出てすぐ右(スカイウェイ沿い)」と書いてほしい。
話は変わるが、ステーキは300朕べたい。おしゃれな店は80弔らいしかないのでいやだ。
(fm姫野)

新聞取材時掲載のプロフィール
姫野カオルコ 【ひめの・かおるこ】
作家。1958年滋賀県甲賀市生まれ。非大衆的な作風と筆致だが独特の視点で男女同数の読者層。2014年『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞。著書多数。最新作は『謎の毒親』。連絡先は「姫野カオルコ公式サイト→トップページの【連絡方法】から
http://himenoshiki.com/



 
ショーケン(萩原さん)にお願い、サガミオリジナル fm姫野
ショーケン(萩原さん、ただし光文社の)から、デメルのチョコレートの「猫舌」をいただきました。
デメルのチョコレート公式サイト↓
http://www.demel.co.jp/
前にもショーケンからは同じものをいただきまして、深く御礼申し上げますとともに、お願いがございます…。

ああ〜\(>o<)/もうプレゼントなさらないで〜…。やめられなくなって太るので…。
「ケーキもクッキーもアイスクリームもチョコレートケーキも大嫌い。でも、〃中に何も入っていないチョコレートのみ〃大好き」という人は、酒飲みにはよくいると思います。私もそうです。

デメルの猫舌チョコは、この口に入れたときの感触がたまりません。社名を彫った部分を舌で撫でるときの感触がたまらない。みなさんも、おそらく同じかと。
みなさんは、猫舌チョコの何色の箱(味によって色分けされている)が好きですか?
私はだんぜん「黄箱」です。スウィートとありますが、ビターめのスウィート。
http://www.demel.co.jp/shop/choco_08.html

でも、色としてはヘーゼルの箱が好きです。あの色(アイスブルー)は、マフラーでさがしても、いろんなものでさがしても、ありそうでなかなかない。え、黄色のほうが好き?「箱としては黄色が好きで、味としてはヘーゼルが好き」という人といっしょに、デメルのチョコを買って、中身をゴソッと取り替えっこして、二人で「おいしい〜」と食べあうと、さぞやたのしいだろう。

現役男性(まだ性欲のたくさんある男性)は、だれかからこのチョコをプレゼントされることもあろうかと思いますけれど、食べ終わったあとは、サガミオリジナルを入れるのに、ぜひご使用ください。そしていつも鞄に入れておいてちゃんとセーフセックスをこころがけるようにね。私はもうないので、デメルの空き箱は名刺入れに使っています。
YaJI&KITa CaFE【弥次&喜多カフェ】、残念! fm姫野
三ツ境で一番気に入っていた店。
「いつかdanchyuに書くことがあったら、この店のことを書こう」
と決めていたのに。

そしてほんとにdanchyu で連載をはじめたのに、肝心のYaJI&KITa CaFE【弥次&喜多カフェ】は閉店してしまったんだよね。
あの、しあわせそうにまるまるした二人に、またおいしいランチを運んできてほしいよ。残念。


 
コーヒー自家焙煎の店はカレーを出さないほうがよいと思う fm姫野
スターバックス、エクセルシオールが普及しましたが、たまにコーヒー専門店にいきたくなる。でも、近所にあるコーヒー専門店は、煙草臭くて、コーヒーのにおいなんかとてもたのしめない。スタバとエクセの普及で、もはや「前からある喫茶店=たばこを吸うための店」になっているのかもしれない。

禁煙のコーヒー専門店が近くにあって、おいしいんだけど、カレーを出すんだよね。
すると、カレーでコーヒーの香りはパーになってしまう。
なんでカレーを出すのかなあ。

セブンイレブンの、コーヒーだすやつも、お願いだから、おでんから離れた場所においてね。お願いね。

 
えっ、セブンイレブンのコーヒー入れるやつは、セブンイレブンの人が作ったんじゃなかったの?
え、あれはセブンイレブンの意匠部の人が作ったんじゃなかったの?
教えられて知ったですよ。いまはなんでも外注するんですね。
 
サロン・ド・シマジ、伊勢丹メンズ館8階、日曜ブログ3つめ fm姫野
島地さんがお元気そうで、爪にネイル装飾を施しておられておしゃれ現役でよかった。なにを隠そう何も隠しはしない(尾崎チータン)、自分の書いたものがはじめて活字になったのは、島地さんが編集長時代のプレイボーイだったんだよね…。あれから何十年もたったんだなあ…。
水ようかん、一個食べるのに三日かかる fm姫野
水ようかんを1カップ(グリコプッチンプリンより小さいくらいのカップに入っている)を、おすそわけにいただきました。
下戸ならぬ、甘いもの下戸なので、3日かけてちょっとずつ食べておりますが、まだ残っている。